英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

耻意识文化 [2]

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:作业 Assignment登出时间:2014-05-28编辑:lzm点击率:8675

论文字数:7577论文编号:org201405271626599934语种:日语 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:耻的文化罪的文化羞耻意识恥の文化世間の目

摘要:ル-ス・ベネティクトが、文化の類型を「罪の文化」と「恥の文化」の二つに分け、日本の場合を後者の典型としてあげて以来、世間の多くの人が、大体それを承知しているように思われる。確かに、恥が日本人の生活において、非常に重要な位置を占めている。

だろう。
ここでは日本の社会を戦前と戦後に分けて考えてみたい。戦前の日本は絶対主義的天皇制が支配する社会にあって、階層制度はとても厳しかった。『菊と刀』に取りあげられているが、日本人には「各々其ノ所ヲ得」という観念がある。この観念も戦後しばらくは残りつづけていた。封建的な階層秩序に従って、各人は自分にふさわしい位置を占めていなければならないのである。明治維新後はじめて、近代化の道を踏み出し、工業、特に重工業はずいぶん発達して、都市化も始まったが、農業はやはり主要な位置を占めていた。まだ封建的な農村共同体であり、工業に比べると農業の発達は鈍く、米作を柱とする零細経営が営まれていた。貧困な農村共同体は低賃金労働力の温床であった。ここでは特に「孝」を美徳にして、「家」が守られており、そのために、戦前の日本の恥意識はとても強く残存していた。
戦後、農地改革が行われた、しかし、農工の格差のため、農民は子女を工場に出稼ぎに出すことがますます多くなった。特に、高度経済成長により、大量の農民が都市に出た。また、耕耘機やトラクタ―、いろいろな家電製品が普及して、農業の機械化と農村生活の近代化が進んだ。このような近代化と相まって急激な貧困化、過疎化は、農村社会が共同社会として機能としていくことを衰退させていった。
だから、このような社会構造の変化によって、現代の日本人の恥意識はずいぶん変ってきた。つまり、現代の日本人の恥意識は昔より薄くなっている。
昔の日本人の恥意識は強い共同体の規制の中で自らが自らを省みて恥ることがないかを問うという傾向が強かったのに対して、今は、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいという傾向が強いようである。つまり、共同体意識がなくなり、日本人の恥意識は昔より、かなり薄くなったと言ってよい。
昔の恥意識の根本は、名、名誉、自尊心、誇り、倫理、羞恥心、礼儀、節度、廉恥、意志、信念、誓い、約束、規律である。自分が相手の名誉を傷つけたと悟ったらいかなる相手であろうと(子供であろうと、弟子であろうと、部下であろうと、後輩であろうと)その者を怖れ、恐怖する。しかし、もし自分の名誉が恥ずかしめられたと知れば、相手が誰であろうと、将軍であろうと、主君であろうと、一人でも報復に行く勇気を起こさせる。徳川初代の将軍であった家康に関して伝えられている物語の中にそのよい例が見られる。家康のある家臣は、家康が彼のことを、「あれは魚の骨をのどに立てて死ぬような男だ」と言ったということを耳にした。武士の面目にかかわるような、死に方に対するこの誹謗は、彼にはとうてい我慢のできないものであった。その家臣はこの恥辱を生涯、いや死んでも忘れまいと誓った。そのために、その家臣は家康を倒してこの恥を雪ぐために敵側の諸侯に内通し、内部から江戸に火をかけて焼き払うことを申し出た。この話における、この家臣の行為こそ典型的な恥意識のあらわれといってよい。
それに対して、現在の日本人の恥意識の原因は外聞、迷惑、見栄、噂、批判、不遠慮、世間体、世論、外見、他人の意見などのようである。特に高度経済成長期以降生まれの日本人は、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいと思っているようだ。つまり、他人に迷惑をかけなければ、何をしても恥ずかしくない。だが、迷惑の基準がよくわからない。何が迷惑で何が迷惑でないかは、それぞれが自分で判断するしかない。臆病になれば、人に会うことさえできなくなるし、大胆になれば、人の迷惑などぜんぜん気にならなくなる。電車の中で化粧をしてもそれが迷惑かどうかは考えていない。だから、恥ずかしくはない。電車や街で平気で大声で携帯電話をかける。街の中でも乗り物の中でも平気で床に座る。人前での化粧、人前での私的な電話、地べた坐り、これら昔は恥ずかしいこととされていた行為が今では平気で行われるようになっている。恥の意識はどこにあるのだろうか。共同体秩序の崩壊、そして特に高度経済成長期以降、いわゆる人間関係が稀薄になってきたことによって、この傾向はいっそう拡大されつつある。


三、「恥の文化」と「罪の文化」

ベネティクトによれば、「真の恥の文化は外面的強制力に基づいて善行を行うのに対して、真の罪の文化は内面的な罪の自覚に基づいて善行を行う。」(『菊と刀』P258)と述べている。
日本人は「恥の文化」、欧米人は「罪の文化」といわれる。恥の文化は人に迷惑をかけるような恥ずかしいことをしないということを道徳基準とする。一方、「罪の文化」では内面にある神との関係を重視し、宗教的戒律とか良心といったものを道徳基準とする。簡単に言うなら「恥の文化」は外面的な人目を気にする文化、体裁を気にする文化であり、「罪の文化」の方は内面の神を気にする文化と言うことができる。
ところで「人に迷惑をかけない」という道徳基準では、今、日本の大きな社会問題となっている女子中、高生の「援助交際」を道徳的にもとる行為として非難することはできない。「誰にも迷惑をかけていないよ」、「何をしようと私の勝手でしょ」、「あなたには関係ないでしょ」と反論されるからだ。つまり、「お金がすべて」という時代において、「他人の目」を気にしていないと言うことからこのような行動が生まれていると言えよう。また、人知れず、どこかで若者が自殺した場合も「だれにも迷惑をかけない行為」として、「恥の文化」ではこの行為を非難することは困難なのだ。この点、「罪の文化」では、神によって内面化されている性と生命の尊さを根拠として示すことができる。
「恥の文化」にも「罪の文化」にも長所もあれば短所もある。
「罪の文化」としての良い面は、神や自らの良心が判断基準となるから、他人に振り回されない主体性や自主性、自分で道を拓いてゆこうとする開拓精神が生まれやすいと思う。他方、他人に左右されないという点は、人の話を聞かない、協調性がない、独善的になりやすいということにまでなってしまうかもしれない。
「恥の文化」は他人の目に左右されやすいので、周囲に対する気遣いや心配り、謙虚さや協調性などということを結果するであろう。それが日本人には美徳とされていることでもある。しかしこれも悪くすれば、「赤信号みんなで渡れば怖くない。」といわれるように自分の判断による正しい行動を取ることができないような結果となり、本来渡ってはいけない赤信号でも「みんなが渡るのならまあいいっか!」と流されてしまうような迎合性や、主体性のなさ、あるいは信念のない生き方につながる傾向を生じる。
このようにベネティクトの言う「外面的強制力」は、「罪の文化」とは違って、自分の内面に神(絶対的基準)を持たないがゆえに、まず、外面(他人の存在)を気にする行動を取らざるを得ない、そのような行為のあり方を示している。

四、「恥の文化」の日本の社会に対する影響

「恥」を重んじる日本人は、二つの問題点を持つ。第一に、個人の自立性を育てにくい傾向となりやすい。個人においては個としての厳しい責任感に裏打ちされていない「甘え」の態度を育てやすいとともに、個人を取り巻く周囲の人々は新しい理想に生きようとする個性を抑圧する傾向を持ちやすい。それで多くの日本人はいつも他人と似たような生活を送っている。彼等は仲間外れにされることを恐れる。自分を強く主張することや周囲の意見と違うことや、個性を展開することなどを好まない。だから曖昧な言葉や、婉曲な意見など色々日本人に特有な現象が現れる。つまり日常生活の中で、模倣が多くなって独創が少なくなる。更に、日常の会話でも、同じような価値観がひょいと顔を覗かすことがある。第二に、自分の属する集団以外の社会に対しては、無関心で無責任な態度を生みやすい。たとえば、「旅の恥はかき捨て」である。
「恥の文化」には否定的な側面があるかもしれないが、角度を変えてみれば、「思いやりの文化」ともいえる。世間の一員である自分は自らの行動次第で、恥をかいたり、世間から名誉をえたりす论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非