英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

耻意识文化

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:作业 Assignment登出时间:2014-05-28编辑:lzm点击率:8627

论文字数:7577论文编号:org201405271626599934语种:日语 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:耻的文化罪的文化羞耻意识恥の文化世間の目

摘要:ル-ス・ベネティクトが、文化の類型を「罪の文化」と「恥の文化」の二つに分け、日本の場合を後者の典型としてあげて以来、世間の多くの人が、大体それを承知しているように思われる。確かに、恥が日本人の生活において、非常に重要な位置を占めている。

摘要

日本人很害怕和伙伴们分开,因此,比起强烈主张自己,他们更喜欢与周围的人一致,即使自己有不同意见,他们也会委曲求全。也就是说,与其坚持己见表现突出,不如自己忍耐与人保持一致的好。而且,“耻”在日本人的生活中占有很重要的地位。日本的文化被称为“耻的文化”。
过去的日本是个农业国家,受弥生时代稻作文化所必需的共同体意识和儒教思想的影响很强。“耻的文化”就在这两种影响下产生了。
随着农村社会共同体体制的衰退,现在日本人的羞耻意识大大地改变了,渐渐变得淡薄了。“耻的文化”可以说是在意别人目光的文化,是在意外在的文化。而“罪的文化”可以说是在意神的文化。各有各的优点和缺点。
任何事情都有好的和坏的两方面,耻的文化也是如此。存在着缺乏个人自立性和对自己所属集团以外的社会不关心、不负责任的消极一面,也存在着为人着想,促进团体力量的积极一面。

关键词:耻的文化 罪的文化 羞耻意识 麻烦 原动力 世间的目光


要旨


日本人は仲間外れにされることを恐れる。だから強く自分を主張することよりも、周囲と同調して、意見が違ったとしても「丸くおさめる」ことをこのむ。つまり自分自身の考えを持って角を立てるよりも、自分を殺してでも人の考えに同調しようとする。そして、「恥」は日本人の生活の中でとても重要な位置を占めている。「恥」は仲間からマイナス評価を受けていることへの意識である。日本の文化は「恥の文化」と呼ばれる。
昔の日本は農業国であり、弥生時代に始まる稲作文化に必要とされた共同体意識や儒教思想の影響が強いのである。この影響を受けて、「恥の文化」が生まれた。
農村社会の共同体規制の衰退につれて、現在の日本人の恥意識もずいぶん変わり、だんだん薄くなった。
「恥の文化」は人目を気にする文化であり、体裁を気にする文化であり、「罪の文化」の方は神を気にする文化と言うことができる。それぞれには長所もあれば短所もある。
いかなることにも長所と短所との二面がある。恥の文化もそうである。個人の自立性の欠乏と自分の属する集団以外の社会に対する無関心で無責任な態度のような否定面があるかもしれないが、人々を思いやり、集団的な力を促進するような肯定面もある。

 キーワード:恥の文化  罪の文化  恥意識  迷惑  原動力  世間の目

はじめに

初めて「恥の文化」という言葉を聞いたのは、一年生のころだ。その時私は「変だなあ。」と思い、「どうして日本人の文化を恥の文化というのか。」、「恥の文化はどうして生じるのか。」、「その言い方は正しいかどうか。」などいろいろな疑問が私の頭に浮かんできた。その時の私は「恥の文化」という言葉の意味を恥ずかしい文化(恥の多い文化)、自慢できない文化、と理解していたのだ。
恥は他人の批評に対する反応である。人は人前で嘲笑され、拒否されるか、あるいは嘲笑されたと思い込むことによって強く恥を感じる。つまり、「恥の文化」とは、「恥」ということをとても大切にしている文化、のことなのである。
日本の文化を「恥の文化」といったのはアメリカの文化人類学者ル-ス・ベネティクトだ。当時は第二次世界大戦のために、アメリカは学者を動員して、日本の文化、経済、地理などを科学的に研究したのである。そして、ベネティクトは日本に行くことなく、日本に関する書物、日本人の作った映画、在米日本人との面談を材料として研究を進め、対象社会から文化類型を抽出しようとする方法に基づいて、名著『菊と刀』を書いた。この著作の中で、「恥の文化」という概念を使用したのである。これが「恥の文化」という言葉が生まれた背景である。

「恥」という言葉そのものの意味は私たち中国人には、よくない言葉だ。日本人にとってもよくないだろう。だが、日本人はこのように言われても平気である。それは「恥」を大切にしているからであろうか。ではなぜ日本人は「恥」を大切にするようになったのか。現在の日本では恥の文化はどのように変化しているのか……これらのすべてを理解したいと思う。


一、「恥の文化」の根源

ル-ス・ベネティクトの『菊と刀』(長谷川松治訳)によれば、日本人は恥辱感を原動力にしている。明らかに定められた善行の道標に従いえないこと、いろいろの義務の間の均衡をたもち、または起りうべき偶然を予見することができないこと、それが恥である。恥は徳の根本である、と彼らは言う。恥を感じやすい人間こそ、善行のあらゆる掟を実行する人である。「恥を知る人」とは、あるときは徳の高い人を、あるときは名誉を重んじる人を指している。日本人の倫理において「恥を知ること」は西洋の倫理において「良心の潔白」、「神に義とせられること」、つまり、罪を避けること占めているのと同じ位置を占めている。
つまり、日本人の生活においては、恥が最高の位置を占めている。恥かしいと言う気持ちがなくなれば人間は終わりだ。日本人の行動規範は、恥にある。彼らは何をしても、「もしそうすれば、、笑われるだろうか。」「周囲の人はどう思うか。」「人の目に自分がどう映っているか」をとても気にする。いずれの場合においても、恥は強力な強制力となる。もちろん、日本人にも罪の意識が存在する。ただ、日本人は、罪の重大さより恥の重大さに重きを置いている。
だから、世界の文化を「罪の文化」と「恥の文化」に区別すれば、日本の文化は間違いなく「恥の文化」に属するに相違ない。
だが、なぜ日本人はそんなに恥を大切にするのか。恥の文化がうまれたのはなぜだろう。それは社会的な原因によるものと思われる。
「恥の文化」が出現するのは日本の社会的な構造と深い関係がある。はるか弥生時代に始まる稲作文化の影響がある。日本は農業国であり、水稲耕作のため昔から村落共同体を形成していた。村落社会は、「家」を単位として、その家族共同体(「家」のメンバ-)は緊密な結合関係にあり、村落共同体には閉鎖的な人倫共同体が形成された。そこで親密な感情的、情緒的な人間関係が形成されていた。農村では今日もなお、田植えや稲刈りには近隣同士が助け合い、共同作業を行う習慣が一部に残っている。狩猟文化と異なり、定住水稲耕作を維持するためには、常に集団作業と共同体秩序とが必要であった。また、儒教思想の影響も無視できない。徳川幕府は朱子学を取り入れたので、忠孝を重んずる道徳は江戸時代以降特に広まり、「家」制度の強化にもつながった。家長を始め,家族の成員は「家」に従わねばならず、武士階級は一朝事あれば、御家断絶と、連帯責任を取らされた。独立した個人の意思、個人の主体性は形成されようがなかった。
こういう背景の中で、日本人は自分の行動に対する他人、特に共同体の成員の批評に常に気を配っている。他人と違う行動をとることを避ける傾向がある。他人がどう思うかを気にし、絶えず他人とバランスをとり、他人から影響を受けたりする。つまり、自分が他人に迷惑をかけているかどうかである。このような見方、態度、行為によって、「恥の文化」といわれる日本人の国民性が形成されてきた。

二、昔の日本人の恥意識と現代の恥意識との比較

人間の社会は常に発展している。原始社会から、現在の資本主義社会、社会主義社会へと発展してきた。人間の意識も変化している。日本人の恥意識も例外ではない论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非