英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

中日观光产业发展比较

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:作业 Assignment登出时间:2014-06-03编辑:lzm点击率:7490

论文字数:7868论文编号:org201406031459104196语种:日语论文 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:中日观光产业中日観光産業旅行の地位日本の旅行業官民一体の宣伝

摘要:本文の目的は、中日両国旅行産業の比較と研究を通じて、その中で、蘇州と京都を例として、両国の旅行産業の現状、発展のモデル、発展の展望および社会影響を明らにしていくことである。その中、もっとも重要な部分は、両国旅行発展の長所と短所を分析し、日本旅行産業の優秀な発展の経験を総括することである。

中日観光産業発展の比較
--蘇州と京都を例として
はじめに
日本は中国の一衣帯水の隣国として、昔から中国との交流が多い。そして、両国の自然資源と文化の共通点がたくさんある。日本の観光産業の発展が中国より早いし、観光産業についまる。日本の観光産業の経験を学び、中国自身の特色を融合したら、中国の観光産業と関係産業の発展のスピードが速くなれる。
本文の目的は、中日両国旅行産業の比較と研究を通じて、その中で、蘇州と京都を例として、両国の旅行産業の現状、発展のモデル、発展の展望および社会影響を明らにしていくことである。その中、もっとも重要な部分は、両国旅行発展の長所と短所を分析し、日本旅行産業の優秀な発展の経験を総括することである。そうしたら、中国の観光産業は、日本の発展の経験を学び、観光産業および関係のある産業の発展を進めることができる。
1. 旅行について
1.1 旅行の概説
フリー百科事典によると、旅行は、即ち旅である。旅行とは、人たち基本的な生活の要求が満足された後、徒歩また交通機関を通じ、主に観光、慰安などの目的で、現住地を離れ、ほかの地方に行く行為と目的地で現れた全部の行為である。
「たび」の語源については、はっきりしない。一説には、その意味上の共通性やアクセントの面から、「とぶ(飛)」との関係が疑われている。柳田国男によれば、旅の原型は租庸調を納めに行く道のりのことである。食料や寝床は毎日その場で調達しなければならないものであり、道沿いの民家に交易を求める(物乞いをする)際に、「給べ(たべ)」(「給ふ〔たまう〕」の謙譲語)といっていたことが語源であると考えられる、と柳田は述べている。
旅の歴史を遡って概観してみれば、人類は狩猟採集時代から食糧を得るために旅をしていたのであり、農耕が行われる時代になった後も、全ての人々が定住していたわけではなく、猟人、山人、漁師などは食糧採集のための旅を行っていた。 その後、宗教的な目的の旅がさかんに行われていた時代があり、ヨーロッパでは4世紀ころには巡礼が始まっていた。日本でも平安時代末ころには巡礼が行われるようになった。イギリスでは近世になると裕福市民層の子が学業仕上げのグランドツアーや家庭教師同伴の長期にわたる海外遊学などを行うようになった。日本では江戸時代にいくつもの街道が整備され、馬や駕籠も整備され、治安も改善されたので、旅がさかんになった。 近代になり西欧で鉄道や汽船などの交通手段が発達すると、ますます旅はさかんになった。
1.2 旅行の地位と作用
1996年、世界では、国際旅行の総人数は5.92憶人になった。 旅行産業の営業総額も3.6万億元になった。世界のGDPの10.7%を占めた。石油産業、車産業、化学工業を超えて、世界の第一産業になった。
旅行する人たちにとっては、知識は豊かになれるし、ストレスを解消することもできる。経済の発展にとっては、交通、ホテル、レストラン、観光地などの関係産業の発展と地方の就職を進めることができる。そのほか、地方の重要な文化遺産もその方法で保護される。
2. 中日両国観光産業の発展
2.1 中日両国観光産業の起源と現状
まず、中国の観光産業の起源と現状を研究する。改革開放の前に、中国の旅行業は主に外事招待で、健全的な産業とは言えない。しかし、1978年から、発展の政策と重点が変わった以後、旅行産業の発展のスピードがだんだん速くなった。1986年に、国務院は旅行産業を国民経済と社会発展の計画に入れた。2001年、入国観光者の人数は9791万人で、入国旅行営業総額は204億米ドルになった。世界旅行産業営業総額の4.4%を占めて、世界第五大観光国であった。国内旅行人数も2001に、8.78億人になった。。旅行産業は、もう中国第三産業の支柱になった。
それに、日本現代観光産業の起源は、大体明治以後であるが、急速に発展するのは戦後である。明治から、20世紀五十年代まで、日本では、旅行は大衆化的な活動ではなかったが、観光産業はもうだんだん発展していった。観光列車、登山、海水浴、スキー学校がそのとき出てきた観光項目である。1955年から1974まで、旅行の大衆化の兆しが出てきた。日本経済の急速な発展にしたがって、家庭用車の普及と新しい観光地が絶えずにでたため、観光産業が速く発展し始めた。それに、1964年には、海外旅行の自由化が実現した。1975年から1984年まで、日本の経済は低速の成長期に入ったため、日本人は、ますます自分のふるさとを重視し、「地域主義」という現象が出てきた。そういう背景の中で、「故郷」、「参与」、「環境調和」などは観光産業の主題になった。そして、「温泉熱」、「故郷の森林」、「一村一品」など特色がある観光項目も出てきた。
日本の観光産業は、もう国民経済の重要な一部分になった。日本交通省の統計によると、2002には、観光産業のGDPは日本国内産出総額の2.2%を占める。このデータは、アメリカの現状と似ていて、西欧国家と少し異なっていた。そして、アメリカ、イギリス、フランスなど観光産業がとても発達している国は、国際旅行の比重が大きい。日本の観光産業の主体は、やはり国内旅行である。JTBの統計によると、2002年で、日本の旅行人数は34013年万人である。その中で、外国に行く人数は1664万人である。同年、日本の入国観光客人数がただ500万人ぐらいいる。しかし、2003年、「観光立国」という戦略が確立した後、日本人は、国際旅行を非常に重視し、日本の観光産業はもう一度急速発展の時代に入った。
2.2 中国観光産業発展についての認識
中国旅行業発展の優勢はたくさんある。まず、国土面積は非常に広く、自然環境も多種多様である。たとえば、高い山、長い川、原始森林、広々とした草原と砂漠など、自然観光資源がいろいろある。一方、中国の歴史が非常に長い、文化についての観光資源も豊富である。そして、中国の経済は急速に発展しているとともに、人民の生活水準も高まるので、潜在的な観光要求が多くなって、発展の余地も大きい。それに、中国の旅行についての政策は提出されるし、人々の観光産業への意識も変わる。旅行産業発展の環境がいろいろ改善し、関係がある施設もしだいに完備になっている。
優勢があるとともに、劣勢もいろいろある。たとえば、中国では、美しい地方がたくさんあるが、交通が不便であるし、資金も不足である。それに、旅行資源を開発と管理するとき、一面的に経済利益を追求するから、住民の権利を害する、自然資源と文化資源を壊すこともある。
2.3 日本の旅行業の発展
2.3.1旅行業の発展への重視
近年以来、日本政府は観光産業の発展を非常に重視し、絶えずに日本の観光産業へ投資を強化し、さまざまな観光地を建てる。それと同時に、一連の旅行法律と政策を制定した。その内容は、主に国際旅行を振興し、日本の旅行資源を保護し、観光地の施設を増加し、観光客の安全と利益を保障することである。それに、日本政府は、たくさんの日本観光産業の発展を促進する計画を提出した。その中で、「海外旅行倍増計画」、「観光交流拡大計画」などの政策は日本の入国旅行を強力にすすめた。そのほかに、旅行業を促進し調和するため、日本は、観光政策審議会、文化遺産保護審議会、自然環境保護審議会と歴史風土審議会という四つの政府諮問機関を設立し、日本観光産業の発展を指導する。それと同時に、日本国際観光振興会、日本観光協会、自然保護協会、ホテル協会など三十以上の旅行協会がある。これらの協会は、日本の旅行資源、施設とサービスをさまざまな形式で日本人と外国人に伝え、ずっと外国人の人目を引いている。
2.3.2 観光立国政策について
2003年四月初旬、日本政府は観光立国戦略を発表した。観光立国の主旨は日本旅行産業の国際交流と経済の自由化である。観光立国の意義から見ると、人たちはますます文化交流を重視し、世界は経済の论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

   Europe (24-hours)
   EN:13917206902
   china (24-hours)
   CN:13917206902
在线客服团队
    全天候24小时在线客服
      QQ:949925041 
  

微信公众订阅号