英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

留学生论文网专家出招-选择日本语学校的十四个关键因素-留学生の論文の専門家の技を-で選んで日本语学校の14の重要な要素だ

论文作者:留学生论文网论文属性:留学问答登出时间:2011-12-07编辑:anterran点击率:2935

论文字数:2411论文编号:org201112071540294076语种:日语论文 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:留学生论文网专家出招选择日本语学校十四个关键因素

摘要:留学生论文网专家出招-选择日本语学校的十四个关键因素

留学生论文网专家出招-挑选日本语学校的十四个关键因素
1 .学校であるかどうかを「適正校」

「適正校」が国内の言う「優良校」とは、日本入国管理局学校ごとの留学生の不法に当てはまるかどうか、绿の5 %を超え、1年に在学中の評価の上げ幅を記録した。言い換えれば、「非適正校」が国内の言う「非優良校」、すなわち问题が多い学校は、入国管理局は学生選抜の河管理の面で問題があるとした学校をはじめ、日本の入国管理局申請者に対する「非適正校」学生の審査の強度を高めなければならないということは、「適正校」の厳格な豊富なことに比べて、ビザの発給率もの違いのためだ。就学ビザの場合は话では、「非適正校」の第1次ビザの期间は半年で「適正校」は1年。留学ビザならなければ、「非適正校」の第1次ビザ期間は1年、「適正校」は2年だ。「適正校」は分3 %以下と5 %以下の2種類で、両者の区別は5 %の「適正校」より3 %の「適正校」に提出する予定である日本入国管理局のは、もちろん、提出を受けた資料が豊富で、言葉尻の問題が生じる可能性がより多いことが分かった。

2 .授業内容だった

学校に設置された授業は何を重点的に、かどうかなどについて、自分の目的と一致する。例えば普通の授业を受けた。進学クラスや商業用语などの順だった。

注意:ここに教育を受ける10年あるいは11年、一般課程を履修しは得られずが大学に進学する入学資格を選択しなければならないため、文部科学省が指定した日本の教育にもかかわらずに開催されたをの大学への進学を準備して教育を受けることになる。例えば:日本学生支援機構の東京(セレッソ大阪)日本语教育センター。九州英数学館国際言叶(か)の学部がある。日本语学校などの順だった。

3 .クラス別水準かどうかだ

それぞれの段階を細分化しているかどうかの日本语のレベル別移動し、全ての人が自分に适した日本语能力の授業を行っている。また、大学入学前に配置するかどうかは学生のクラス分け試験やテスト。

4 .基礎学問があったかどうかだ

学部では大学に入ることを勉强している人にとっては、細心の注意を払わなければならない、日本语教育を「基礎学問があるかどうかは)教授(英語だ。数学だった。物理。化学です。社会学など)の体制を構築した。

5 .教育環境だった

この日本语教育機関の所在地の教育環境の良いかどうか、交通もいいですか。人によって异なる選択が好き、補導中心のものもあるが、好きです、人里離れた地域の学校に通っている。选択してもどこでも、単なる確認の所在地を注視する学校近くのが泊まっている。アルバイト条件となっています。普通の中心部にある学校に位置している補導の宿泊費に比べて高いや条件が悪くてよごれて孤立した地域のアルバイトの機会や待遇が落ち、いずれにしても、総合的に考慮しなければならない。

6 .所在の都市となった

日本语学校によって読んで选以降のしようとしている日本に読書の都市、あるいは自分の亲戚や友人がいる都市埋め込み、最初だれかが面倒を見なければならない」とし、「このすべては正しい選択だ。失敗しない人もいるが、どこかのビザ許可率高等説として格上げ選択都市、一見、必ずしも良い選択だ。通常、东京。大阪などの大都市の人が多いが、最近この地方の学校の誘致のために、多くの留学生としてできるというのも、検討することにした。

7 .付属の宿泊施設がある

この日本语学校」を確保するかどうかが付属した宿泊施設、あるいはすらなく、専用の宿泊施設がある場合に備え、公共住宅やアパートは助けを探している。最后の確認を経て提案についてて同学校の寮に详しく说明してあるいは写真などを確認し、宿泊施設だ。通常、日本から家を探して納付しなければならない。敷金が御祝儀金。仲介手数料。火災保険の費用がかかるが、通常1カ月家賃の4 ~ 5倍の費用がかかった。で、学校のとは違って、寮の料金とは違う。たとえば学校もある要求を出したり、一年の家賃を払わ半年の家赁を出せと要求などがあるので必ず相談をよく知っているはずだ。

8 .があったかどうかは学生に進学と生活の指导の相谈サービス

異国の地に初めて行っうえ、言叶が通じず、その最初の难しさがうかがわれる。しかし、学校以外には、勉强する上で、普段は学生の指导の相谈サービス側が行える思いやりがあって、思いやりが構築されなければ、留学生は周到には違うと言う。あなたが申請した学校があなたのためにどのようなサービスを提供している。だかどうかが有料で、选択时に确认しておく。

9 .卒业生の活路/進道になった

学生の進学の行方を追っている。日本语能力试験です。日本留学试験の合格率などを考慮し、成功したと言っても多くは自分の努力で、しかし、卒業生の行き先は、卒業生の成績を配るなど、学校の全体の水準なければならないのか、耳を傾けるべきだ。

10 .教員数である

教員の数に比例するかどうかは十分、一クラス当りの平均数はいくらかどうかや、担任教師がいるかどうか、専門の進学担当先生、一般的には、日本语学校1クラスの平均数を10 ~ 20人の間に、20人を超えてはならない。

11 .授業料だ

依授業時間、教員数だ。設備などから计算するとビールが適切だったかどうかに戻ったとは比較にならない。あまりよく知っている。注意するのは、学校によってとは違って、授業料の配分の方も违うかどうかを確認してから、募集要綱にかかる費用が一致するかどうかだ。

12入試選考方法だ

かどうかを确认する学校書類審査したり、だけでなければならないとのやり取り先のオーディションを受けた。保证人一般的に、試験の厳格な学校は管理は厳しくかつ信頼できる学校に通っている。

13 .全体の授業の時間

日本语教育振興協会規定の言语の学校の授業時間が1日4時間もできない、1年以下の授業時間より低くできない时间、760确认して学校の授業要綱を申請したり、年間大事记断言できるかどうかを確認最低の合法的な授業時間だった。

14 .学生の国籍の割合

中国系の学生たちがあったかどうかだ。普通の中国系の生徒が多い学校を指示する中国语の職員がいて、便利学生だった。中国系の学生そうになり、留学生が国際的な付き合いがある利害。
 
1.学校是否是“适正校”

  “适正校”就是国内所说的“优良校”,是日本入国管理局根据各个学校的留学生的不法滞在绿是否超过在籍学生的5%,一年评价一次。换句话说,“非适正校”就是国内所说的“非优良校”,也就是出问题多的学校,是被入国管理局认为学生选拔河管理方面存在问题的学校,所以日本的入国管理局对申请“非适正校”学生的审查力度要比“适正校”严格的多,自然相比之下,签证率也有所差别。如果是就学签证的话,“非适正校”第一次签证期间是半年,“适正校”是一年。如果是留学签证的话,“非适正校”的第一次签证期间是一年,“适正校”是两年。“适正校”又分3%以下和5%以下两种,两者的区别是5%的“适正校”比3%的“适正校”提交到日本入国管理局的资料要多,当然递交的资料多,被挑出的问题的可能性就会多一些。

  2.课程内容

  学校设置的课程以什么为重点,是否与自己的目的相符。例如普通日语班.升学班或者商业用日语班等等。

  注意:若接受教育仅有10年或者11年,选修一般课程将不能获得进入大学的入学资格,所以必须选择文部科学省指定的日本教育尽管所开办的为进入大学的准备教育课程。例如:日本学生支援机构东京(大阪)日本语教育中心.九州英数学馆国际言语学院.淑德日本语学校等等。

  3.是否按不同水准分班

  是否细分各个阶段,按照不同的日语水平分班,从而可以使所有人得到适合自己的日语能力的课程。另外,学校是否安排在学生入学前的分班考试或测论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

   Europe (24-hours)
   EN:13917206902
   china (24-hours)
   CN:13917206902
在线客服团队
    全天候24小时在线客服
      QQ:949925041 
  

微信公众订阅号