英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本历史论文范文:和泉式部と橘道貞の婚姻の破綻

论文作者:英语论文论文属性:职称论文 Scholarship Papers登出时间:2012-03-23编辑:lena ding点击率:6234

论文字数:1737论文编号:org201203231045557686语种:日语 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:和泉式部橘道貞為尊親王

摘要:平安時代の有名な歌人として和泉式部は夫橘道貞と離婚して、当時の第三皇子為尊親王を熱愛した。世の中に和泉式部は遊女として喧伝されていた。しかし、和泉式部と橘道貞の離婚は和泉式部一人だけの原因ではなく、二人が責任がある。

和泉式部と橘道貞の婚姻の破綻

 

キーワード:和泉式部、橘道貞、為尊親王、恋

 

要  旨:平安時代の有名な歌人として和泉式部は夫橘道貞と離婚して、当時の第三皇子為尊親王を熱愛した。世の中に和泉式部は遊女として喧伝されていた。しかし、和泉式部と橘道貞の離婚は和泉式部一人だけの原因ではなく、二人が責任がある。

 

代々儒家として世に知られてきた家柄に生をうけた和泉式部が、のちに長じて王朝の三人の才女の一人として、ゆるぎない位置を占めたということは、決して意外なことではなかった。父は大江雅致である。
 和泉式部は儒家の娘として、父雅致から和歌を学び、習字の手ほどきをうけ、教養深い子女として成長した。他の女流歌人とは比べようもない、よい環境の中に育っていったと言えよう。
 和泉式部の結婚は二十六歳とも言われる。父の大江雅致の友人であった橘道貞と結ばれた和泉式部は、生涯歌人として名を記す“和泉”を夫からもらう。
 和泉式部と為尊親王の恋のために、橘道貞との婚姻は破綻しまったといわれる。しかし、私は離婚の原因がそういう簡単な条件だと思ってはいない。人々の認識に反して、恋に自由だと見られた平安期では、本来の多情な和泉式部には愛情と詩歌が彼女の生活の全部である。
 橘道貞との婚姻の中には、身分と位置だけではないと思っている。橘道貞との結婚当時はいたく平和であり、小式部ないしを生んだ。あるときは夫道貞に従って任地に着き、「黒髪の乱れも知らずうち伏せばまづ掻き遣りし人ぞ恋しき」のような、道貞への思慕のみずみずしい作品をも残している。お互いに任地を往復しあったときのものであろう。「あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの あふこともがな」のような詩句によって、和泉は死んでところにもう一度道貞におあいしたがることを表現している。
 しかし、橘道貞はしげしげ往復してあれ、別居の夫婦の感情を支えにくいことだろう。和泉式部の心の隙にはまりこむべき空白地があったのではなかったか。実は、太皇太后宮が病弱であったとき、橘道貞は、自分の邸を提供して、療養の機会を与えたりした。だが、和泉人生はというより、和泉の恋は、太皇太后宮を導火線として展開する、小説的な女の一面をつづりあわせるのである。
 そして、療養中であられた太皇太后宮がこうぜられると、邸内の始末がはじまって都へかえらねばならなくなった。心頼りの存在であった太皇太后宮を失った和泉式部の悲しみが、おりおり見舞いわれた皇子の為尊親王の悲しみと重なり合う奇縁が生じていた。逢う機会が度重なるにしたがって、為尊親王の火は和泉式部の炎ととけあっていき、和泉が橘の妻であるということも制約の中へは数えらぬ恋に変化していった。激しい恋であった。
 橘道貞は潔く離婚を決意した。和泉式部二十七歳、弾正宮二十四歳であった。美貌であり、かさいがあり、火のようにやけやすい才女和泉式部と、弾正宮との愛の交換は常識以上のものであったともいわれているけれど、なぜ和泉式部が誠実な橘道貞という夫を裏切って、年若い為尊親王にかたむいたのであろう。かつて橘道貞が任地におもむき、その間、都と任地とを往復するころ、和泉守という地位と財力にへつらい寄る女たちがなかったとは誰も保証することは出来ね。
 一説によれば道貞には左京命婦という女が寄り添っていたともいう。賢明な和泉式部は、旅の上で知り合って左京命婦との縁を断念させようととりもったが、橘道貞は却って命婦に傾斜していった。ある意味では、和泉式部は捨てられた形になった。むなしい心の隙間を埋めるように、為尊親王の若い放縦な愛が流れ込んだのは、あるいは和泉式部にとっては、当然であったとも言える。
 しかし、道貞との離別後の和泉式部の生き方から見て、道貞との生活がいかがであったか推測もいろいろ可能であろう。それにしても現在残されている道貞関係の資料は乏しい。つまり、和泉式部と橘道貞の婚姻の破綻は和泉一人だけの責任ではなく、婚姻の中で夫婦二人の責任であろう。

参考文献
[1]生方たつる、和泉式部、読売新聞社、昭和五十年二月十日
[2]山本健吉、日本の恋の歌、株式会社講談社、昭和五三年九月二十日
[3]刘德润、小仓百人一首——日本古典和歌赏析、外语教学与研究出版社、2007年6月

论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/1 页首页上一页1下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非