英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

对日本审美中的“悲美”进行接受理论层次上的探讨

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2012-12-29编辑:hynh1021点击率:3423

论文字数:20200论文编号:org201212291806222056语种:中文论文 Chinese地区:中国价格:$ 66

关键词:接受理论文学翻译悲美读者接受程度时代要素

摘要:接受的理论是一个读者为中心的文学理论。在阅读过程中,读者的接受和反应的研究,并强调读者在文学欣赏中的地位和作用。为接受的理论也适用于翻译领域。原来的读者,译者在翻译过程中理解和解释的过程中,原来的,势必要根据自己的储备知识,第一次看到,审美经验,以填补原始文化的空白,并推测在社会和审美的原始值。

1 序 論


1.1 問題提起
翻訳とは、原文作者、原文、原文読者、翻訳者、訳文読者という五つの方面全てに均衡を保つことを求められる複雑な作業である。しかし、伝統的な翻訳概念において、翻訳は文学創作の副次的な存在としか扱われてこなかった。そこで訳者の使命は、受けとった言語情報を既定の語意でコーディングし、主にほかの言語を母国語とする読者に伝達することに限られ、その役割と地位は付属的あるいは受動的に認められていただいたに過ぎなかった。それが 1960 年代に受容理論が提起されると、人々の受容に基づき文学作品を研究することが主張され、訳者の付属的な役割や地位も転換されることになった。また、作品と読者との関係を文学研究の最優先に置き、読者における作品の意味と読者自身の美的センスの重要性を十分に認めるようになり、ようやく文学研究は 1950 年代のテキスト中心主義から読者中心へと、その重心を移したのである。このように受容理論は、文学研究に革命的な意義をもたらした。それと同時に、文学に関する文学翻訳にも革命的な意義をもたらした。文学作品の美的価値の決定は、作品がもつ美的ものと読者の受容との相互関係によって実現されるといえる。外国文学を翻訳する際、原文の美的なものをどのように訳文に体現し、どのように読者に受容させるかということこそが最も大きな問題の一つである。現在、世界中でグロバール化が進み、http://www.51lunwen.org/translation/ 他国の優秀な文化への認識、理解および受容が重要になっている。数多くの東方国家の中で、日本民族は独自の美学思想を持っている。例えば、日本には「悲しみの美」、「ものの哀れ」、「無常観」といったような伝統文化と審美意識を貫く中心的な理念がある。日本と中国は一衣帯水の隣国であり、両国間の交流がスムーズに進むに伴い、両国間の文学作品の翻訳も盛んに行われている。日本文学の中国語訳者として、日本独自の美的感覚をどう捉えるか、捉えたその美的なものをどのように訳文読者に伝え、受容させるかといったような問題を考えなければならない。したがって、本稿では、日本文学における特有な「悲しみ」の審美観念を取り上げ、中国語訳す際に、どのような中国語訳にするか、日本独特な「悲しみの美」を訳出できたかどうかについて分析し、読者中心とした受容理論から訳者の翻訳ストラテジーを考察したい思う。


1.2 研究目的と意義
受容理論は、テキスト読解という行為によって読者が意味をつくりだすとした読者中心の文学理論であり、翻訳を論じる場合にも適応が可能である。訳者は原作の読者として、原作に対する読解、理解、解釈をする時には、必ず自分の予備知識、先入観、美的経験などに基づき、原作にある文化の空白を埋めながら原作の社会的な意義と美的価値を推測する。訳者は原作の読者である同時に訳本の作家でもある。訳者は原作の意味内容を拾い上げ、それを訳文として再構築する時、想定読者群の期待の地平を推測し、読者の視点から訳文を吟味し、その善し悪しを判断した上で、情報を読者に伝えることになる。文学作品の美的価値の決定は、作品がもつ美的なものと読者の受容との相互関係によって実現されるといえる。日本文学における「悲しみの美」は、日本民族独特な審美観念である。文学作品を翻訳する時、読者の受容度を配慮し、原作がもつ独特な美的なものを訳文読者にどう伝えるかということは非常に重要である。本稿では、日本の「悲しみの美」を取り上げ、受容理論から「悲しみの美」の中国語訳を検討する。原作に持っている「悲しみの美」の表現が、訳者としてどう受容するか、中国語訳文としてどのように訳すべきか、またこれまで訳者たちが、読者の受容度を配慮し、原作がもつ独特な美的なものを訳文読者にどのように伝えたかなどについて、訳者たちの各自の翻訳ストラテジーを考察することを目的とする。日本の美的な表現の一つに「悲しみの美」が存在する。「悲しみの美」とは、物寂しい心境が生み出す悲劇の美、哀愁の美であり、生命の儚さ、年月の無常さへの悲しみでもある。これは日本伝統文化の核を成す要素であり、日本文学の特色でもある。この日本文学の特色である「悲しみの美」は中国人読者にどのように受容されているのだろうかと考えた。そこで、本稿では日本の「悲しみの美」を取り上げ、翻訳の角度から論じることとする。「悲しみの美」の中国語訳の研究 分析により、受容理論に基づき、訳者が「悲しみの美」に対する翻訳ストラテジーを考察する。この実証研究を通して、日本人が持つ「悲しみの美」の審美意識についてよりよく理解できるのであれば、それは有意義なことである。そして、受容理論の視点から、原文と中国語訳文を分析することにより、訳者たちは文学作品を翻訳する際、異なる文化や習慣について、どのような翻訳ストラテジーを選択するかも考察したい。さらに、文学翻訳研究から見ても、必ず有益な試みであり、有意義であると思う。


1.3 研究対象と方法
本稿では受容理論に基づき、日本文学における特有な「悲しみ」の審美意識を取り上げ、「悲しみの美」の中国語訳を考察する。日本人作家川端康成(1899-1972)は日本で最初のノーベル文学賞受賞者として世界の人々に知られている。川端は日本の美の伝統を継承し、その日本人独特の感性と表現技法をもって、日本人の深層心理世界を表現した。「悲しみの美」は川端康成の審美意識の中で重要な位置を占めており、ノーベル文学賞の受賞作品の一つである『雪国』は川端の美学精神を最も表現した作品であると言ってよい。『雪国』における主人公葉子は「悲しみの美」の代表的人物である。葉子の「悲しみの美」は最初の「声」の描写から最後の「死」の表現まで通じている。その中で、「悲しいほど美しい」声の表現は鮮明でかつ直接に葉子の「悲しみの美」を体現している。川端康成は葉子の声に十三回言及するが、そのうち七度までも葉子の声が「悲しいほど美しい」と描いた。そこで、本稿では『雪国』を取り上げ、その中で用いられている「悲しいほど美しい」の中国語訳を考察する。受容理論の視点から「悲しみの美」の中国語訳を考察するにあたり、川端康成の『雪国』と訳者五人、1981 年 7 月侍桁、1997 年 10 月尚永清、2001年 8 月葉渭渠、唐月梅、2008 年 1 月高慧勤及び 2011 年 7 月林少華による翻訳されたこの五つの中国語訳本を取り上げ、分析対象とする。受容理論の代表者ハンス·ロベルト·ヤウス(Hans Robert Jauss)は同一の文学テキストに対する理解は、読者の期待の地平によって異なり、同じ読者であっても、違う時期には異なる理解と感銘を受けるとされたことがある。ヤウスの「期待の地平」の概念を導入する。「期待の地平」とは、受容者が、今までの経験や歴史的所産、伝統等に影響され、作品の展開において「こうであろう」という予測によってテキストを読むときの、その一歩先に存在するものである。本稿では、読者受容度への配慮と時代要素が受容に与える影響という二つの方面から「悲しみの美」の中国語訳について、訳者の翻訳ストラテジーを考察したい。研究方法として、『雪国』における例文と中国語訳文を比較しながら、まず、日本の独特な「悲しみの美」の例文と中国語訳文をまとめて、「悲しみの美」を訳出したかどうかについて分析してみたい。その次に、受容理論に基づいて、「悲しみの美」を訳出したかしないかを分類して、読者への配慮と時代要素が受容に与える影響から訳者たちの翻訳ストラテジーを検討していきたい。


1.4 論文構成
本稿の構成は以下のとおりである。第一章 本章「序論」では、本稿の研究背景、目的、意義、対象と方法を述べる。第二章 先行研究をいくつかの観点からまとめて紹介する。まずは、受容理論と翻訳に関する先行研究を紹介する。次に、「悲しみの美」に関する研究を紹介し、川端康成の「悲しみの美」とその先駆「物の哀れ」の二つの方面から紹介する。それらの先行研究を踏まえ、本稿の立论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

   Europe (24-hours)
   EN:13917206902
   china (24-hours)
   CN:13917206902
在线客服团队
    全天候24小时在线客服
      QQ:949925041 
  

微信公众订阅号