英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

樋口一葉の作品における女性像探讨——『十三夜』を中心に-

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-05-29编辑:vicky点击率:115

论文字数:25222论文编号:org202205252240598317语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日语毕业论文

摘要:本文是一篇日语毕业论文,樋口一叶是明治时代生活的女性作家。当时是家制度和贤妻良母主义存在的时代。众所周知,她的小说的主人公几乎都是女性。特别是全盛期的后半期,与以人妻为主人公、以一个女儿为主人公的前期作品不同。通过对《十三夜》中描写的关的女性形象的分析,向人们传达了不像江户时代那样心中,一边反抗一边最终接受的女性形象。也就是说,受到家制度和贤妻良母主义的重大损害,个体不能得到充分发展

本文是一篇日语毕业论文,本稿是在一叶的《十三夜》中集中探讨主人公关的女性形象,几乎没有涉及作品中登场的其他人物。另外,在本文的写作中,笔者缺乏古典语法的知识,因此对原作的理解和论点的展开有很多不足的地方。今后,我想在补充这一点的同时,从各种各样的视点研究樋口一叶的文学作品。
第一章 序論

1.1 研究対象と研究目的

樋口一葉は、日本近代文学を代表する優れた女性作家として、明治文壇の紫式部と呼ばれている。樋口一葉は、明治 27 年 12 月に『大つごもり』の発表から 29 年 1 月『裏紫』の発表まで、「奇跡の十四ヶ月」1と呼ばれる。この期間に、『大つごもり』『にごりえ』『十三夜』『わかれ道』『この子』『裏紫』『たけくらべ』など、数々の秀作を世に送り出した。同時代においてもすでに文学の巨匠森鷗外などから高く評価を受け、日本近代文学初の女性職業作家2の地位を確立した。樋口一葉は 24 歳の若さで短命に不運な生涯を終えているが、短い彼女の文学生涯に反して残した文学的な業績は大きいものである。樋口一葉がこの世を去って一世紀以上も立っているが、彼女が残した作品は 21世紀の今も私たちの胸に儚い哀れさと美しさを残してくれている。その文学的な業績で、樋口一葉の肖像画が日本の五千円札に入っている。

樋口一葉の残された 22 篇の作品の中は、主人公のほとんどが女性ということは、周知のとおりである。彼女の作品の中の女性たちを考察すると、『闇桜』や『たけくらべ』『うつせみ』のような少女を扱った物語だけではなく、『にごりえ』のような酌婦を登場させたもののほか、『十三夜』では玉の輿結婚に失敗する人妻、『われから』では政治家の婿を迎えた家付きの妻でありながら夫と別かれたがる女性も書かれた。笹淵友一は、「一葉の作品はすべて封建的制約を多分に受ける女性の悲劇でないものはないが、でも、最もその印象の強いのが『十三夜』である。」3と評価がする。本稿は樋口一葉代表的な作品である『十三夜』をメインの研究テクストとして、作品の女性主人公であるお関の女性像を探ることを目的とする。

1.2 先行研究に対する検討

樋口一葉の生涯は短かったが、彼女の文学作品は彼女の短い命を継続させた。一世紀余りの間、多くの学者が様々な視点から樋口一葉とその作品について研究を行っている。中日のオンラインデータベースサイト4も利用して幅広い先行研究資料や研究テクストを集めた。手元に集めている樋口一葉の文学に関する先行研究をまとめると、以下のようである。

一葉没後、彼女研究の基礎資料ともいうべき同時代および関係者の回想を収録した野口碩注『全集樋口一葉別巻一葉伝説』(1996)が刊行された。この本は樋口一葉生前に一葉に交渉のあった人物が語る証言によって、一葉その文学がどのように受容されたかを鮮明するための貴重な資料集である。そのほか、山田有策の『樋口一葉事典』(1996)や現代作家による一葉作品の現代語訳試み企画として『現代語訳樋口一葉』全五巻(1996-1997)も刊行された。また、菅聡子「女性作<国民>の交差すところ―一葉日記を読む」(2003)の中で、国民国家論の観点から日記や和歌が果たした意味を再検証した。さらに、和田芳恵は『一葉の日記』(1956)の中で、女性として作家としての一葉の生涯と文学を追求し、作家一葉の人間と生活、その心情についての優れた洞察が示されていた。伝記性が強くて、晩年の一葉が、どのような小説世界を築こうとしていたかを知れば、女性の解放を目指していたのだということになろうという一葉観を呈示されていた。しかも、一葉は近代日本の女性解放運動の夜明けの仕事をしたことになっていると指摘していた。

第二章 樋口一葉の生い立ちと文学

2.1 樋口一葉の生い立

ち樋口一葉は明治 5 年(1872)3 月 25 日生まれ、明治 29 年(1896)11 月 23日満 24 歳 8 ヵ月という短い生涯を閉じた不運な女子作家である。ゆえに、樋口一葉は明治時代に生まれ、明治時代に亡くなった女性になる。一葉を考察するには、彼女が生きていた明治時代を了解することは真っ先のことであると考えられる。

樋口一葉が生存していた時代の社会現象の主な事柄を列挙してみると下記のとおりである。

日语毕业论文参考

上記の表に書かれている事柄から分かるように明治政府は、近代国家を確立するためのさまざまな施策をとり、強力な中央集権的な官僚制度がしかれるにいたっている。

2.2 樋口一葉の文学

上記でも述べてきたように、樋口一葉は家庭内の経済的な困難を乗り越えるために商売に励む傍ら、文学も収入を得る手段として考えていた。家庭内の経済的な経緯で樋口一葉は抱えた借金返済のために、金策に走る必要があった。萩の舎で小説を書き始めていた樋口一葉は、同じ萩の舎で妹弟子の田辺花圃が『藪の鷲』にて原稿料 33 円 20 銭12を得た事実を知り、家計を支えるため小説で生計を立てることを決意する。すなわち、樋口一葉が小説家になろうと思った直接な理由はお金の為だったのである。

さて、小説で生計を立てようとした樋口一葉はその手始めに師匠を探すことになる。1891 年 4 月 15 日、樋口一葉は東京朝日新聞の小説記者である半井桃水13に弟子入りするために訪問し、桃水はこれを快諾する。図書館での独学や半井桃水の指導の元、小説の勉強を続けた樋口一葉は 1892 年 3 月 27 日、雑誌-「武蔵野」に処女小説である『闇桜』を発表する。その後、『別れ霜』や「たま襷」を立て続けに発表し順調に小説家としての道を歩み始めた樋口一葉であるが、師匠である半井桃水と弟子の樋口一葉は恋仲になってしまう。当時 31歳の桃水は妻と死別した独身であり、弟や妹そして妹の友人の鶴田たみ子を同居させるほど面倒見が良い人物であった。両親や兄の死、そして許婚者であった渋谷三郎の裏切りがあり、そこにハンサムな桃水に出会ったので、恋に落ちるのも無理はない話であった。しかし中井桃水と樋口一葉の噂は萩の舎に広がり、周りからも絶縁を勧められたこともあり、1892 年 6 月 22 日、20 歳の樋口一葉は半井桃水としばらく交際を断つ旨を伝える。

日语毕业论文怎么写

第三章 『十三夜』における斎藤家娘としてのお関......................... 14

3.1 斎藤家の娘としての「お関」の女性像.................................. 15

3.2 亥之助の姉としての「お関」の女性像.................................. 20

第四章 『十三夜』における原田家の嫁としてのお関........................... 25

4.1 原田勇の妻としての「お関」の女性像........................ 26

4.2 太郎の母としての「お関」の女性像...................... 29

第五章 結論......................................34

第四章 『十论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非