英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本社会经济论文范例:有关日本流通企业的浅析

论文作者:英语论文论文属性:职称论文 Scholarship Papers登出时间:2012-03-31编辑:lena ding点击率:5765

论文字数:6513论文编号:org201203311054137849语种:日语论文 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:流通企業関係二十一世紀

摘要:本文对日本的流通企业进行了一番浅议。衣食住、人間が生活するには品物が必要だ。私達はこれらを、ほとんどの場合、外側に門扉を開いた「店」で購入する。会社訪問に必要なスーツは百貨店で手に入れる。休日になるとスーパーに出かけて一週間分の食料を買う。よる遅くには近くのコンビニエンスストアで夜食を買う。新鮮な魚は魚屋で、果物は近所の八百屋で、時々はレストランで夕食を食べる。誰でも毎日1度は、こうして百貨店やスーパー、コンビニエンスストアや一般の小売り店を訪れることだろう。われわれの生活への影響が大きく、関係が深まるにつれて、企業の構造の複雑な、大規模な仕組みを理解することがわれわれの生活そのものの理解につながっている。

   目    次

  Ⅰ。序論

  Ⅱ。流通企業  

    1 企業とそのライバル関係  

    2 セゾングループ

  3 イオングループ

  4 イトーヨーカ堂グループ

  Ⅲ。流通企業の二十一世紀

  Ⅳ。不况景気に対しての建て直す

 

  Ⅰ。序論   衣食住、人間が生活するには品物が必要だ。私達はこれらを、ほとんどの場合、外側に門扉を開いた「店」で購入する。

  会社訪問に必要なスーツは百貨店で手に入れる。休日になるとスーパーに出かけて一週間分の食料を買う。よる遅くには近くのコンビニエンスストアで夜食を買う。新鮮な魚は魚屋で、果物は近所の八百屋で、時々はレストランで夕食を食べる。誰でも毎日1度は、こうして百貨店やスーパー、コンビニエンスストアや一般の小売り店を訪れることだろう。われわれの生活への影響が大きく、関係が深まるにつれて、企業の構造の複雑な、大規模な仕組みを理解することがわれわれの生活そのものの理解につながっている。

  これが、日本の流通業が第二次世界大戦後の焦土の中からおよそ半世紀をかけてつくり上げたいわぱ一つの金字塔なのである。この売上高の推移から、日本が戦後たどってきた歴史、つまり流通業が客と共に存在し、成長してきたドラマを窺い知ることができる。今、われわれは二一世紀に存在している。どうも私の見るところ、二〇世紀と二一世紀の問には一種の見えざる溝みたいなものがあるように思えてならない。この見えざる溝は簡単に渡れるかもしれないし、あるいは超えがたい断崖があるかもしれない。パラダイムの大転換を必要とする事態が、この二つの世紀の間に存在すると主張する向きもある。事実二一世紀の冒頭から、二〇世紀には経験したこともない事象が経営の中心課題になる可能性は大いにある。

 

  Ⅱ。流通企業

  1 企業とそのライバル関係

  ビジネス社会に於いてのライバルとは、相互に拮抗するカを持って競い合い、並び称せられる企業を指す。例を挙げると、「トヨタと日産」「キャノンのニコン」などである。

  しかし、現在の流通業界に於いては、ライバルに関係もいささか複雑になてきた。

  例えば、超臣大グループ経営として、ほぼ同じような体質を持つセゾングループとダイェーグループは、誰が見てもライバル関係にある。この両者は小売業を核としつつも「生活総合産業化」とい、つことで、生活者をとりまくあらゆる分野に事業進出をしている。最近は「小売業を核とする」という言葉もあやしいといえるくらい多角的な展開をしている。だからライバルなのである。

  しかしながら、このセゾンとダイェーは、グループトータルの規模で見ればたしかにライバルだろうが、その個々の巾身については必ずしもライバル関係にあるとは限らない。

  かつてセゾングループの中核企業であったの西武百貨店から見れば、百貨店営業の中身でいうなら「伊勢丹」あたりがライバルということになるだろう。同様に、同グループの本体であるビッグストアで見れば、ダイェーの売上は西友のほぼ二??五倍強である。

  むしろ、ことビッグストア同士に関していえば、ダイェーはイトーヨーカ堂のほうがライバルとしてふさわしい。売上高ではダノェーだが、利益ではイトーヨーカ堂の圧勝といってよいほどの差がでてきているが、それでもこの両者はライバル関係にあると考えられよう。なぜならば、まったく経営の基本理念からして、この両者は異なっており、ダイエーにいわせれば、利益の差は戦略の差であると言い切っている。これはある程度うなずけるところもある。

  ライバル関係は、すぐれて相互の経営者(特に創業経営者)のライバル意識が激しく存在することによって成立することを考えれば、まさに「ダイエー vs. イトーヨー力堂」なのである。

  このように、ライバル関係は多重化かつ複合化しており、かつてのような単純なものではなくなりつつある。

  次に流通業界の大手二社を取り上げ、比較してみたい。セゾンとダイェーは、グループにおいてはライバルであり、いわば似たもの同士だからライバル関係にある企業は、他グループに較べて圧倒的に多い。表に掲げたように、様々な分野で激しくしのぎを削っている企業がある。特に前述の百貨店、ビッグストア以外では、「西洋フードシステムズ」と「ダイェー外食事業グループ」、「クレディセゾン」と「ダイェーオーエムシー」、主婦向け雑誌出版の「オレンジページ」と「レタスクラブ」、クレジットカードの「オレンジカード」と「セゾンカード」、通販の「リッカーメッセ」と「快遭生活大研究」、「オリエンタルホテル」と「ホテル西洋銀座」「ホテルエドモント」……という具合。 
この両者、トータルに見ても、紙一重という関係の企業が多い。ダイエーが初めて三宮に大型店第一号をオープンしたのが昭和三三年。一方、セゾングループの中核をなす西武百貨店は、昭和三五年には、池袋店を増築拡充し、本格百貨店へ歩みだしていた。関連会社などを発足させ、堤清二氏の下で積極的に第一次多角化戦略が展開されていたのである。

  このスタートの差が若干残っているものの、両者の急拡大振りはやはり大きな驚異である。ただし、この急拡大の成果が、そのまま二一世紀ヘスムーズに移行できるとは限らないところに、巨大ライバル双方の悩みがある。

 

  2 セゾングループ

  セゾングループについてもうすこし詳しくのべてみることにする。セゾングループの連合艦隊の旗艦(フラッグシップ)は、これまで心郡我恢陇工毪趣长怼肝魑浒儇浀辍工扦ⅳ盲俊J聦gその通りで、この全社は「西友」、「西洋フードシステム」(レストラン)、「クレディセゾン」(ファィナンス)、「パルコ」、「朝日工業」(食品製造)、「西洋環境開発」(不動産??ディベロッパー)、朝日航洋(航空測量)など、主だったグループ企業の大株主であった。同時に、実数はどれだけあるかわからない関係各社の資金拠出先であり、担保(借入)保証の胴元でもあった。

  しかも西武百貨店は上場しておらず、その経菅の実態は霧の中の存在であった。実態が不明瞭であればなおさらそれを知りたいと思うのが常であり、一九八〇年頃からしきりとその秘密の決算内容が雑誌などにリークされた。その結果、この会杜が驚くほどの低収益であり、その原因が三〇〇〇億円を超える借入金の金利負担であることがわかった。

  つまり、西武百貨店はいわば一種のブラックボックスで、あらゆる「ごみ」「あくた」がこの非上場の会社に埋没する形で投入されていたといえる。事実、かつては四〇〇〇億円前後の売上に二五〇億円前後の経常利益が店段階では出ているので、セゾン独特の多角化のしわ寄せが集中しなければ、それほど低収益でもないはずであった。

  かくてセゾングループは、堤グループ代表の引退宣言に続き、「西友」「クレディセゾン」「西洋フードシステムズ」からなる三人の代表幹事をグループトップに据えて、小売グループは次第に西友が西武百貨店に代わりグループトップの座を占めるようになったのである。

  西友はまず、百貨店の関係会社のうち、演劇??劇場、出版、チケットなどの部門を西友に移し、西武百貨店の本確的なリストラに協力した。西武百貨店はピーク時には売上高は九五〇〇億円にのぼっていたが、絶え間ない不祥事と経営の放漫の故に赤字に転じてしまった。

  そこで、西洋フードシステムの社長であった和田繁明氏が百貨店の社長になり、それこそ百貨店史に残るというほどのリストラを敢行し、売上高は三〇〇〇億円も減少させながらも论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

       Europe (24-hours)
       EN:13917206902
       china (24-hours)
       CN:13917206902
    
    在线客服团队
        全天候24小时在线客服
          QQ:949925041 
      

    微信公众订阅号