英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

中日婚葬祭における色彩文化の比較

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:职称论文 Scholarship Papers登出时间:2014-05-18编辑:caribany点击率:11356

论文字数:14180论文编号:org201405112017463225语种:日语 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:婚葬祭色彩文化中日文化比较婚における比較葬における

摘要:中日两国都很重视色彩的运用,都注重根据场合,根据文化含义来正确运用色彩。在本论文中,在先行研究的基础上,我将就中日两国在婚葬祭方面的色彩文化做一下比较。

摘要:我们周围存在的所有事物都是有形状和颜色的。 形状表现出物体的姿态,色彩赋予物体新的生命力。色彩在表现物体时是必要的,甚至可以说是重要的因素之一。色彩跟文化息息相关,文化不同,色彩所包含的含义也会有所差别。而且,即使是相同的颜色,在不同的国家也可能会有截然不同的含义。中日两国两千年来一直未间断过文化交流。其中风俗文化的交流更是频繁。在交流过程中中日两国互相吸取、借鉴了各自的优秀文化,并将其发展壮大。如今中日两国正面临高度成长期,人们的生存和意识都在急速的变化着。衣食住各方面都在向西洋化发展。婚葬祭的色彩文化也不可避免地受到影响、发生着微妙的变化。
中日两国都很重视色彩的运用,都注重根据场合,根据文化含义来正确运用色彩。在本论文中,在先行研究的基础上,我将就中日两国在婚葬祭方面的色彩文化做一下比较。
 
关键词:婚葬祭;色彩;文化;比较
 
要旨:私たちのまわりに存在するすべてのものは形と色を持っている。形は物の姿を示し、色彩はそれに新しい力、生命力を与えるといわれ、色彩が物の表現に必要かつ重要であることは言うまでもない。「色彩」のことは文化と係わり合い、文化が違うと、色彩の意味も違う場合が多い。さらに、同じ色彩ではあるが、国によってまったく逆な意味になる場合もある。中日两国は二千年前からコミュニケーションをしてきている。その中に両国の風俗文化の交流も頻繁に行われている。つきあっている間に中日は互いに新鮮な文化を与え受け入れ、発展してきた。今、中日ともあらゆる面で高度成長していて、それが人々の暮らしにも意識にも急速に変化をもたらしている。衣食住など、多くは洋風化の傾向になって、婚葬祭における色彩文化が現れてきた。
中日両国とも色彩の運用を特に重視し、場面によって、文化意味によって正確に運用することを重視している。本稿では、先行研究を踏まえながら、中日両国の婚葬祭における色彩文化の比較について考察してみようとしている。
 
 
キーワード:婚葬祭、色彩、文化、
 
1.0はじめに
私たちのまわりに存在するすべてのものは形と色を持っている。形は物の姿を示し、色彩はそれに新しい力、生命力を与えるといわれ、色彩が物の表現に必要かつ重要であることは言うまでもない。「色彩」のことは文化と係わり合い、文化が違うと、色彩の意味も違う場合が多い。さらに、同じ色彩ではあるが、国によってまったく逆な意味になる場合もある。中日两国は二千年前からコミュニケーションをしてきている。その中に両国の風俗文化の交流も頻繁に行われている。つきあっている間に中日は互いに新鮮な文化を与え受け入れ、発展してきた。今、中日ともあらゆる面で高度成長していて、それが人々の暮らしにも意識にも急速に変化をもたらしている。衣食住など、多くは洋風化の傾向になって、婚葬祭における色彩文化が現れてきた。
 中日両国とも色彩の運用を特に重視し、場面によって、文化意味によって正確に運用することを重視している。本稿では、先行研究を踏まえながら、中日両国の婚葬祭における色彩文化の比較について考察してみようとしている。
2.0先行研究
色彩の文化はどのように反映されているかは、 古くからさまざまの分野において、さまざまの方法によって研究されてきた。中には中日の色彩文化についての研究は特に数多くある。
付如(2005)「中日の伝統色彩文化への一考察」と季庆芝(2010)「中日色彩文化含义的比较——以红、白、青为中心」の中でも、「白」を分析する部分があって、神聖な「白」、純潔な「白」など、様々な例を挙げて、「白」の文化意味を十分に描いてあった。罗玉玲(2009)「关于中日文化中的色彩观围绕色彩象征意义的探讨」では、色彩の象徴性に着目して、色彩の積極的な意味と消極的な意味を論述することがある。また、金谷千都子(平成13年4月)は『冠婚葬祭しきたり百科』では、「冠婚葬祭の行事」を分析した。王国安、王小曼(2003)の『汉语词语的文化透视』の第九章は中国語における色彩語の文化意義に関する研究である。王国安の説明によると、「白」は卑賎の意味を持っていると思われる。私の意見から見れば、中日の色彩文化の間に必ず共同点と相違点がある。以上の先行研究を踏まえながら、婚葬祭における中日色彩文化の比較について考察してみようとしている。
 
3.0婚における比較
3.1婚における中国の色彩文化
中国人の伝統的な結婚式を行う場合、新郎新婦は赤のチャイナドレスと唐装姿で、新居に飾るもの、結婚式の前に出席者に出す招待状、親戚や友人からもらったご祝儀の紙袋、それに布団までも真っ赤なのである。
中国の慶事における赤の例を以下に挙げてみたい。慶事の代表である結婚は赤づくしである。まず、結婚披露宴への招待状は赤一色の封筒が使われ、祝儀袋も同じである。男子の礼装はダークス―ツに赤のネクタイである。披露宴会場の赤は幕、提灯、テーブルクロスなどの設えも赤である。正面の壁一面には、中央に喜の字文と披露宴の意味の漢字を金文字で書いた赤い幕が張られる。その向って左と右にはそれぞれ鳳凰と龍の金色に輝く彫り物がかけられて、幕の赤さを引き立てる。鳳凰と龍はそれぞれ人間の女性と男性を象徴し、二つ向い合わせて揃えることで夫婦和合の祈念を表しているという。その外側の天井よりは赤提灯が下げられる。宴席の円卓には赤いテーブルクロスが使われる。
金屏風は結婚披露宴の会場になくてはならないものである。雛壇の後ろ寄りに立てられた金屏風は列席の人の視線を新郎新婦の方に呼び寄せるとともに、会場全体の雰囲気を華やかにしてくれる。金屏風は豪華な印象のものであるが、そのために花嫁の衣装がくすんで見えるようなことはなく、かえって引き立って見える。「水墨画と金地屏風絵」の頃で、油絵を引き立てる金箔貼り額縁のことに触れたが、金屏風のこれと同じようなものである。雛飾りにもミニチュアの金屏風が使われていて、人形の絢爛豪華な衣装をより華やかなものにしている。それにしても結婚披露宴はこの情景とそっくりである。
結婚披露宴での金屏風はめでたい席であることを示す一種の標識にもなっていることに気づく。金屏風はこうしたハレのシンボルとしての側面を持っているわけで、ちょっとしたハレの場も含めていろいろなところで利用されることになる。
3.2婚における日本の色彩文化
日本では、結婚するとき、新婦の婚儀衣装はすべて白であり、新郎は黒の着物姿である。これは日本人は特に白色が好きなことに関係があるのではないかと思う。古代の日本人は、白色は純潔な心を象徴し、また、顔色の白い艶は生命力が強いのを象徴するとされていたという。その他に、白色が神と人間の紐帯となるので、神社で神官らは白い服を着用する。白色の象徴意義であるこそ、新婦は白い婚儀ドレスを着用するのであろう。白い婚服を着用するなら、新婦が親の心の中にすでに死んでしまうということを象徴し、生前に夫の家に離れないという意味もあるという。
 面白いことに、現在、日本人の婚服は常に紫色を忌み嫌うのである。紫色は最も色褪せやすい色なので、紫色の服を着用するなら、婚姻が長く続けられないという心配があるといわれている。
 結婚式の服装で、親族が和服で出席する場合に、既婚の女性は黒留袖を着用するのが一般的であり、礼服も黒が普通である。それは、両親や親族は黒い服装をするのがマナーだからである。親族以外の出席者は、黒以外の服装で、出来るだけ華やかな服装で出席するようにしたほうがよい。何故なら、親族が黒い服装なのに、友人まで黒い服装で出席してしまうと、せっかくの結婚式の会場が重苦しい雰囲気になってしまうからのである。
 友人の場合などは、できる限り黒い服装や白い服装を避けたほうが良いとされている。なぜ白もタブーになるのかと言えば、白色は花嫁の衣装だからである[1]。论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非