英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

归化异化视角下的日语猫谚语的汉译思考

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-09-11编辑:vicky点击率:191

论文字数:22122论文编号:org202209021418377028语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,笔者经过研究,得出以下结论:谚语(谚语)反映了各国的文化特性,因此译者在翻译谚语时,应该有意保留源语言中的不同文化因素,这一点非常重要。异化在这方面,具有突出的优势。

本文是一篇日本语言学论文,笔者经过研究,得出以下结论:与中国的猫的谚语(俗语)大致相同的日本的猫的谚语,一般优先异化翻译,即直译。例如“猫有九条命”、“猫有老鼠”等就是例子。众所周知,日本有关动物的谚语几乎都是从中国传来的,所以中国人一看到日语谚语,脑海中就会不由自主地浮现出它的意思。

一、序論

1.1研究背景

ことわざ(諺、英語:proverb)は鋭い風刺や教訓・知識など含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉のことである。俚諺(りげん)ともいう。豊かな文化の内包があることわざは置かれた民族の地理環境、風俗習慣、宗教信仰、歴史背景と道徳観念などとのかかわりが綿密である。無論、日本のことわざも例外ではない。日本民族特有の文化的特質はことわざや慣用句のような特殊な言語形式としてよく反映されている。アメリカの有名な言語学者エドワード・サピール(Sapir,Edward;1884~1939)が1921年に出版した著書『言語論』[1]の中で、「Culturemay be defined as what a society does and thinks.Language is a particular how ofthought.1(文化は社会が行い、考えることを解釈することができる。言語は思想の具体的な表現方法である)」と書いてある。すなわち、ある国の言語に対する研究は、その国特有のイデオロギーや文化を了解することができる。ことわざは常に言語学研究の焦点であり、ことわざの翻訳も翻訳界でホットな話題である。中国の日本語学習者はすでに日本の動物類のことわざに関する研究に注目を浴びている。その中で、日本語学習者も各種類動物のことわざについて大体の考察と研究を行った。


日本语言学论文怎么写
日本の動物類のことわざと言えば、真っ先に思い浮かぶのは猫のことわざではなかろうか。猫が好きな民族は多いが、日本人のように猫が好きな民族は数多くない。日本文化の中で、「猫」は極めて特殊な位置を占めている。今日に至るまで、日本人が猫を飼った歴史は千年余りある。このような長い時間の中で、日本民族は猫と共に生活した経験の中から創造した民族の独特な感想を表現する言葉の中、猫のことわざがその典型的である。日本語には猫に関することわざが多く、猫の生理的な外形、生活習慣、性格の特徴など様々な方面に及んでいる。その一部の猫のことわざは中国の歴史典故、伝説などに由来し、また一部は日本民族の長期的な生活経験の蓄積、民間口語、文学作品などから派生したものである。


1.2先行研究

ことわざ(諺)は人々の生活に由来する言語であるため、人々の生活との関係は非常に密接である。ことわざはある国の民俗、文化と心理を反映することができるだけではなく、社会的価値と歴史的価値を有している。「猫」は日中両国における人類と密接な関係がある動物の一つとして、日中両国のことわざによく登場している。調べたところ、同じ漢字文化圏に属する日中両国でも、猫という動物に対する認識は絶対同じではないことが明らかになる。要するに日中両国の人々は、猫という動物に対してそれぞれ異なる感情を持っていると言ってもよかろう。昔から今日に至り、日本人は猫に対して常に特殊な感情を抱い、そして猫に対する感情もことわざの中に浸透されている。日本語の猫に関することわざの中には、言語的な要素のほかにも、多くの日本文化が含まれており、典型的な日本特有のことわざと言えよう。日本における動物類のことわざの中で、「猫」は喩体(喩体は本体に対する比喩の一部である)として現れる頻度が非常に高い。中国語には猫に関することわざもあるが、その数は日本のと比べものにならない。また、中国語の猫のことわざの多くは「猫がネズミを捕る」とイメージしている。というのは中国人が考えている「猫とネズミ」の関係に基づいているからである。日本語には猫のことわざの中で猫の顔と生理的特徴に関することわざはの全部の猫のことわざの68.1%を占めている。2これは日本民族の猫に対する観察の繊細さを反映することができる。

二、日本語の猫のことわざとその分類

2.1猫のことわざ

ことわざの表現を通じ、その民族の歴史文化、風俗習慣などの情報を了解することができる。周知のように、人間は動物と密接な関係を持っており、我々は既に動物のことわざを通して、自分の感情や考えを表現することに慣れている。猫は日本民族と緊密な関係がある家畜の一つである。平安時代から、猫は日本史に正式に記録されるようになった。それで平安時代以前、すなわち中国唐の時代、経典をネズミに噛まれないように猫は遣唐使により日本に持ち帰ったと推測される。それ以来、猫は正式に日本の歴史に記載された。江戸時代までは、猫は貴族官僚たちにしか愛することのできない「宝物」だった。今日でも、日本で町を歩いていると、どこでものんびりした猫の姿を見かけることができる。

2015年10月、「ネコ経済学」という新語が日本人の日常生活の中で頻繁に登場している。これは日本の経済学者が思い出した新語で、所謂経済がいくら苦しくても、猫とその関連商品に対する大衆の情熱が永遠に高まっていることを指し、猫が日本人の心の中でかけがえのない地位があることが分かった。猫は日本人の極めて高い尊敬を受け、日本の社会ですでに独特な「猫文化」が成り立ち、しかも日本人は猫に対する独特な感情をことわざの中に溶け込んで、これも日本語の中で猫のことわざが何故そんなに多いのかの原因だろう。

良きにつけ悪しきにつけ、日本が猫ほど多くのことわざに登場する動物はない。筆者の調査によると、日本語の猫に関することわざは、『新日漢成語諺語詞典』[22](王永昇・趙倉率、2002)には32、『日漢慣用語諺語辞典』[23](陶元山、2007)には42、『日本語慣用語、諺語詳解』[24](王鋭、2011)には9語あり、筆者が使っている電子辞書には、猫に関することわざが約20、日本の『故事・俗信ことわざ大辞典』[18](小学館、1982)には猫に関することわざが54語収録されている。こうした猫と関係があることわざには、猫の生理的特徴や生活習慣に関するものが多く、中国では同じことは少ない。

2.2猫のことわざの分類

日本語の猫のことわざの中でどのような猫のイメージを形作っており、全て日本民族が日常生活の中で次第に創造したので、これらのことわざは日本民族の知恵を凝縮し、また日本民族の特色をも反映した。以下のことわざの中から、日本人は普段の生活の中で猫のイメージをよく観察してこそ、これらの生き生きとした面白いことわざを創造することができ、これも日本人の猫に対する特別な寵愛を示している。

2.2.1猫の生理的属性に関することわざ

日本では飼いペットの一つである猫の「一挙手一投足」がよく観察されている。と同時に猫好きな日本人は、猫の特徴により、猫と同じ特徴を持っているその人を指すのが好きだと知られている。

(1)猫の額

訳文:面积非常狭小、巴掌大个地方。(『日漢慣用語諺語辞典』)

(2)猫の目、猫の目のよう、猫の目のように変える

訳文:变化无常。(『日漢慣用語諺語辞典』)

三、日本語の猫のことわざの漢訳方法...................16

3.1翻訳ストラテジー..论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非