英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

吉本芭娜娜《厨房》四种译本中拟声拟态词的汉译对比探讨

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-11-17编辑:vicky点击率:58

论文字数:29566论文编号:org202211071514184530语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,本文从功能等效理论的视角,以《厨房》四译本(林少华译、张哲俊译、鲁平译、李萍译)中的拟声词译词为对象进行比较分析。从形态状况、词性状况、修饰对象这三个角度分析了“厨房”中的拟声拟态词。

本文是一篇日本语言学论文,本文从功能等效理论的视角,以《厨房》四译本(林少华译、张哲俊译、鲁平译、李萍译)中的拟声词译词为对象进行比较分析。从形态状况、词性状况、修饰对象这三个角度分析了“厨房”中的拟声拟态词。虽然本论文有不少不足之处,但由于篇幅的关系,文中的研究对象仅限于拟声拟态词,并没有从其他单词范畴或正文整体的观点对四个译本进行更全面的分析。

第1章序論

1.1研究背景

グローバル化した経済の発展とテクノロジーの進歩に伴い、異文化コミュニケーションが便利になると同時に、多国間の文化交流はますます密接になってきている。日本の文学作品が数多く国内に紹介され、中国の読者は様々なルートで日本の文学作品を読むことができる。大衆が異国文学を楽しめるようにする一つの鍵は翻訳である。文学の交流と普及の重要な一環として、訳本の質はしばしば作品の生命力を左右し、外国人読者が作品に対する認識にも影響を与えている。市販されている訳本の質はまちまちである。どのような訳本がより原作を再現できるのか、どのような訳本が読者に与える言語ギャップを最小化できるのか。これらの問題を探るために、訳本の比較研究がだんだん人びとに注目されてきている。

日本语言学论文怎么写

吉本ばななは、村上春樹と並ぶ1990年代の日本文学を代表する女性作家として、日本の国内外でも有名である。短編集『キッチン』の作風は繊細で、強い通俗性を持っている。短い文章の中に、多くのオノマトペが文章に彩りを添え、描写をより生き生きと具体的にしている。中国大陸に四つの訳本があり、各訳本は同じオノマトペに対する翻訳は常に異なる。これらの違いは訳文の意味を変えるだけでなく、訳文の風格まで影響している。原作に忠実な訳本を実現するために、これらのオノマトペをいかに扱うことは研究すべき課題であろう。そのため、本研究では機能等価理論に基づき、「キッチン」に出るオノマトペの訳語を狙い、先行研究を踏まえた上で、四つの訳本の翻訳状況を対照して考察する。このような訳本の比較は、それぞれの訳本の翻訳状況や風格を了解することに役立つほかに、オノマトペを翻訳する際の注意すべき点も考察できる。今後このような文学作品をよりよく翻訳するためのヒントになれると思う。

1.2先行研究

短編小説「キッチン」は吉本ばななの代表作として、その続編「満月」と処女作「月影」と一緒に短編集『キッチン』に収載された。この本は日本の国内外でもベストセラーとなり、作品も映画化され、若者たちに愛読された。その人気さを形容するために、「バナナ現象」という言葉さえ生まれた。吉本ばななとその文学作品、特に「キッチン」が注目されるようになり、その関連研究も多くなってきた。

1.2.1中国における先行研究

中国において、吉本ばななの「キッチン」をめぐる研究の多くは、小説の独特な叙述体系と女性意識といった小説の文学的側面に焦点をあてている。中国知網(CNKI、ある中国学術情報データベース)で「《厨房》吉本芭娜娜」をテーマに検索してみると、学術論文の多くは「死亡テーマ」「癒し」など「キッチン」の作品要素やその文学観に集中していることがわかる。訳本の比較に関する論文のうち、余幕英(2013)は「信・達・雅」原則を用いて「キッチン」の張哲俊訳と李萍訳を比較分析し、李萍訳が張哲俊訳の誤訳を正しただけでなく、より原作に近い風格で、張訳より優れていると指摘した。一方、趙雁風・宋暁凱(2015)は、林少華訳と李萍訳の一部の翻訳について、ニューマークの意味重視の翻訳とコミュニケーション重視の翻訳という視点から比較分析し、意味重視の翻訳とコミュニケーション重視の翻訳は互いに補い合うべきという結論が導き出された。一方、李雪(2015)は、四訳のうち、受容化翻訳と異質化翻訳方略を取って一部の訳文を区別し、語彙、文法、文化背景の側面から分析し、李雪(2015)は「林少華と張哲俊の訳本は、受容化翻訳方略に偏向した。台湾の呉継文訳本は主に異質化翻訳方略を採用した。時間にもっとも近い1訳本の李萍訳本はいくつかの誤訳を訂正し、受容化翻訳と異質化翻訳のバランスをよく取った。」と主張している。戚夢静(2020)は、四訳のうち、擬音語、比喩表現、慣用句を異文化伝達の観点から分析し、翻訳者がどのような手段で文化言語の違いを乗り越え、異文化を伝達したのかを考察している。

第2章ナイダと機能的等価理論について

2.1ユージン・ナイダと「機能的等価理論」

「機能的等価理論」はナイダによって打ち出される翻訳理論である。

ユージン・ナイダ(Eugene Nida)は西洋の構造主義言語学界の代表的な言語学者として、彼が機能等価理論を発展させてきて、現代の翻訳研究分野の基礎を築いた欠かせない学者の一人と言える。ナイダ本人は敬虔なキリスト信者であるため、自分で聖書を翻訳したことはなかったけれども、世界各地でいろいろな言語に対する聖書の翻訳に関わった。しかも聖書に対する翻訳の分析に基づき、翻訳理論に関する注目された貢献――動的等価性(後は機能的等価性と呼ぶ)を提出した。

1964年にナイダが撰する重要な翻訳理論専門書『Toward a Science ofTranslating(翻訳学序説)』は出版し、これはナイダの翻訳理論が発展する過程において、重要な一里塚と言っても過言ではない。この本では提起した翻訳者へ求められる翻訳の要請また優れた翻訳の定義についてユージン・ナイダ(1972:234)は「(1)『彼は原作の語を主題及び文体の上から理解しなければならない。』(2)『彼は二つの言語構造間の相違を克服しなければならない。』(3)『彼はその翻訳で原作の文体上の構造を再現しなければならない。』」と述べた。つまり、優れた翻訳は「原作に使われた言語で果たしたのと同じ目的を、新しい言語で果たすもの」(同上、236)ということである。

この本においてもまた「形式的等価(FーE

2.2本稿における「機能的等価理論」の応用

機能的等価理論によると、翻訳は色々な要因によって左右されている。それについて、ナイダは翻訳の効果を左右する要因は三つあると分析した。

まずは、伝達文(メッセージ)の性格である。原文のメッセージは主にその内容もしくは形式を如何に考慮するか、どれを第一要件と視するかによって異なる。違った伝達文の第一要件も不同である。例えば、山上の垂訓は形式より内容の重要性への配慮をはるかに上回ったが、詩歌では形式を第一要件と視する。もちろん、前述したように、どのような伝達文も、その内容论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非