英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

从留学生活看日本

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:课程作业 Coursework登出时间:2014-05-30编辑:lzm点击率:6076

论文字数:24719论文编号:org201405291203431040语种:日语论文 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:日本留学生活留学の動機留学生の就職状況留学生の生活状況日本留学生就业状况

摘要:本研究は、おもに外国人留学生の日本認識の変容、日本での差別体験、日本での大学生活という3 つの視点から聞き取り調査を行い、留学生の目に現代日本社会がどう映っているのかを明らかにした。

留学生活から見た日本社会
目次
はじめに、このテーマを取り上げた理由
1-1留学生とは
1-1-2国費留学生とは、私費留学生とは
1-1-3入学の選考方法の違いにみる留学形態の違い
2-1留学生数の変化
2-1-2日本本全体における留学生数の動向
2-1-3日本留学生日本各大学、各県比較、日本人の留学生と比較考察
3-1日本に来て認識した日本社会
3-1-2日本企業との関わりから生じるイメージ
3-1-3 留学生の生活状況
3-1-4留学の動機
4-1日本留学と将来設計
4-1-2日本に残って就職を望む留学生
4-1-3留学生の就職状況
4-1-4日本企業が期待すること
5-1考察
はじめに
本研究は、私たち留学生が日本での生活体験を通じて、留学前後で日本に対する認識をどのように変化させ、また現在私たちの留学生は過ごしている現代の日本をどう見ているのかを明らかにすることは目的として4つの理由から卒業論文でこのようなテーマを取り上げることにした。
1つめの理由は、外国人の多くが疑問に思う日本語や日本の社会の不思議さ、不可解さ、そこから起きる外国人と日本人との間の誤解や摩擦のメカニズムを、少しは理解していただけたら幸いである。
2つめの理由は、日本人の学生側からもっと留学生のことを理解してもらいたい、これからグローバル化が進んでいる中に、日中両国の異文化の理解や交流のために少しでも促進の力になればいいなと思っているからである。
3つめの理由は、「日本人の留学生はなぜ減ってのか」という報告書によると、2004年から以降日本人の海外留学生が大幅に減っていることがわかる。留学生として来日の私たちの生活状況を理解してもらい、より多くの日本人の学生が海外留学の道を踏み出せるよう、留学生活は人生にとって、こんなに楽しいよ、刺激される日々や自分の将来にとって見えない価値がたくさんがあるよ、という留学生活の素晴らしさを伝えたいからである。
4つめの理由は、留学生の私が持つ「留学」の意味が、現代において少し本来の意味と変わってきていると感じ、またそのことが最近伸び悩みを見せている留学生の数に関係があるのではないかと思ったからである。かつての留学は、発展途上国の人材養成を支援し、知識の移転や教育水準の向上を図ることが目的とされていた。しかし、日本に数多くの留学生を送り出している、特にアセアン諸国や中国では、ここ何年間の間に急激な成長を遂げており、今後、このように発展途上国が技術力や経済力をつけて先進国と変わらない状況になれば、留学の目的も自然に多様化するだろう。今日の国際社会において、日本の経済的地位の向上とともに、経済や政治分野のみならず、教育、文化等の分野においてもその地位にふさわしい国際貢献を果たすよう、国の内外から期待が高まっており、留学生の受入れは、高等教育における重要な地域協力であり、日本が果たす重大な国際貢献の一つだと考えられる。留学生を通じての交流は、送り出す国だけでなく、受入れる日本にとっても、異文化理解を深めることや、客観的な視点で日本を見つめ直す機会にもなり非常に重要なことだと考える。多様化する留学生を受入れるにあたり、生の留学生の声を取り上げたいと思い、自分が日本留学時代の経験を形として残したので、5年後、10年後、何十年後に振り返ってこの論文を見るたびに、まるで昨日のようなもので、有難い留学生活の体験を記録できればいいなと思って、このテーマを選んだ。
1-1 留学生とは
海外から来日した留学生、つまり外国人留学生とは、日本の大学や高等教育機関で
教育を受けるために入国し、実際にそれらの大学等に入国した外国人学生を指す。具体的には出入国管理及び難民認定法(以下入管法)にある在留資格の「留学」によって入国した者と、入国後に所定の手続きを経てその資格を得たものである。
日本の大学等で学ぶ外国人留学生には、文部省が直接に奨学金を支給する国費留学生(日本政府留学生)と外国政府が自国の費用で派遣している留学生(外国政府派遣留学生)そして私費留学生とに分けられる。
1-1-2 国費留学生とは、私費留学生とは
国費留学生と私費留学生の一番大きな違いは、名称からもわかるように留学の費用を誰が出すかという点である。先にも述べたように、国費留学生とは日本政府が留学のための経費を全面的に持つ留学生で、私費留学生とは自らの意志で、基本的には留学にかかる経費は自分持ちの留学生のことである。しかし、近年は私費留学生に対しても、各大学で学習奨励費の支給や、授業料の私学における30%の減免、国立大学の場合は留学生の学費免除、あるいは半額免除などが日常的に実施されている。奨学金の申請には手続きの複雑さなど面倒なことも多いが、費用の点からだけでみると、国費留学生と私費留学生との区分は薄れつつあるといえる。とはいえ、実際に今回聞き取り調査を行った留学生からは、奨学金による国費留学生と私費留学生の差を嘆く私費留学生も多く、北大では国費留学生には渡日費用と学費のほかに毎月18万円を与えているというが、奨学金をもらえない私費留学生は、日本の法律で定められた時間内でアルバイトをして生計を立てていかなければいけないので、生活は国費留学生比べてはるかに苦しいと訴える。制度上では、国費留学生と私費留学生の区分は薄れつつあるといわれているが、留学生自身は国費と私費の金銭的な差は大きいと言う。
1-1-3 入学の選考方法の違いにみる留学形態の違い
国費留学生(日本政府派遣留学生)は、留学に関する書類の出願後、在外日本公館が当該政府の協力を得て実施する第1次選考に合格し、文部省の最終選考を経たうえで採用が決定される。この際本人の希望大学は尊重されるが、必ずしもそのとおりになるとは限らない。そして、大学へ入ると、研究生の場合は6 ヶ月間、学部留学生の場合は1 年間日本語を勉強することになる。私費留学生は、(財)日本国際教育協会が実施する、私費外国人留学生統一試験や外国人日本語能力試験を受験し、得点がそれぞれ60%以上ならば各大学の試験を受けることができる。私費留学生の大半は就学生4として入学先未定のままで来日し、日本語学校などで勉強した後に留学先の大学等を決るのが普通で、こうした行き先が不安定な私費留学生の状況を改善するため、この統一試験を海外でも実施できるような動きもある。また文部省では、中国とマレーシアの政府派遣留学生を対象に、日本人教員を現地に派遣、日本語教育や渡日前予備教育を行なっていたのだが、90 年以降この制度をインドネシアやブラジルなどでも行なっている。以上のことから、私費留学生は受入れ大学に入る以前にかなりの日本語の能力が必要とされるのに対して、国費留学生、特に研究生にいたっては6 ヶ月間しか日本語を学ばない。一方外国人入試とは?
特別選抜入試
日本人の大学入試選抜制度は、大きく分けて2種類あります。ひとつは一般入試と呼ばれる制度である。これは、世界共通の制度だと思う。高等学校までの勉強を一生懸命にして、学科試験を受け、その成績で合否を決める制度です。どこの国でも受験生は、日本の高校生(受験生)たちと同じように、夜遅くまで勉強してるんじゃないでしょうか?そして、もう一つの制度は、特別選抜入試と呼ばれる制度だ。この制度では、学科試験よりも受験生自身の人柄と将来性、目的性が評価される入試制度だ。受験生がどのような考え方を持ち、どのような夢を持っているか、それが大切になる。外国人留学生が受験する入試は、この特別選抜入試で実施される 特別選抜入試では、前述のように、受験生個人の資質が問われてきる。例えば、志望理由書であるこの志望理由書は非常に大切で、特に有名大学などでは最重要課題とされている。いろいろな本に書いてある例文を真似しても合格できない。自分自身でしっかりと论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/8 页首页上一页1234567下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

       Europe (24-hours)
       EN:13917206902
       china (24-hours)
       CN:13917206902
    
    在线客服团队
        全天候24小时在线客服
          QQ:949925041 
      

    微信公众订阅号