英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本的“家里蹲”——青少年犯罪现象及对策

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:作业 Assignment登出时间:2014-06-03编辑:lzm点击率:10761

论文字数:8396论文编号:org201406031451056183语种:日语 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:日本的“家里蹲”青少年犯罪现象引き籠り日本は学歴社会国民の重視を叫んだり

摘要:本論では、先ず、日本青少年引き籠りの起源、それに現状を述べる。次に、いくつかの例を上げて、その原因を探り、引き籠りから見る現在の日本人がいろんな問題を面することを考える。そして、引き籠りは日本と日本人の生活にどのような影響をもたらすのかを指摘する。

日本の引き籠りについて

目録
要旨 
摘要
はじめに
1. 引き籠りの定義
1.1引き籠りの起源
1.2引き籠りの定義
1.3引き籠りの特徴
2. 日本引き籠りの現状
2.1日本引き籠りの由来
2.2日本引き籠りの現状
2.3日本引き籠りの危害
3. 日本引き籠りの原因
3.1社会の面
3.2家庭の面
3.3学校の面
終りに
注釈
参考文献
謝辞

要旨

引き籠りという言葉は新鮮ではない、今や、日本では引き籠りの問題は深刻になる一方である。日本の引き籠りから日本人の面々を知ることができる。本論では、先ず、日本青少年引き籠りの起源、それに現状を述べる。次に、いくつかの例を上げて、その原因を探り、引き籠りから見る現在の日本人がいろんな問題を面することを考える。そして、引き籠りは日本と日本人の生活にどのような影響をもたらすのかを指摘する。最後に、引き籠りに対する、日本はどのような対策を取るのか、そして、隣国として我が国は引き籠りが日本のようにならないうちに、どのような措置を取ればいいのかを探り、さらに引き籠りについて自分の考えを述べる。

キーワード:引き籠り;青少年;教育;犯罪;対策

はじめに

『かわいい』の美学とか、COSPLYの流行るとか、Lolitaを溺れるとか、電車男に至るまで、日本多彩の文化がアジアだけではなく、世界中に大きな影響を与えている。それに、人々の生活の隅々まで影響している、一方、日本多彩多様の文化を楽しみながらも、マイナスの問題も生じつつある。ここ数十年来、日本経済緩慢な進みにおいて、いつのまにか、お宅族や暴走族、単身寄生族などの新た人間族は現している。
『引き籠り』もその中の一つである、それに、今や『引き籠り』の問題は深刻になる一方である。
本研究では、今日本青少年の引き籠り現状、お宅族との比較を通して、その原因、そして、社会に与える影響、それに対して対策の一面を探ってみたいと思う。
一方、日本と中国は二千年にわたる緊密な文化交流と友好往来の長い伝統を持つことで、文化の面にしても、生活の面にしても、お互いに影響してある。だから、目覚ましい経済成長するとともに、インターネットの普及する中で、我が国は日本文化に対して、どのような態度をとるべきか、そして、引き籠りは日本だけの問題ではない、我が国でも少数の引き籠りが始まることを、我が国はどのようにすべきかを考える良いきっかけとなると思う。 

1. 引き籠りの定義

1.1 引き籠りの起源
もともと「引きこもり」という言葉は、公職に就いていない、または官職を辞した状態を意味していた。例えば、吉川幸次郎『宋詩概説』に「弾劾されて失脚し、遠く江蘇の蘇州に、別荘を買って『蹌浪亭』と名づけたのにひきこもり」という用例や(岩波文庫版P124、初出1962年)、横山光輝の『三国志』(希望コミックス版24巻、潮出版社、1981年)にも(諸葛亮の台詞として)「これは隆中にひきこもっているころ聞いたのですが」といった用例がある。この項目で述べる「引きこもり」の用法が生まれたのは平成年間以降である。最近のインターネットスラングでは"ヒッキー" あるいは "自宅警備員" などと表現されることもある。一部で差別用語的に用いる人もいる。①

1.2 引き籠りの定義
一般的に、引き籠りの特徴は長い間に家にいるまま外となかなか接触せぬであり、ひとりでインターネットをしたり、テレビを見たり、本を読んだり、ゲームをしたりして複雑な人間関係を避けるために仕事をしないまま、以前の貯金や両親によって生きていることである。
国立精神・神経センター精神保健研究所社会復帰部の定義によると、引き籠りは様々な要因によって社会的な参加の場面がせばまり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態。②

1.3 引き籠りの特徴
引き籠りは複雑な問題である。引き籠りは家にいるまま、一日中大部分の時間は自分の部屋にこもって、寝てはゲームをして、ゲームをしては寝るという昼夜が逆転して生活している。引き籠りは他者や社会との関係をうまく築くことができない、それに、自信がない、自身の社会価値が分らない、消極的に社会生活を避ける。一般的に、引き籠りはインターネットに強く頼り、インターネットでゲームをするのが一日に欠けない内容である。
引きこもりは、単一の疾患や障害の概念ではない、そして実態も多彩であり、その原因も様々であり、程度が人によって異なり、とはいえ、学校や社会に通うことは困難な場合が多いとされる。
引き籠りの長期化と高齢化は日本引き籠りの典型的な特徴である。従来引きこもりは若者の問題であると考えられており、不登校問題と同一視されてきた経緯から、支援対象者は10代から20代を想定した場合がほとんどであった。しかし近年では引きこもりの長期化や、社会に出た後に引きこもりになってしまうケースなどにより、30代、40代の年齢層が増大している。日本引き籠りKHJ親の会③2009年に発表した調査によると、引き籠りの平均時間は8年以上、最長のは40年までになる。そして、引き籠り者の平均年齢と引き籠りが始まる年齢が増える嫌いがある。2002-2009年引き籠りの平均年齢は26.6歳、27.6歳、28.1歳、29.5歳、29.6歳、30.1歳、30.2歳で。2004-2009年引き籠りを始まる平均年齢は20.5歳、20.5歳、20.9歳、21.1歳、21.2歳、21.2歳④であることが分かる。
その他に、引き籠りは男性が大部分であり、それに男性の大部分が両親と同居している。日本KHJ親の会2007-2009年に発表した調査によると、引き籠り者の中で男性の割合は81.3%、82.1%、80.0%、全部は80%以上になって、両親と同居する者の割合は91.5%、87.9%、85.9%⑤になる。NHK福祉ネットワーク⑥によると、男女比は調査によって区々で、NHKのネットアンケートによると54:46、「社会的ひきこもり」に関する相談・援助状況実態調査報告によると男性が76.4%、殆どの調査報告において男性は6~8割の割合で女性より多く存在する。⑦ 

2. 日本引き籠りの現状

2.1 日本引き籠りの由来
人が豊かさを求めることは、当然の欲求である。20世紀は工業発展の歴史であり、企業中心の社会であるとの認識から、企業が、生産性を高めて行く事が、社会生活の便益と豊かさを実現する事に繋がり、企業が競争にも打ち勝てると信じてきた。
20世紀を振り返る中で、引きこもりの問題を捉えて見ると、親達の価値観に大きな影響を与えたと思える日本に先行するアメリカ社会と企業経営システムと子供達の人格形成,精神的自立に大きな影響を与えると思う。
そのほか、日本の引き籠りは不登校や学校いじめ、学校暴力など青少年問題と深く繋がっている。1986年にある学校二年生の男は学校いじめで自殺してしまった、それとともに、不登校の学生が日々に急速増えて来た。1990に、青少年の引き籠り問題が初めて新聞に現れた、しかし、新聞には青少年不登校を重んじて、引き籠りが一つ不登校の結果にすぎないと指摘された。1997年2月、朝日新聞が連続的に六刊の引き籠りの問題に対して「人間と生活¬―青少年の引き籠り」というテーマで報道した。2000论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非