英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

80年代日本企业的海外发展

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:课程作业 Coursework登出时间:2014-05-28编辑:lzm点击率:3800

论文字数:8080论文编号:org201405271611016213语种:日语论文 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:日本企业海外发展80年代の日本企業海外進出三菱商事を例として

摘要:特に80年代、アメリカを中心にする海外進出のうち、三菱商事は日本企業のリーダーとして、欠くことのできない役職をしてきた。チャンスとチャレンジを直面し、三菱商事は「Kプラン」を打ち出した。

目次

一、 はじめに
二、 日本の多国籍企業の紹介
1、 日本の多国籍企業の成立
2、 日本の多国籍企業の特徴、発展
三、 日本の海外進出
1、 対外進出の発展過程
2、 対外進出がアメリカ中心に
四、 三菱商事の海外進出
1、 三菱商事の紹介
2、 アメリカを中心にする背景
3、 三菱商事を例として
五、 終わりに

参考文献


摘要

纵观第二次世界大战之后的全球经济发展,日本以其由低起点到高度繁荣的飞速发展,得到了全世界人民的高度关注。在经济全球化的背景下,日本也积极地进行了全方面、多角度的海外投资。尤其是20世纪80年代日本企业海外发展迎来一个高潮,并且以美国为中心的政策更是一大特色。三菱商事作为足以代表日本企业的三菱集团的中流砥柱,一直以来都是日本经济发展的风向标。下面我就以三菱商事为例,介绍一下80年代日本企业的海外发展。参照他国,也会对我国经济的进一步发展起到参考作用。
本文共分三个部分进行介绍。一、日本多国籍企业的介绍。作为海外投资发展的载体,多国籍企业扮演了重要的角色。本部分主要介绍日本多国籍企业的成立、特征和发展。二、日本的对外发展。本部分介绍了日本企业在战后对外发展的过程和特点。三、以三菱商事为例。本部分重点以三菱商事为例,介绍了80年代日本企业在美国发展的背景、条件、成就。最后进行评论。

关键词:海外发展 多国籍企业 美国中心 三菱商事


要旨

第二次世界大戦後の世界経済を見渡すと、日本がその低レベルから高度繁栄への素早い経済発展スピードで、世界から注目された。経済のグローバリズムと共に、日本も積極的に全面的な海外進出をしてきた。特に20世紀80年代以来、日本企業の海外進出が新たな段階を迎えてきて、「アメリカを中心に」も一つの特徴であった。三菱商事は十分に日本企業を代表できる三菱グループの中核であり、いつも日本経済発展の先端に立っている。これからは私は三菱商事を例として、80年代の日本企業の海外進出を紹介する。他国を手本にして、我が国の経済の更なる発展に役に立つことになれる。
本論文は三つの段落で紹介する。一、日本の多国籍企業の紹介。海外進出の主体として、多国籍企業が重要な役割を演じている。この部分は日本の多国籍企業の成立と特徴と発展を紹介する。二、日本の海外進出。この部分は日本企業が戦後の海外進出の過程と特徴を紹介する。三、三菱商事の海外進出。このぶぶんは主に三菱商事を例として、80年代日本企業がアメリカでの発展の背景や条件や業績などを紹介する。最後にコメントをする。

 キーワード:海外進出 多国籍企業 アメリカ中心 三菱商事

一  はじめに

第二次世界大戦後の世界経済を見渡すと、日本がその低レベルから高度繁栄への素早い経済発展スピードで、世界から注目された。経済のグローバリズムと共に、日本も積極的に全面的な海外進出をしてきた。特に20世紀80年代以来、日本企業の海外進出が新たな段階を迎えてきて、「アメリカを中心に」も一つの特徴であった。三菱商事は十分に日本企業を代表できる三菱グループの中核であり、いつも日本経済発展の先端に立っている。これからは私は三菱商事を例として、80年代の日本企業の海外進出を紹介する。他国を手本にして、我が国の経済の更なる発展に役に立つことになれる。


二 日本の多国籍企業の紹介

1、日本の多国籍企業の成立

多国籍企業は海外進出の媒介である。多国籍企業とは活動処点を一つの国家に置かずに複数の国にわたって世界的に活動している営利企業である。企業が国外で生産活動や事業を行うのは、何も第二次世界大戦後だけの現象ではない。多国籍企業の登場は、第二次世界大戦後の資本主義の最も重要な変化の一つである。そして、多国籍企業の成立の土台について、こういうようなものが必要だと考えられている。
第一、商品生産・流通の国際化。多国籍企業の一般的な基礎としては、それが商品生産の国際化と密接な関係をもっていることがあげられる。同時にこれと対応して、いわゆる流通過程の国際化が行われるようになる。この商品生産および流通過程における、国内から国際への量的、質的拡大、延長ということが多国籍企業の成立の第一の一般的基礎である。
第二、資本の国際化。これは、社会資本の循環の国際化を意味するが、この社会資本の循環の国際化は、資本の個々の部分についていえば産業資本の各構成部分についての国際化を意味する。資本の国際化としての資本輸出は多国籍企業成立の第二の基礎である。
日本の多国籍企業は1955年8月GATT(関税及び貿易に関する一般協定)に加盟、1965年IMF【1】に加盟のおかげで、国際市場と更に接することができた。生産した商品が国際に流通ことも、国内における裕豊な資本の国際流通も飛躍的に発展してきた。そうすると、日本に多国籍企業が本格的に発展しはじめた。

2、日本多国籍企業の戦後の特徴、発展

多国籍企業という表現に示される形態は、国によって違う特点があるが、次の点のように、戦後に固有の特徴がある。
第一、その在外活動が、規模の点でも広がりの点でも、戦前とは比較にならないほどの水準に発展している。在外売上高の比重の大きさ、また進出国の数の多さが、それを示している。
第二に、このような在外活動の拡大は、それを保証する政治的・経済的安定性、その拡大の前提としての商品、資本移動の自由化が、いわゆるパックス・アメリカーナを頂点とする世界秩序の展開によって初めて可能になった。第三に、このような第二次大戦後の変化に規定された在外活動の水準の高さに対応して、企業の経営戦略も組織も以前にもまして国際化して、「多国籍」という表現にみられるように、従来とは違う新しい形態に編成された。
そして、日本に多国籍企業の特色の一つは、官民の密接な連携である。1951年再開された戦後の海外進出は、まずアラスカパルプ、ブラジル・ミナス製鉄所、アラビア石油、北スマトラ石油のいわゆる「四プロジェクト」を官民協力で成功させた。50年代の3社から、今の何千社に成長しつつ、その領域も石油や鋼鉄などのエネルギーから、保険、サービスなどの第三次産業へ移動する。そのうち、特に80年代には、日本の多国籍企業及び対外進出が迅速に発展した。

三 日本企業の海外進出

1、対外進出の発展過程

日本企業の対外進出は、敗戦によって在外資産を没収され、旧植民地との関係も切られた上、占領軍によって対外投資を一定期間禁止されていたもあって、その再出発は遅かった。しかし、日本はアメリカの作り上げた国際秩序を利用し、その庇護の基にいわば随伴者としてその支配の隙間におずおずと進出していきた。
そして、日本の場合に、日本の多国籍企業は戦後50年代から再開された。同じく、日本企業の対外進出も、1951年再開された。それから、60年代に入って徐々に本格的な展開を見せ始めたこの過程は、1973年のオイル・ショックを契機に一時停滞したが、1978年以降再论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非

   Europe (24-hours)
   EN:13917206902
   china (24-hours)
   CN:13917206902
在线客服团队
    全天候24小时在线客服
      QQ:949925041 
  

微信公众订阅号