英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

论日本女性劳动行政管理的发展——从社会变革的各阶段来看

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2024-06-20编辑:vicky点击率:95

论文字数:24585论文编号:org202406151624214279语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本社会文化论文范文硕士论文范文

本文是一篇日本社会文化论文,本文旨在从历史的角度分析日本各重大社会变革阶段中女性劳动者的增加、女性劳动者的增加所带来的问题、以及应对这些问题所采取的对策,并结合时代背景来分析日本女性劳动行政管理的变迁的原因、目的的变化。

第一章、近代工業化の始まりと労働行政の始動

第一節、近代工業化に現れた雇用者と「女工」

近代化の始まりに、雇用システムの変遷に関して従来の農業社会に見られなかった「賃労働」という労働形態が現れた。賃労働とは工場・土地などの生産手段を所有しない労働者が、自らの労働力を一個の商品として資本家に売り、その反対給付として賃金を受け取るような労働形態である①。また、当時「身分制」の廃止で、士族層が解体され窮乏に陥った。また地層改正で農民層が分解され、農民が多数の土地を喪失し、窮乏にも陥った。やがて、これらの「過剰労働力」の多くが賃労働に参加した②。

日本の近代化の一翼を担ったのは軽工業化であり、軽工業の発展の一翼を担ったのが「女工」である。明治政府の殖産興業の一環として、富岡(製糸)などの模範工場は農村地帯に建設された。そのような農村地帯の製糸・織物を中心とするマニュファクチュアの展開を基盤とした労働需要に対し、周辺農家の過剩労働力からくる家計補助的な女工などの通勤者の賃労働によって支えられた③。「女工」は軽工業の発展とともに壮大な女性労働者チームとなった。綿糸紡績工場の数は,1890(明治23)年の30から1897(明治30)年の74と増加したと伴い、職工数も,1890年の約1万4千人から1895年に4万人と増加し、とくに女工数の増加がいちじるしく,女工比率は1890年の71.6%から,1897年には77.9%に高まった④。

日本社会文化论文怎么写

第二節、明治維新から労働行政の始動

一、農商務省の発足と「職工事情」

上記のような問題状況の認識から,政府は,明治初年からすでに数多くの労働者に関する実態調査を敢行していた。1881(明治14)年4月7日、農商工行政を統合する農商務省が設置され、主に農業・林業・水産業・商工業といった諸産業を管理し、工場法制定へ向けて全国工場労働者の実態調査をし、その報告書である「職工事情」を1903年(明治36年)に刊行した。原本は5つの分冊で構成される。それぞれ『綿糸紡績職工事情』、『生糸職工事情・織物職工事情』、『鉄工その他を含む職工事情』、『付録一』、『付録二』である。『付録一』には女工の虐待などについて各府県に照会した回答を記録しており、『付録二』には女工や工場主などの関係者との談話を収録している③。

『職工事情』からわかる女工の管理についてのさまざまな問題に直面し、まず、募集人制度を規制し始めた。明治14年に制定された山口県の職工募集取締規則は、その第1号である。同32年大阪府が制定した募集取締規則は、需要地における取締規則の代表的なものといえよう。その内容は、工場所在地以外での募集は、警察署への届出制とした。募集に当たっての詐欺や不正はもちろん、他の会社の従業員を勧誘することも禁じられた。正当な事由があれば、契約期間内でも帰郷は拒めないこととした。募集地の規則では、募集人の守るべき義務を明示するのが通例であった。山形県では、県内産業保護のため、募集する区域を限って許可する方針が立てられた。新潟県では、工場が使う募集人の員数を制限しての取締りが行われた①。

第二章、戦後民主改革と女性労働行政の始動

第一節、戦後民主改革と働く女性

戦後の日本はGHQの統治下で政治、経済、社会的分野における多くの改革が行われた。いわゆるアメリカの占領政策である日本の非軍事化と民主化政策が展開していた。戦後改革が進められる中で、婦人参政権の実現、男女平等を定めた新憲法制定、「家」制度を廃止した民法の改正、教育の機会均等、男女共学を定めた教育基本法制定など女性の権利拡大が図られ、女性の社会進出と地位向上への基本的な条件が整えられた。

その中で、戦後から女性は徐々に社会労働に参加し始めた。『婦人労働の実情』(労働省婦人少年局,1952)から見ると、1947年の女性雇用者数はわずか332万人、雇用者に占める女性の割合も26.6%であったが、1952年には391万人、雇用者に占める割合も28.0%となっているが、大きな飛躍はみられていないと言える。一方、当時就業者に占める雇用者の割合も非常に低く、女性の場合24.6%(1952年)に過ぎなかった。女性就業者1586万人のうちの実に62%(983万人)が家族従業者で、その8割以上(808万人)が農林業に従事する、いわゆる農家の嫁や娘であった。賃金に関して、1カ月あたりの賃金は、1947年平均で男性2,241円に対し女性972円(男性の43%)、1952年平均でも男性16,782円に対し女性7,533円(男性の45%)①と、男性との差は大きくひらいたままであった。

第二節、戦後労働行政の再開と女性労働行政の始動

一、戦後労働行政の再開

昭和時代には厚生省の発足で、職業紹介その他労務の需給に関する事項を所管する社会局と労働条件その他労働に関する事項を所管する労働局が厚生省の外局として発足し、労働行政が本格的に始まった。しかし、戦中時における労働力の不足で、国家総動員法に基づて労働を管理してきた①。その中で労働者保護行政は一時的に停止された。

再び労働者保護行政がその眠りから覚めるのは,太平洋戦争終戦後,1945(昭和20)年のことであった。工場法戦時特例の廃止により,暫定的な工場法―工場監督官制度の復活を経て,1946(昭和21)年,労働基準監督官制度として,労働者保護行政は,ようやく目を覚ますことになる。次いで,1947(昭和22)年4月,労働基準法が公布を見るにいたり,労働者保護行政は完全な復活をとげたのである②。

上述のように、終戦直後においては、未だ労働省は発足しておらず、労働行政の所管は厚生省であった。厚生省においては、戦前に労務動員強化のため設置されていた勤労局を廃止し、改めて1945年10月に労働行政としては労政局、勤労局の2局体制が発足して、労働条件の改善や労働者保護は労政局の所管となった。その後、政府により労働基準法案が作成されて1947年3月4日国会に提出され、同月27日に成立、4月7日に公布され、一部を除き同年9月に施行された。また同法の施行機関として、厚生省に労働基準局が、その地方支分部局として都道府県労働基準局が、1947年5月に発足した。地方における労働行政は、戦時中は都道府県警察部の所管となっており、終戦直後は都道府県内政部又は教育民生部の所管となったが、ここに労働者の保護を専門に行う国直轄の出先機関が発足したのある。

第三章、パートタイム、育児休業をめぐる女性労働行政.......................19

第一節、育児休業問題に対応する労働行政.........................20

第二節、パートタイム問題...............................25

第四章、日本における女性労働行政機関の歩み...................30

第一節、国際婦人年论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非