英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

《工作与家庭》(节选) 翻译实践报告

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2022-11-16编辑:vicky点击率:33

论文字数:39566论文编号:org202211071509121851语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日文翻译论文

摘要:本文是一篇日文翻译论文,本文以关联性翻译理论为基础,以更好的译文为目标,遵循动态推理原则,采用直接翻译和间接翻译的方法翻译《工作与家庭》这一社会学语境。

本文是一篇日文翻译论文,本文从原文的语法、含义、语用等推测原作者想要传达的意图,通过直接翻译和间接翻译的翻译策略,努力更准确地传达原文信息,达到最佳关联性,使原作者的意图与译文读者的期望一致。另外,为了通过翻译将原文的信息最大程度地传递给读者,译者必须考虑译文读者与作者在认知环境和语境上的不同之处。

第一章 翻訳概

一、翻訳任務

(一)翻訳テクスト

今回の翻訳実践報告は、筒井淳也の『仕事と家族』の翻訳に基づいて作成した報告である。なお、本報告で扱うテクストは、2017年6月に中公新書から刊行された第4版である。著者である筒井は、立命館大学産業社会学部教授であり、専門が家族社会学、計量社会学である。他の著書に『制度と再帰性の社会学』[1]、『親密性の社会学』[2]、『結婚と家族のこれから』[3]などがある。今回の翻訳実践報告のテクストとして取り上げた『仕事と家族』は第6回日本不動産協会賞を受賞しているものである。

日文翻译论文怎么写

筒井淳也の『仕事と家族』は、社会学の著書であり、明晰かつ簡潔な文体で書かれている。著者は未婚化や少子化などの日本社会問題に対して、二つの軸で比較を行った。つまり、欧米諸国との比較、また工業化以来の日本との比較を通じて、これからの日本社会に対して、性別分業を克服し、「共働き社会」を目指さねばならないと主張している。また「共働き社会」を実現するには、「分厚い社会保障のもとでの福祉社会でもなければ、徹底した規制緩和のもとでの競争社会でもない。目標として据えるべきは、労働力と出生力の維持・拡大である。社会保障はこれらの結果可能となるものだし、規制緩和もそれが労働力と出生力を低下させるようであれば抑制されなければならない」[4]と、明確に指摘している。ところが、社会格差が開きつつある今の日本に対して、著者は「社会全体の経済力の余裕がないと、格差を縮めるための富の再分配もままならないということを肝に銘じるべきだ」と政府に強く主張している[5]。具体的な提案として、より多くの人々に有償労働の機会を与え、そうすれば市場が活発になり、政府の税収も増えるため、より充実した社会保障制度を導入できるのである。さらに言えば、長時間労働が常態化した日本社会では、仕事の世界では男性優位になりがちのような制度設計を修正しないと、性別分業、社会格差、社会的分断を克服しにくくなる。その一方、社会的分断からくる対立は、税や社会保険の負担を一定程度担うことができる所得をともなった仕事が社会の様々なグループに配分されることで、はじめて緩和される。

二、翻訳プロセス

(一)翻訳前の準備

翻訳前には、翻訳テクストと翻訳理論の選択、参考文献の閲読と整理など準備作業がある。

翻訳テクストの選択に関して、筆者は指導教員の研究分野と自らの興味を結びつけ、最終的に『仕事と家族』という社会学テクストを選んだ。一般的に、社会科学テクストの目的は、読者に社会現象と情報を伝えることである。正確で分かりやすい情報を伝えることができるため、翻訳者は関連情報に対する読者の認知度を考慮しなければならない。

関連性翻訳理論そのものは、きわめて強い説明力を持っている。関連性翻訳理論は既存の様々な翻訳理論や、一見矛盾しているように見える翻訳現象を説明できるとグット(Gutt Ernst-August)はそう考えている[6]。関連性翻訳理論は、認知の観点から、訳文の文脈効果と読者の推論努力を強調し、社会科学のテクストを基に作成する翻訳実践に対して重要な指導作用があると考えられる。そこで、筆者は関連性翻訳理論を選んで、今回の翻訳実践報告の指導理論として、翻訳を指導している。

参考文献については、『仕事と家族』は社会学テクストので、社会学についての専門用語が非常に多い。翻訳を始める前に、筆者が就職と家庭に関する文献を整理し、社会学の基本的な概念を把握させた。そこで、文章の基調を了解した上で、正式に翻訳作業をする。

第二章 関連性翻訳理論とテクスト分析

一、関連性翻訳理論の概要

関連性理論の誕生はフランスのスペルベル(Dan Sperber)とイギリスのウイルソン(Deirdre Wilson)の共著『関連性理論:伝達と認識』(Relevance: Communication and Cognition)[7]の出版に遡ることができる。関連性理論は認知語用論の基礎である[8]。そして、関連性理論は言語哲学、認知心理学、交際学など多分野の観点から言語交際を説明しており、また認知と語用研究を組み合わせ、語用学の研究の焦点を言語の生み出すことから言語への理解に変動することである。関連性理論は言語の交際が認知―推論の過程であることを示し、言語への理解は認知活動の一つであると指摘してある。『関連性理論:伝達と認識』という本の中で、関連性の認知原則(Cognitive Principle of Relevance)と関連性の伝達原則(Communicative Principle of Relevance)が提唱された。関連性の認知原則とは、人間の認知は、関連性の最大化と連動するように働く傾向があることである。関連性の伝達原則とは、すべての意図明示的伝達行為は、それ自体の最適な関連性の見込みを伝達することである。

ウィルソン(Deirdre Wilson)の学生グット(Gutt)は、関連性理論を踏まえて翻訳活動を研究し、1991年に『翻訳と関連性: 認識と文脈』(Translation and Relevance: Cognition and Context)[9]を出版した。その中で、グット(Gutt)が関連性翻訳理論を初めて提案した。

関連性翻訳理論によれば、翻訳とは、認識-推論の活動、つまり脳のメカニズムに関わる交際行為である[10]。この交際行為には、二つの明示―推論の過程があるとされる。一つは、原文の作者は自らの交際意図を訳者に明示し、訳者は原文の情報、論理、そして自身が把握した知識に基づいて、読者として原文から認知を獲得し、最適な関連性を獲得する過程である。もう一つは、訳者が交際者として読者に原文作者の明示と交際意図を伝える過程である。

二、テクストへの運用

関連性理論が提唱されて以来、それについての理論著書や教科書が相次いで出版されてきた。また、関連性理論は強い説明力があるため、多くの研究者の注目を浴び、各分野で広く応用されている。

近年、関連性翻訳理論を翻訳実務に応用する研究をしている研究者がたくさんいる。胡静芳(2012)は字幕翻訳に対する関連性理論の明示と指導を検討し、字幕翻訳は最適な文脈を構築することを目標とし、関連性翻訳理論の指導で翻訳した字幕は、観客に最小の処理労力でストーリーの内包を完全に理解させることができると提案した[23]。袁夢晩(2013)は化粧品商標の翻訳に対する関連性翻訳理論の指導作用を分析した。関連性翻訳理論の観点から、関連を達成する方法には音声関連、意味関連、文字関連、文化関連の四種類があり、これも商標名称変更の根拠であると指摘した[24]。郭坤栄、史夢嬌 (2016)は茶企業紹介の翻訳における関連性翻訳理論の実用性を分析し、関連性翻訳理論の翻訳実践における運用範囲をさらに拡大した[25]。

現在、中国の関連性翻訳理論の研究は多くの課題に関連している。例えば、教育、ニュース、科学技術、文学、文化、宗教文献、広告、ユーモア、演劇、通訳、隠喩、相互文性、一貫性、習語、翻訳性などがあ论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非