英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日语中有关受信文化的研究

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2013-05-15编辑:hynh1021点击率:7039

论文字数:12100论文编号:org201305151108279813语种:日语 Japanese地区:日本价格:免费论文

关键词:受信文化受信者責任文化受給表現

摘要:日语词汇中的受信文化,受信文化和发信文化以及结尾 7 个部分。笔者将通过对本文的论述从语言文化学的角度来证明日本文化为受信文化的观点,并以此阐明现代国际交流中受信文化与发信文化的关系,最终达到揭示日语的语言表达与日本社会受信文化的关系的目的。

1 はじめに


文化を捉えるうえで、ホール(1979)は言語化されたメッセージを含む文化と言語化されたメッセージが含まれない文化に焦点を当て、「コンテクスト」の高低で説明している。最近ではコンテクストの概念を社会言語学と異文化コミュニケーションの視点から大沼(1992)は「独善の国アメリカと受信型国家ニッポン」、浦上(1998)は「受信文化」、ジェフ パークランド(2003)は「受信者責任文化」、中川(2005)は「強い状況依存的文化」と定義の厳密化が図られてきている。さらに、益岡は外国語教育の分野まで発展させ、「日本から外国語見る――日本語研究からの発信――」はその代表的な例である。https://www.51lunwen.org/japaneseculture/    一応、日本の受信文化についての研究が幅広くて、少ないとは言えない。が、言語文化学の視点から受信文化を分析することはいままでされていない。言語文化学といえば、(牧野 1996)に指摘されたように、既に社会慣習として確立している言語的 文化的諸特徴を研究対象とし、両者の相関関係をある普遍的な媒介物を通して科学的に記述することを目的とする学問である。上述のように、言語文化学は言語及び文化を研究し、「言語 文化」の相互の繋がりを解明していくことを目指している学問である。さまざまな形式によって表出された言語表現をつぶさに吟味することによって、人間の営みの集積である文化の諸相を浮き彫りにする。それで、いままでされていない言語文化学の視点で、すなわち、言語 文化の相関関係から日本のユニークな受信文化の分析することを通して、もっと立体的、全面的に受信文化を捉えられるではないだろうか。本論では、受信文化を文化現象として分析することだけではなく、いままで受信文化の研究お及び日本語と日本文化の研究を踏まえることによって、言語文化学の視点から、日本語の授受表現、敬語表現、曖昧表現、あいづち表現などの典型的な日本語の言語行動の実例の分析を通して、すなわち、日本語の典型的な表現を手がかりにして、日本のユニークな受信文化(受信者責任文化)及び受信文化に含まれている言語表現を考察してみたい。さらに、この考察を通して、日本語の言語表現がいかに受信文化に関わっているかを明らかにすることは本稿の目的である。                         


2 先行研究


2.1 コンテクストと受信文化

異文化コミュニケーション学における社会の文化型を high context 「ハイコンテクスト」と low context「ローコンテクスト」の二つに分類されている。ホール夫妻によると、「コンテクスト」はある事柄を取り巻く情報の量のことである。ハイコンテクストの場合とは、ある事柄に既に与えられている情報の量が多い状況を指し、ローコンテクストとは、事柄の情報が少ないことである①。ほかの言語学者にもコンテクストについての定義をされている。たとえば「コンテクストとはコミュ二ケーションが起こる物理的、社会的、心理的、時間的な環境をすべて指す」とも指摘されている②。さらに、ジェフ バークランド氏はコンテクストの概念を発展させ、受信と発信の概念を取り入れている。コンテクストと受信文化の関係についても、以下のように述べた。Low context「発信者責任型文化」に対して High context「受信者責任型文化」の比較です。「発信者責任型文化」の場合は言葉自体に意味があって、あまり Contextから意味を取れない。だからはっきりものを言わなければならない文化であります。「受信者型」は、context が非常に大切な役割を持つ。すなわち、話している言葉より裏にどういう意味を持つかを前後の状況などから読みとらないといけない。まさに、日本の文化がそれです③。前述の受信文化についての研究をまとめてみると、次のようになる。ローコンテクストの発信者責任型文化には、コミュニケーションを行う場合に、発信者(話し手)は多くの情報を受信者(聞き手)に与えなければならない。言い換えれば、ローコンテクスト文化は発信者責任文化であり、即ち、発信文化型である。一方、ハイコンテクストの場合には、発信者(話し手)は受信者(聞き手)に多くの情報を与えなくてもよい、双方のコミュニケーション及び情報の理解を受信者の責任になり、即ち、受信文化型である。日本は受信文化型の社会に属することはすでに広く認識されてきた。


2.2 受信文化の定義及び受信文化

受信文化の定義及び受信文化についての研究もさらに近年まで続いている。浦上典江1998.3)は下記の通りに述べた。欧米が発信に力を注ぐ文化なのに対して、日本は受信に力を注ぐ文化で、受信体が敏感でありすぎるため、相手(受信体)の反応を考えすぎ、自分に対する自己規制を強め、受信者側からの過大評価や過小評価に異常に神経を使い、言葉によるコミュニケーションを避けることになる。あいまい文化は受信文化だと言われる①。さらに、あいまい文化と受信文化の関係について、下記のとおり述べていた。短歌、能などは、はっきりした表現をせず(俳句は季語がある分、短歌に比べて、かなりはっきりしていると考えられる。または言葉や表現を省略して、受ける側の判断にまかせるところがある。これも曖昧文化は受信文化だと言われるゆえんである。また、インターネットにも受信文化についての検討が話題になっている。受信者責任型文化とは、相手の気持ちを汲み取る、相手の発する情報を深く掘り下げ真意を汲み取る文脈の中におかれていることを意味する   これをより有効に機能させるには、驕らない=自分をネガティブに捉える訓練を無意識のうちに行っていることを意味する側面がある    つまり、ネガティブな思考能力は、日本人は十分すぎるほどに持っており、大人には、この訓練はまったく不要だといってよい    ②先行研究を概観して、まず、受信文化の定義について、やはり浦上とジェフ バークランドの立場を支持したい。浦上は「日本は受信に力を注ぐ文化で、受信体が敏感でありすぎるため、相手(受信体)の反応を考えすぎ、自分に対する自己規制を強め、受信者側からの過大評価や過小評価に異常に神経を使い、言葉によるコミュニケーションを避けることになる。あいまい文化は受信文化だと言われる。」と主張する。ジェフ バークランドは受信者責任型文化と「状況」CONTEXT の関係を述べながら、受信文化型社会に受信者が「責任」を負うという特質を提出した。それにしても、筆者はあまり認められない点がある。上述のように浦上は発信文化について具体的に説明したが、受信文化とあいまい文化の関係に偏り、受信文化を全面的にあまり把握されていない。ジェフ バークランドは受信者責任型文化の定義を提出して、それについても簡単に述べられた、詳述されていない。ほかの研究者たちは受信文化を文化現象として分析し、コンテクストとの関係の論述に偏る。つまり、先行研究ではコンテクスト アプローチに偏っていて、言語との関係から文化をとらえることがなされていない。本稿ではそうした知見に学ぶとともに、言語文化学の視点から、日本の受信文化を考察する。具体的には、浦上とジェフ バークランドの立場を基礎に置いて、言語表現を「発信と受信」に焦点を当てて、日本語の授受表現、敬語表現、婉曲表現、あいづちなどの具体的言語行動表現の分析を通して、言語学の視角から日本文化が受信文化であること及び日本的な受信文化の本質を明らかにするつもりである。というのは、一般的に日本文化は、受信体の反応を考え過ぎる、受论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非