英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日语词汇的比喻表现思考——以含有汉字“米”的词汇为中心

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-10-25编辑:vicky点击率:677

论文字数:16566论文编号:org202210220950335536语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本社会文化论文

摘要:本文是一篇日本社会文学论文,本文围绕着历史悠久的“米”,从语源到词汇的比喻表达进行了分析。

本文是一篇日本社会文学论文,笔者认为大米是支撑着现代日本人日常生活和精神世界的重要东西,这应该追溯到公元前绳文时代引进水田稻作。通过稻作技术,日本成为了真正的农业社会,国家成立了。之后,以大米为中心展开了饮食生活。然后,一边受到中国文明的影响一边改变,形成了日本特色
1.漢字「米」を含めた語彙について

1.1語源分析

『説文解字』の中、「米」は「粟實也。象禾實之形。凡米之屬皆从米。8」と解釈した。もとは粟の実という意味で、食料としての農作物の実に発展してきた。「米」の偏旁が付いた漢字は全部穀物に繋がりがあって、食物の意味に関連している。『漢字源流辞典』にも、「1、粟のこと。2、もみ殻を取り去った食糧の実り。3、粟の形状と似っているもの。4、長さの単位9」と記載されたように、人間の重要な食糧を代表している。また、「米」の甲骨文字は以下のように示する。

「米」は古くから、人間にとって極めて重大な意味を持ってくることが分かる。「米」との付き合う長い歴史が去っていくとともに、「米」の原意から派生された使い方と意味がどんどん出てきたのである。この過程には、メタファーやメト二ミー、シネクドキーなどの方法は生まれて、実際に人間の認知能力の発展を示している。前述した理論をもとに、「米」が含まれる語彙について、それらの意味拡張過程を考察し、その意味拡張を形成した原因を究明する。

1.2語彙の構成について

語彙を構成する基本単位は単語であるから、まずは単語の定義を確実にしよう。一つの語基から成り立った語は単純語で、2個以上の語基からなる語は合成語である。さらに、合成語の中で、語基と接辞との組み合わせる語は派生語と言い、2個語基から組み立てられる語は複合語と言う11。

したがって、以上の21個の語彙は全部複合語であり、「米」を中心に他の語基と組み合わせて作り出されたからである。それらの語基同士の相互関係などによって、次のように分けられる。

日本社会文化论文怎么写

2.メタファーによる意味拡張

2.1金銭の領域へ投射したメタファーメタファー

となる要因は二つの概念の類似性である。一般的には位置、形状と機能といった類似性に基づき、意味が拡張された。上米・切米・役米・五斗米・斗米は例外なし元の各種類の米からお金の意味に拡張したのである。江戸時代までの日本は米本位制で、武士の俸禄もお米で支払われただけではなく、授業料、米穀などの輸送物資に課した通過税、仕事ややり取りの仲介をする人が取る費用や代金などの手数料もお米で済んだことになっていたからである。その機能上の類似性からメタファーが成立できる。

機能上の類似性から上米・切米・役米・五斗米・斗米についての調査は以下の通りである。

「上米」という表現は主に江戸時代の産物であり、その中での「米」当時の貨幣の機能を持っていると言える。つまり、この場合,米は単なる田畑での具体的生産物たるにとどまらず、最も一般的な社会的等価物(たとえば普通一般には貨幣がそうであるように)なのである。例えば、賃金、代金や手数料などである。「上米」の制は8代将軍の徳川吉宗が享保の改革の一貫として1722〜30(享保7〜15)年に実施した制度であり、大名に石高1万石につき100石の米を献上させる代わりに、参勤交代の際の江戸在府期間を半年(従来は1年)としたものである。「上米」は「年貢米の一部」から「賃金や代金または手数料」の意味に拡張したように、日常生活の中で、「米」を持って実際にお金のやり取りを行っている事実は、機能の類似性によるメタファーが成立している証拠である。

2.2人間の領域へ投射したメタファー

本節では、人間のことを喩える「米」に関する語彙を検討しよう。表1が示した結果から、「米」に関する比喩表現のある語彙は色々なタイプがあり、違った分野に属したの物も多い。その中で「人間のこと」を写像するのは五つある。

「米食い虫」はコクゾウムシを指して、有名な害虫である。主食である米を食い荒らすことからそのように名付けられた。体が小さくて、殻物を貯蔵したところに侵入しやすい。口吻で穀物に穴をあけて産卵し、孵化した幼虫も穀物を食い荒らす。こうして代々米櫃の中で生きていける。害虫の類に属するので、人間は米食い虫にマイナスなイメージを持つのは当然である。

一方、人間の中で、毎日働くもしないでぶらぶらしている人がたくさんいる。仕事に興味がないし、何も成し遂げたこともない。ただ生きていくためご飯を食べることに取り組んでいる。その結果、社会に役に立つどころか、自分の価値さえ実現されないはずである。世間では一般的にこんな人に評判が悪くて、舐めた態度を持っているのであろう。

そのゆえに、「米食い虫」と「食べるだけで、何の働きもない人」とは似ているところがあるので、その類似性が選ばれ、「米食い虫」を使って、「何も働きない人」、「役に立たない人」を喩えることができる。「物理的な類似であろうと、心理的な類似であろうと、すべて比喩を出した者が感知した結果でもあれば、認知して整理したものでもある。だから、あらゆる隠喩の類似性も認知上の類似性と思う18」と認知学者の王文斌が指摘した。人はそれぞれの物事の特性を感じ取れ、比較する過程の中で、メタファーが起きた。ここで動物のコクゾウムシの特徴を人間の特質に移ることによる心理上のメタファーである。つまり、「米食い虫」は「コクゾウムシ」という生物学科の動物を指しているが、人間の認知システムを通して、「何の働きもない人」の意味が与えられたことになった。

3.メトニミー・シネクドキーによる意味拡張·························16

3.1メトニミーとシネクドキーとの境····················16

3.2メトニミーとシネクドキーによる意味拡張·····················17

3.3メトニミー・シネクドキー・メタファーの融合·················19

4.比喩表現を起こした原因への探求··················20

4.1各時期における日本の社会背景························20

4.2日本人の「米」に関する食生活····················21

4.3日本人の「米」に関する文化心理··················22

終わりに··················24

4.比喩表現を起こした原因への探求

4.1各時期における日本の社会背景

時代のとともに、言語活動はどんどん発展し変化してくる。お米に対しての態度やお米への思いなどをはっきりさせる時に、社会背景を考慮に入れるのが必要である。そのため、お米に関する歴史事情ないし関連政策などを考察した。


论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非