英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

外语学习焦虑与自我调节策略探讨——以日语专业大学生为例-

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-04-10编辑:vicky点击率:181

论文字数:33263论文编号:org202204070947442853语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本留学论文

摘要:本文是一篇日本留学论文,本研究对学习者的日语学习不安的实际情况和自我调整方略的使用倾向进行了调查,研究了自我调整方略的使用倾向是否因日语学习不安程度而不同,以及学习不安程度和自我调整方略的使用倾向与学习成绩之间的关联性。根据自我调整方略的使用倾向和学习成绩的相关分析的结果,回避方略、再评价方略以及行动方略分别明确了与学习成绩的关联关系,但其他的4方略和学习成绩之间没有相关性。

本文是一篇日本留学论文,本研究根据自我调整方略的使用倾向和学习成绩的相关分析的结果,回避方略、再评价方略以及行动方略分别明确了与学习成绩的关联关系,但其他的4方略和学习成绩之间没有相关性。

第 1 章 はじめに


1.1 研究背景

1960 年代、ヒューマニズム心理学の出現と発展に伴い、言語教育における感情的な問題がますます重視されてきた(項,2003:23)。学習者の外国語習得に影響を与える重要な感情的要因として 1970 年代から国内外において徐々に注目されてきたのが、外国語学習不安である(元田,1999:45)。

外国語学習が不安が高まりやすい学習であるという認識は、従来より持たれてきた(八島,2019)。外国語学習者は、いい成績が取れるかどうかというような普通の科目と同じ心配を持っているほか、人前で恥をかくことや、発音の悪さやうまく伝達できないことに不安をよく感じると言われている。MacIntyre(2002)も、外国語学習者はしばしば緊張し、不安や恐怖、緊張、怒りなどの否定的な感情は学習者の最良な学習能力を損なわせ、外国語学習者の学習能力を大きく低下させると指摘している。

日本語を専攻とする大学生の多くは学習歴が短く、そして中国語の構造が日本語とは異なることも彼らの日本語学習に支障をもたらしている。これに加え、ロシア語、ドイツ語、フランス語などを専攻とする卒業生と比べ、日本語専攻の卒業生の就職率がより低いなどの要因(李,2020)が彼らの日本語学習不安を増加させる可能性があると考えられる。また、陳・張・呉(2018)が中国のある大学の日本語学習者を対象に行った調査から、日本語学習者の日本語学習不安と日本語成績の間に高い負の相関が見られ(r=-.536)、さらに、彼らの日本語学習に対する不安の程度は従来の他のサンプルよりも高いということが明らかになっている。この結果から、日本語学習不安が日本語学習者の学習過程に普遍的に存在し、学習者の日本語習得に大きな影響を与えていると言えるであろう。


1.2 研究目的

本研究では、外国語として日本語を専攻とする中国国内の大学生を対象に、日本語学習不安の程度および自己調整方略の実態を調査する。そして、学習者の自己調整方略の使用傾向が日本語学習不安程度によって異なるかどうか、および、学習者の日本語学習不安と自己調整方略が学習成績との間にどのような関係を持つかについて明らかにすることを目的としている。

教師の視点からみると、本研究の成果により、学習者の学習不安とそれに応じた自己調整方略の使用について知れば、教師は学習者の不安と感情のニーズに対応するより具体的な教育方略を制定し、より効果的に学習者の不安を軽減することができる。学習者の視点からみると、学習者に外国語学習不安が自分に与えている影響を意識させ、有効な自己調整方略を提供し、学習者の学習効果を高めるようにするところに、本研究の意義がある。


第 2 章 先行研


2.1 外国語学習不安に関する研究

潘菽(2003)は、ヒューマニズム心理学は、既定目標を達成するために、教育は認知的側面と感情的側面を統合しなければならないと指摘している。本章では、まず、学習者の外国語習得に影響を与える重要な情意的要因である外国語学習不安の定義および測定尺度、学習者の成績に与える影響について先行研究の成果をまとめる。さらに、外国語学習不安の軽減に関する研究を概観する。

2.1.1 外国語学習不安の定義と測定尺度

Alpert & Haber(1960)は、学習不安の種類を抑制的不安と促進的不安に分けている。「抑制的不安」とは、課題遂行や言語運用に弊害となる不安のことである。一方、「促進的不安」とは、良い結果を生むような、適度の不安や緊張感を指す。

こうした言語学習に伴う不安については、様々な定義が行われてきた。Horwitz et al.(1986)は、外国語学習不安を「コミュニケーション不安」「否定的な評価に対する不安」「テスト不安」の三つの不安要素からなるものと捉え、「言語学習過程の独自性から生じる、教室での言語学習に関係した自己認識、信念、感情、行動の明白な複合体」と定義している。また、八島(1994)は、第二言語使用や学習に焦点を当て、言語不安を「話者が最も自由に操れる言語でないことば、多くの場合習得の途上にあることばを使う時に感じたり、学習する時に経験する不安」と定義している。さらに、王・万(2001)は、心理学の視点から、外国語学習不安を「個人が目標を到達できなかったり、または障害の不安を克服できなかったり、彼らの自尊心や自信からくる挫折、失敗や後ろめたさを増加させ、緊張からなる不安感や恐怖感からの感情状態」と定義している。

このように国内外の研究者が様々な角度から「外国語学習不安」を定義したが、本研究の対象である日本語専攻の大学生にとって、外国語学習不安は外国語学習過程で生じたものであり、他者とのコミュニケーション、他者による評価、また、テストの成績といった教室における学習に深く関わっている。そのため、本研究では、言語学習過程の独自性および教室での言語学習に言及した Horwitz et al.(1986)の定義を採用する。


2.2 自己調整方略に関する研究

黄・郭(2001)は、感情の調整には、ポジティブおよびネガティブな感情の調整が含まれる。すなわち、幸福、興味、悲しみ、憤怒、恐怖、抑うつ、不安など様々な感情を調整することであるが、中でも第一に調整される感情は人を苦しめるネガティブな感情であり、特に、極端な抑鬱や高度の不安などは感情障害であり、臨床的に治療する必要があると指摘している。

本節では、まず、先行研究におけるいくつかの感情調整方略の定義を紹介し、それをもとに本研究における「自己調整方略」の定義を行う。次に、大学生がネガティブな感情を調整する時に用いる感情調整方略に焦点を当てて先行研究の成果を概観し、最後に、外国語学習不安という特定のネガティブな感情に対する自己調整方略に関する研究についてまとめる。

2.2.1 感情調整方略と自己調整方略の定義

山口他(2015)は、感情調整とは、特定の状況に応じて感情を制御、調整する能力であり、外的環境やその時々の状況に応じて振る舞うなど、社会適応に対して重要な役割を担っていると述べている。感情調整に関する研究の一般的な枠組みを提供するうえで、最も大きな影響を与えたのは Gross(2002)による感情調整のプロセスモデル(A process modelof emotion regulation:以下プロセスモデルとする)と、そのモデルに基づく一連の研究である。

プロセスモデルは、感情生起過程のどの段階においても、感情調整が行われると想定している。吉津・関口・雨宮(2013)は、感情が生起する前の段階における調整は先行焦点型感情調整(antecedent-focused emotion regulation)、感情が生起した後の段階における調整は反応焦点型感情調整(response-focused emotion regulation)と呼ばれている。感情調整のために人が採用するのが、感情調整方略で论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非