英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本集团意识对日本社会经济发展的影响

论文作者:英语论文网论文属性:职称论文 Scholarship Papers登出时间:2012-03-29编辑:shayne fan点击率:7941

论文字数:5915论文编号:org201203290951598788语种:日语论文 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:集団意識原因影響

摘要:战后日本用了短短几十年的时间,在一片废墟上实现了政治、经济、社会等方面的一系列变革,促使日本经济迅速恢复和发展。日本人尊重群体的利益,自觉维护群体的和谐与统一的集团意识,在日本经济发展过程中起了至关重要的作用。本人拟将从日本人集团意识的形成原因上,分析论述日本人的集团意识对日本社会经济发展的影响,以及从日本人的集团意识的利弊中,得到哪些启示和借鉴,以便更好地进行我国的社会主义经济建设。

日本の集団意識及び原因と影響

 

要旨:战后日本用了短短几十年的时间,在一片废墟上实现了政治、经济、社会等方面的一系列变革,促使日本经济迅速恢复和发展。日本人尊重群体的利益,自觉维护群体的和谐与统一的集团意识,在日本经济发展过程中起了至关重要的作用。本人拟将从日本人集团意识的形成原因上,分析论述日本人的集团意识对日本社会经济发展的影响,以及从日本人的集团意识的利弊中,得到哪些启示和借鉴,以便更好地进行我国的社会主义经济建设。

 

キーワード:日本   集団   意識   原因   影響

 

はじめに
日本人は団結心を持っていることである、即ち日本人の集団意識である。日本人は自分がある集団に属しているという意識、つまり集団志向が強い。集団意識が日本人のもっとも独特な国民性といえる。「出る釘は打たれる」と言う諺は日本人の生き方を端的に表しているし、集団に異を唱えたり、背を向けた者には「村八分」と言う処罰があった。
第二次世界大戦後、わずかの数十年の間、日本は著しく発展して、今では、世界経済第二位に登った。その原因を究明すれば、勤勉に働くほか、集団意識も大きな役割を占めている。日本人の根気の一つとしての集団意識は、大勢の人を合わせて、ひとつの目標を目指して、あまり広くない島国日本を世界経済に脚光を浴びさせた。それでは、日本人の集団意識はどのように生まれたか。日本社会にどんな影響を与えたか。私たちはこの意識について何を習うべきか。  以上の問題を検討する。
 
1、集団意識が成立する原因
1.1 稲作文化に生まれた
稲作文化は、日本人の集団主義の形成に大きな影響を与えに。集団意識の成立は、日本の歴史的な背景と無縁ではない。はるか弥生時代に始まる稲作文化が集団意識に影響があると言える。その時代には、生産性が低いし、稲刈り期が短いので、合作しなければ、稲刈り期に終わらなかったが、稲刈り期には近隣どうしが助け合い、共同作業を行う習慣がある。これは、最初の集団意識であった。農村には今日もなお、田植えや稲刈り期にはそのような共同作業も残っている。狩猟文化と異なり、生活共同体なのである。
日本は、稲作文化圏に属していて、歴代の日本人は高温多湿な環境の中で共同作業の方式で稲作を栽培してきる。稲作文化労働について次のように述べられている。稲作労働は、「日本人の人間としてのあり方や、日本語や日本文化は游牧、畜牧から出てきた西欧文化と今日では表面のところは同じ様になって来た様でも、大いに相違したところがあります。」稲の耕作は、毎年同一の土地で栽培できる。従って田の位置や用水施設が固定することになる。
「古くからの耕地の共有と、耕地を保全する潅漑土木工事についての集団的協業を基準とした農業共同体の集団的生活がきそであった。」稲の耕作には、それに必要な潅漑設備から苗代、田植え、収穀、脱穀などにいたる共同その作業が必要であり、その為家族を単位として横に結合する村落共同生活が営まれ、人々の協力、団結や調和の精神が尊重される。こうして家と家との喚起がフックとなり、強固な地域社会が形成されていった。一つの水路によって、村の住民の運命が緊密に一体化され、生死一体化される。年始に、一同に揃え、五穀の農作を神々に祈念し、水が枯れば、一連の田を作っている家々が心一つにして降雨を願うし、水の具合が順調で農作となれば、同じ流れに属する家々が共にその豊作を喜び、神に感謝する祭を行う。
 共同管理の施設や共同作業の多い地域社会では、自己中心的な活動をすれば、全体に迷惑が及ぶことになる。こうして、個人よりも集団の利益を常に優先させる仲間意識、つまり、今日の集団主義が形成されるようになった。今日でもこうした集団行動様式は企業や団体などに受け继がれていて、他人との調和を重んじることが日本特有の集団として見なされている。
1.2 危機意識に由来する
 日本の面積は約三十八万平方キロメートル、アメリカのカリフォルニア州とほぼ同じであるが、人口は一億二千万人であり、アメリカの約半分だ。そのほか全国土の4分の3が森林に覆われた山地であるので、人口は主に交通、産業の発達した表日本の海外沿いの平野に分部して、本州の南関東から北本州にかけて集中している。人口の密度が大きい。そのほかに、日本列島は地殻変動帯の属しているため、火山と地震が著しく多い。大きな平野がないので、日本の河川は短く急流を成しているので、真水の蓄えさえ十分ではないのだ。別に、国土が狭いので、石炭、石油と鉱産物資源の蓄えも不足だ。ある日本人は「日本は一つの大加工工場ですから、誰かが首を絞めないかと心配するのです。」といっていた。このような感じは日本人の共通認識になっているのだと思う。要すると、日本人が強い不安感と危機意識をもっている。この意識をもっている日本人は、個体の力の弱さと集団の強さを認識するし、集まらないとできないと言う気持ちを持っているらしい。そして、集団意識が思想的に成立している。
1.3 儒教思想からの影響
儒教思想の影響も無視できない。中国から伝えられた儒教は「仁」と「和」の思想を宣揚して、日本人に巨大な影響に与えた。「和」という思想は、日本人が儒教に影響され、まっすぐな気持ちだ。それに、思想的に集団意識が成立していた。この集団意識は、日本人の心の中に深く埋蔵している「和」の表れだと思う。
 
2、集団意識が日本に与えた影響
2.1 日本社会経済の発展に与えた積極的影響
2.1.1 日本社会経済の発展に力を与えた。
日本の強調のは群体の観念である。まさに日本は集団意識によって、日本の民族団結、協力し、絶えず各種の困難を克服して、日本の社会に絶えず前進を促して、大和民族のこれら元気な素質は日本の経済の急速な成長に内在する原動力になった。集団意識を志向する民衆の技量は国家の目標実現に広範な協力を得て、政府は集団意識に対する忠誠を利用して権威に従い経済発展を促進することができ、国家の実力を昇格させ、暮らしを改善する。
集団意識は日本企業の中で重要な作用を発揮する。組織と企業のきずなの力をつなぎとめるのは集団意識の忠誠なのです。企業にとって、最も肝心な点は管理する従業員をどのように組織して全力で仕事に対処して働かせるかにあります。実際には日本企業は一つの大家族で、すべての従業員はこの家庭の中の一人です。日本企業の中で、集団主義を維持する思想の魂を利用して集団の内部の調和を維持する。核心はグループ全体の優位を発楊して、集団全体の利益を守ります。集団の主人になる人は義の思想で指導しており、日本企業の管理センターの主要な対象が集団で個人ではありません。日本企業は従業員の企業に対する忠誠を強調して、従業員の間の団結協力を強調して、企業を企業のすべての成員の共同体と見なして、それによって企業の従業員の企業に対する帰属の感を強化して、従業員の隊列を安定させて、企業の競争力を強めた。
第二次大戦戦敗後、日本経済は不況な状態になった。日本の人々は「先進国に追いって、追い越せ」との心意気を持っていて、日本経済の復興のために努力し始めました。 http://www.51lunwen.org/ribenjingji/2012/0329/0951598788.html
 日本経済は1950年からの10年間の高度成長時代に入った。すなわち、1955年からの10年間の実質成長率は9%、続く1965年からの10年間のそれも8%と、20年間の長期にわたって、日本の経済は世界に高い成長を続けた。それで、1955年には資本主義国第七位であった日本のGDPは、12年後の1967年には第二位となり、かつて「中進国」と言われる日本は「経済大国」といわれるようになった。このようなスピードは、破天荒な出来事であった。
実は、国際的援助などの原因もある。しかし、日本人自身の努力は無視できない。国家の復興という出来事は、自分一人で、または何人かではできないことだ。そんなに短い時間に、そのようなに発展をえたのは日本人の協力からだ、日本人は集団意識を持ってい论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

   Europe (24-hours)
   EN:13917206902
   china (24-hours)
   CN:13917206902
在线客服团队
    全天候24小时在线客服
      QQ:949925041 
  

微信公众订阅号