英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日语中形容动词的语法意义结构分析

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:作业 Assignment登出时间:2013-05-15编辑:hynh1021点击率:3398

论文字数:12300论文编号:org201305151122239761语种:日语论文 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:必须格成分句法结构语义结构

摘要:在本文中,结合价语法理论为基础,“日语能力考试1级和2级词汇第3版》上登载的2价值形容动词的语法意义结构记述研究的目的。特别是,把两价形容动词谓语,有什么样的格模式呢,语法意义方面的构造全面考察的目标。

1. 序言


1.1 結合価文法理論について

西洋における結合価文法理論の研究結合価文法は旧東西両ドイツにおいて受け継がれ、へルビヒ、シェンケルによれば、結合価の考えはマイナー(1781)、ヘイゼ(1908)、ベハーゲル(1924)などにその萌芽が見られる。しかし、さらに重要だと思われるのは、ビューラー(1934年)の統合関係についての次のような認識であろう。氏は「特定の品詞に属する語は自己の周囲に一個ないしは数個の空位を設け、それは一定のはかの品詞に属する語によって満ちだされなけばならない。」と言っている。それからほぼ二十年後、この考え方に示されているものを文法理論として定着されたのはフランスのテニエール1だと思われる。当時に、この文法理論は依存文法理論と呼ばれる。結合価文法理論は依存文法理論から発展して来たのが一般の説である。テニエールは依存文法の立場で、実際の発話に見られる直線的な秩序を構造的な秩序に作り変え、現象の背後に隠れたより深い構造的な現実を探り出そうとした。現在に用いられる結合価の概念で文の統合構造を捉えようと試みた。彼は最初に結合価文法で動詞を中心に、文を形成する場合、いかなる基本的な内部構造を取るかを記述した。http://www.51lunwen.org/japanesepapers/   一つの動詞がいくつの共起成分を従属者として取るかということを、テニエールは「結合価」と呼ぶ。それゆえ、「結合価」という言葉を使ったのはテニエールが最初であると言われる。現代の言語学は、ドイツ語、ロシヤ語、英語、漢語及び日本語等を研究する際、結合価文法を利用する例が数多い。 日本における結合価文法理論の研究石綿敏雄(1983)の「結合価文法の理論的背景」によると、「日本では、結合価文法は佐久間鼎の紹介が早い。(p105)」と言われる。その後、石綿敏雄、荻野孝野、仁田義雄、小泉保らによって、欧米の言語の観察から発達してきた結合価文法の考え方を日本に紹介し、日本語に適用しようと試みた。その研究は、動詞に限らず、形容詞、形容動詞ないし名詞の結合能力を着眼している学者も多い。                            


  1.2 形容動詞について

形容動詞は動詞·形容詞とともに用言に属する。自立語で活用があり、事物の性質·状態·感情を表し、言い切りの形が「だ」で終わる。意味的には形容詞、形態的には名詞という共通の性質を持っているので「名容詞」と名付けられる。連体形は「~な」だから、「ナ形容詞」とも呼ばれる。形容動詞の認定には異論が多く、その意味では安定しない品詞だと思われる。日本の国文法が「形容動詞」と命名した。学校文法では「形容詞」と「形容動詞」を区別して記述している。それゆえ、本稿では、筆者は「ナ形容詞」と「名容詞」などの読み方を「形容動詞」に譲って、「形容動詞」という読み方を採用する。


1.3 主語·述語·補語について

工藤浩·小林賢次·仁田義雄ら(1993)「日本語要説」によると、「主語とは、述語の表す動き、状態、関係を実現、完成させるために要求される成分の一つ、上述のような述語の表す広義の属性を担い、体現する主体を表し、通達の機能を果たしている文が何をめぐって通達をしているのかを表す部分である。(p26)」そのつぎに、「述語は、文(および節)の中核成分で、第一次的な支配要素である。他の諸成分は、述語に依存、従属していく成分である。述語は、述語を形成する品詞のタイプによって、動詞述語、形容詞述語、名詞述語に分かれる。述語は、動きや状態や関係といった語彙的意味を担い、自らに依存、従属してくる成分をまとめ上げ、文(節)を構成する。(p26)」さらに、「補語とは、述語の表す動き、状態、関係の実現、完成のために要求される主語以外の成分である。補語は、述語の表す動き、状態、関係に対して、事柄的意味のレベルにおいて、一定の関係を取り結びながら結びついていく。この述語に対する事柄的な関係のあり方の類型を<格>と呼ぶ(補語だけでなく、主語の<主体>といった事柄的関係のあり方も格)。どのような格を帯びた補語が要求されるかは、述語の表す語彙的意味の類的あり方によって、あらかじめ定まっている。(p27-28)」と言う論述が一般的だと思う。


1.4 格と格助詞

「田中さんが自転車で学校へ行く。」と言う例文では、「田中さん」、「自転車」、「学校」という名詞の後に付く「ガ」、「ニ」、「ヘ」が格助詞と呼ばれる。名詞と相応の格助詞を結び付いて動詞述語·形容詞述語·形容動詞述語と一定の構文構造を形成する。文法カテゴリーで、このような構文構造が「格」と呼ばれる。小矢野哲夫(1985)の『形容詞のとる格』によると、「名詞と形容動詞との組合せを格助詞の相違という形式でまとめると、「ガ格、ヲ格、ニ格、ト格、デ格、カラ格、マデ格、ヨリ格」の八種類がある(p21)」。現代日本語文法では、文法的に分けると、格は「ガ格」「·ヲ格」「·ニ格」「·へ格」「·ト格」「·デ格」「·ヨリ格」·「カラ格」「·マデ格」「·ノ格」の十種類となる。本稿では、現代日本語文法によって、十種類の格を採用する。その他、「について」、「によって」などのような複合詞が名詞或いは名詞句と述語との構文構造も表示できるので、このような格助詞の機能がおこられる複合詞が複合格助詞と呼ばれる。本稿では、2価形容動詞の構文と意味構造を分析する時、複合格助詞の場合にも及ぶ予定である。


1.5 格成分についてここで、

格成分について簡単に述べておこう。格は典型的には名詞と動詞との組合せの中に認められる意味論的かつ統語論的な結びつきである。形式的には「名詞+格助詞+動詞」として記述される。格はまた、名詞と形容動詞との組合せの間にも認められる。形容動詞によって自らの共起関係をあらかじめ指定された名詞句を、本稿では、格成分を呼ぶ。格成分は述語(本稿では、形容動詞述語のことを指す)と共起する構文成分である。村木新次郎によって、この構文成分は必須成文と任意成分に分かれ、このうち結合価の対象になるのは「必須格成分」1と「任意格成分」がある。必須格成分は文脈などによって削除されない格成分である。必須格成分は強い強制性を持って、構文中には述語と終始に共起する格成分である。「私は貧乏が嫌いである。」という例を見て、必須格成分を説明しよう。「嫌いだ」という形容動詞述語は、「人」を必要とするから、「私」という行為項を削除されない。また、「対象」を必要とするから、「貧乏」などはもう一つの行為項をも削除されない。言い換えれば、この形容動詞文において、「私は」と「貧乏が」は文には不可欠な格である。こられの格が主格、目的格(或いは対称格)を明確したので、「ガ」格、「ヲ」格、「ニ」格などのような削除されない格成分は構文に必須格成分と呼ばれる。必須格成分の確定について、仁田義雄(1993)は四つの手段を挙げた。 「(1)主題化2(2)連体修飾節の主要語化1(3)分裂文の焦点部化2(4)付加·削除の制約3」である。それに対して、文脈などによって削除しても文の意味としては成り立つ格成分は任意格成分である。任意格成分は、形容動詞にわたって共起可能があり、形容動詞による選択的な共起指定を受けていない、従属性の弱い格成分である。石綿敏雄(1983)の「結合価から見た日本文法」により、ドイツ語のような欧米の言語では、一般に既知の要素でも代名詞などに置き換える必須成分を残すのに対して、日本語论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

       Europe (24-hours)
       EN:13917206902
       china (24-hours)
       CN:13917206902
    
    在线客服团队
        全天候24小时在线客服
          QQ:949925041 
      

    微信公众订阅号