英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本留学生论文:关于日本幼儿教育的浅议

论文作者:英语论文论文属性:本科毕业论文 Thesis登出时间:2012-03-27编辑:lena ding点击率:5040

论文字数:5634论文编号:org201203271034273628语种:日语论文 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:幼児教育日本幼稚園

摘要:本文为日本留学生论文的范文,全文讨论了日本的幼儿教育,文章从日本幼儿园的特点、形式、教师等方面进行了一番浅论。日本の場合、幼稚園は文部科学省所管の学校で、大学、大学院までの教育体系の中の一環として組み込まれており、運営主体は私立の場合、学校法人及び歴史的経緯による個人に人立となる。

目  次
0. はじめに 1
1. 日本幼児教育の特徴 1
2. 日本幼児教育の形態 2
2.1 集団における人間関係の育ちを基盤とする保育形態 2
2.2 役割を果たす子供の能力を伸ばす保育形態 2
2.3 子ども中心型の保育形態 3
3. 感心する幼児教育 3
4. 幼児教師養成・研修の枠組み 4
4.1 幼児教育教師養成の枠組み 4
4.2 幼児教育教師の研修 5
4.3 園内の幼児教育改善の仕組み 5
4.4 幼児教育への園外からの専門的な援助 5
5. 日本の幼児問題・対策 6
6. 結論 6
7. おわりに 6
 
日本の幼児教育・保育への認識

0. はじめに
日本の場合、幼稚園は文部科学省所管の学校で、大学、大学院までの教育体系の中の一環として組み込まれており、運営主体は私立の場合、学校法人及び歴史的経緯による個人に人立となる。
厚生労働省所管に児童福祉施設である保育所とは異なる。保育所は保(養護と教育)を行うが、学校教育法による学校ではない。
日本の幼稚園における教育内容は、幼稚園教育要領の中に示されており、その内訳は「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」、「表現」の5領域となっている(学校教育法23条各号参照)。施設設備については、幼稚園設置基準で定められている。幼稚園の教師になるためには、法律で定められた免許を取得しなければならない。
法制度上、在籍年齢は「就学の始期まで」となっており、また学年に相当する用語は「年少・年中・年長」となっており、ほぼ完全に年齢主義による運用となっている。ただし就学猶予を受けた場合など、学齢に達していても引き続き通うケースは存在する。
2005年(平成17年)現在、日本には13,949の幼稚園があり、うち国立49園、公立5,546園(うち都道府県立5園、市町村立・組合立5731園)、私立8,354園(うち学校法人立7255園)である。また、小学校や大学等に併設された併設園と独立園がある。また特別支援学校には、幼稚園の課程に相当する幼稚部がおかれている。
さらに日本社会においては、幼稚園とは別に、小学校受験のための幼児教室や幼児教育研究所なども存在する。近年はプリスクールの名で就学前児童・幼児の保育や教育を行っている施設が増加している。

 

1. 日本幼児教育の特徴
日本の幼児教育は以下の4つの特徴を持っている。
(1)幼児教育現場の教師と大学などの研究者が、協力して、実践を検討し、実践の改善に努めている。現場の教師が勉強したり、実践業績が認められたりして、大学・短大・専門学校などに転じ、研究者や養成の教員になる場合も少なくない。
(2)幼児教育にはいくつかの考え方の流れがあり、各々に固有の方法がある。だが、実際は、各流派を機械的に当てはめるのではなく、一人一人の子どもが生活し、行動する様子を丁寧とらえて、柔軟に応用している。
(3)幼児教育の形態が多様であり、それらの具体的な内容や方法について互いに刺激し合ったり、相手のよい点を取り入れたりして、各園の幼児教育のやり方を確立している。しかし中には、一つの形態にこだわって、 新たな試みを取り入れることもなく、自分のやり方に閉ざされてしまっている幼稚園も見られる。
(4)保育現場と養成校との距離が近い。大学・短大・専門学校などの教師養成に携わる学校では、教師を養成するだけでなく、現場に役立つ保育のやり方を開発して、現場を援助する努力を並行して行っている。

 

2. 日本幼児教育の形態 
日本の幼児の教育・保育は、幼稚園・保育所とに分かれている。幼稚園は3歳以上からの3年間を受け持ち、幼稚園の後は小学校入学となる。保育所は乳児から小学校入学までである。双方を合わせると、小学校入学の前の段階で、100パーセント近い割合の子どもが通っている。幼児教育の内容及び方法は、文部科学省・厚生労働省が大枠の教育保育の方向性を示しているが、細部は保育をしている各園にゆだねられており、その保育形態は多様である。
2.1 集団における人間関係の育ちを基盤とする保育形態
その主たる目標は、基本的な生活や学習の仕方を学ぶことである。活動の時間は、教師によって組み立てられているものと、教師の指示を受けない比較的自由に行う時間とから成り立っている。自由に遊ぶ時間には、子どもは一人で過ごすよりは、他の子どもと遊ぶことや、互いに注意を向けてかかわりをもつことが奨励される。造形活動の材料などは、必要なときに教師が提供する。教師は子どもに対して親しみを持ち、権威的にならず、穏やかに振る舞い、温かな関係を築いている。
2.2 役割を果たす子供の能力を伸ばす保育形態
基本的なカリキュラムは、学習技能を集団の中で学ぶことにある。漢字を読むこと・ ひらがなを書くこと・数量形の認知・記憶の訓練・楽器の演奏・絵の描き方などを学習する。子どもの活動は時間割によって決められており、個人的な選択の余地はほとんどない。幼稚園の規則は厳しくしつけられる。
2.3 子ども中心型の保育形態
大部分の時間を子どもは自由遊びに使う。集団での活動もあるが、教師からの直接的教示はほとんどない。子どもがいつでも自由に使えるように、遊びの素材や遊具、積み木や造形用の材料などが用意され、環境が整えられている。教師は温かく、明るく、一人一人の子どもに即して対応する。
多様な形態の幼児教育の中でみられる共通の長所として「朝の挨拶」「親密さ」「ゆったりとした時間」「子どもたちの責任」「身体的活動」をあげることができる。子どもたちは存在そのものを尊重され、家庭生活とは離れた時間・空間の中で、社会的に生活していくルールを学びながら、様々な経験を育んでいる。
このような幼児教育の形態は日本独自に進められてきているが、古くはモンテ ッソーリ法から、イタリアのレッジョ・エミリア市の幼児教育の方法、アメリカの全人発達を目指して学問知見をカリキュラムに生かしていくDAP (Developmentally Appropriate  Practice)など、新しい外国の教育方法や知見を選 択的に取り入れ、現在も日々改善が続けられている。

 

3. 感心する幼児教育
日本の幼稚園は公立でも私立でも、教室が全部素朴で、豪華のあるいは現代化の様子がちょっとしたでも見えない。ピアノ、テレビ、携帯ラジオカセットレコーダーのようなちょっと高級の施設を除いて、国内の5 シーンと比べて、施設は粗末と言えるでもいい。幼児のグッズといったら、全部は段ボール、ボックス、新聞、ナイロン ザイル、竹や木の箸あるいは多数の書籍こういうようなものである。子供は自由でこのグッズを弄って、楽しい。
また、日本幼稚園の手作業授業は目にしてはらはらしたが、しかし大いに考えさせられる。1種は料理をするので、もちろんとても簡単で、火が必要ではない、ただ冷たい物を作る。ほかの一種は手仕事をするので、少し難度があるが、テーブルと小さい腰掛けである。前者は使うのは普通な家庭の常備する鋭い包丁で、後者は使うのは本当のくぎ、鋸、金槌などである。傍観者にして、どうしても子供のために心配しているが、しかし幼稚園の先生が野菜を切る要領を解説した後、子供達は作り始めた。当然で、先生達はずっと子供達の動作に関心を持っていて、子供達も慎重で、真剣に任務を完成した。でも手作業授業、いくつかの子供论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

   Europe (24-hours)
   EN:13917206902
   china (24-hours)
   CN:13917206902
在线客服团队
    全天候24小时在线客服
      QQ:949925041 
  

微信公众订阅号