英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本论文:关于中国西域小说的浅析

论文作者:英语论文论文属性:本科毕业论文 Thesis登出时间:2012-03-27编辑:lena ding点击率:11248

论文字数:10126论文编号:org201203271046204673语种:中文 Chinese地区:日本价格:免费论文

关键词:中国コンプレックス敦煌井上靖中日友好

摘要:中国、尤其是中国西域对日本作家井上靖有着强烈的吸引力,在藐视中国成为主流的时代里,他毅然地喜爱着中国古典文化,并深受其影响,创作出了《敦煌》等以中国历史为题材的鸿篇巨著。在世界范围内刮起一阵“敦煌热潮”,并对中日友好作出巨大贡献。

要  旨
中国、特に中国西域の地区は、井上靖にとっては強烈な吸引力があり、中国を蔑視するのが主流の時代に、敢然として中国の古典文化を愛好し、そして深い影響を受けて、『敦煌』など素晴らしい作品を完成させた。全世界で「敦煌ブーム」を巻き起こし、中日友好にも偉大な貢献した。

 

キーワード:中国;コンプレックス;敦煌;井上靖;中日友好     
 

目 次

摘   要 I
要  旨 II
井上靖の中国へのコンプレックス 1
一、 シルクロードの真珠―敦煌 1
二、 日本の敦煌学 2
1 敦煌学の誕生の背景 2
2 敦煌学の発展 2
三、 作家である井上靖と敦煌 3
1. 育った家庭環境と社会環境 3
(1) 家庭環境 3
(2) 社会環境 4
2. 『敦煌』という小説の創作 5
(1) 西域の夢 5
(2) 『敦煌』という小説 6
(3) 『敦煌』の創作 7
3. 井上靖―世界平和の貢献 8
おわりに 9
参考文献 9

 
井上靖の中国へのコンプレックス―西域小説『敦煌』などの分析

はじめに

 日本の学者はユーラシア大陸を通り抜けるシルクロードが日本に仏教と文化を広めた道だと主張している。考古学者である原田淑人は敦煌が日本の芸術の源だと述べている。
作家である井上靖が53歳で『敦煌』、『楼蘭』などの小説を書き、シルクロードをたどって、偉大な貢献をした。松本栄一の書いた『敦煌絵の研究』という本が中国の敦煌研究の啓蒙的な教材と見なされ、「敦煌が中国にあり、敦煌学が日本にある」という学説さえある。
 本稿は日本における文学の面から、井上靖の作品を分析し、敦煌という日本には属していない所に大いに興味を持っているばかりでなく、中日文化の交流と協力及び中日友好への影響と意義について興味深いものがある。

 

一、 シルクロードの真珠―敦煌

シルクロードは中央アジアを横断する古代の東西交通路である。「絹の道」と訳される。この道を通って、古代中国特産の絹が西へ運ばれたために名づけられた。近年では、中央アジア地方を「シルク・ロード」とよぶ、日本独特の呼称すら(から)生じている。
西晋時代には、著名な将軍で能書の誉れ高い索靖や、敦煌菩薩とうたわれた訳経僧竺法護を生み、文化水準も内地並みに高まった。戦乱の五胡十六国時代に、河西の地は相対的に安定し、前涼、北涼、西涼など諸朝を通じ敦煌は発展期を迎え、一時西涼の国都ともなり、著名な石窟寺院(千仏洞=莫高窟)が開削され、仏教文化の中心地として栄えた。
 中国人たちは漢の武帝以来この地を中国領と位置づけていたが、都の北京からは何千キロもはなれていて、その上阿片戦争でイギリスの前に敢えなく惨敗していた中国に対し、中国に遠慮する国はなかった。ヨーロッパ列強は折からの帝国主義対立のため、地理上の空白部を埋めると称し、盛んにこの地に探検隊を送り込んだのである。
20世紀初め、石窟の一室に封蔵されていた数万点の古写本断巻、幡幢などが発見され、スタインやペリオによりイギリス、フランスに持ち出され、にわかに敦煌資料の貴重さが喧伝され、「敦煌学」とよばれる新研究領域が開かれ、文献学者や美術史家の注目の的となった。敦煌の文物が海外流出してから、はや百年になろうとしている。砂漠にのこされた莫高窟の仏教美術は常書鴻氏をはじめとする多くの中国人の筆舌につくせぬ努力と、その後の中国政府の文化財保護政策によって修復保存され、今では一般公開されている。

 

二、 日本の敦煌学

 敦煌学は、1900年に、中国甘粛省敦煌県郊外の莫高窟にて発見された敦煌文献を契機として誕生した学問分野であり、「敦煌研究」と同義語である。東洋学の一分野を担う。その中心は、敦煌文献の文献学的な研究ではあるが、広義には、莫高窟の仏教壁画や仏教彫刻の仏教美術史的研究、石窟の考古学的研究をも含む。

 

1 敦煌学の誕生の背景

 1868年、明治維新後、日本は近代化に成功し、短期間で立憲制度を確立し、富国強兵が推進された。19世紀の末期、軍事的、封建的な資本主義国家の日本は世界の中に強い勢力を持つ国になった。しかし、イギリス、ロシヤなどのような帝国主義国家との激しい戦いの上で、経済力の強い日本は自分自身が文化上の欠陥を感じて、発展の視線を文化に移した。

 

2 敦煌学の発展

 敦煌学が日本で繁栄してきたのは、日本と中国が同じくアジア国家に属し、歴史や文化上では、深く繋がっている、一方、敦煌学が日本とイギリスなどのヨーロッパ列強と中国文化遺産を争奪した結果とも言える。
 1900年、王円籙という道士が偶然に蔵経洞を発見した。その後、探検隊の調査がタリム盆地の西から東へ、最後に敦煌へ到達した。
 そこで彼等を待っていたのが荒れ果てていたとはいえ、未だその美しさの衰えない極彩色の壁画と仏像を擁した何百もの石窟からなる莫高窟であった。五世紀前半から千年も長期間にわたって作り続けられた石窟は世界のどこにもなく、その上ここの仏教美術品は質量とも他を圧倒する良品ぞろいであった。
ところが、一皮剝げば宝さがしを目的としていた探検家たちの欲望はこの仏教美術品ではなく、もっぱら蔵経洞から発見された万巻の敦煌文書に向けたれた。
彼等は発見者の王円籙に只同然の金子を握らせ、何千巻もの敦煌文書を巻き上げて本国に持ち帰った。こうして多くの中国人さえ知らなかった敦煌の名は一躍世界に登場することになった。明治維新後、列強の仲間入りを狙っていた日本からも大谷探検隊が派遣され、敦煌文書を持ち帰った。貴重な文化財の流出は運びやすい巻子本たる文字資料の敦煌文書に集中したため、彩色鮮やかな壁画や塑像の美術資料は一部の例外をのぞくと、かろうじて略奪・破壊から免れることができたのである。中国から持ってきた敦煌文書で、敦煌学は誕生した。

 

三、 作家である井上靖と敦煌 
井上靖は小説家である。明治40年5月6日、北海道旭川で生まれた。井上家は代々伊豆湯ヶ島の医家であった。父隼雄は軍医で、旭川第七師団勤務中に長男靖が生まれた。3歳のとき父母のもとを離れて湯ヶ島に帰り、曽祖父潔の妾であったかのの手で育てられる。沼津中学を経て、1927年旧制四高に入学し、柔道部選手生活を送る。30年、九州帝国大学法文学部に入学したが、上京して福田正夫の主宰する詩誌『焔』の同人となる。32年、京都帝国大学哲学科に転じ、同人雑誌『聖餐』を刊行した。36年卒業後、『サンデー毎日』の懸賞小説に『流転』が入選したのが機縁で、毎日新聞大阪本社に入社した。37年、日華事変に応召して華北に駐屯したが、病気で内地送還となり社に復帰した。以後、宗教記者、美術記者を勤め、かたわら安西冬衛、野間宏など関西の詩人と交わる。終戦後、突如あふれるように詩を発表し始める。48年東京本社に転じ、50年『闘牛』によって芥川賞を受賞した。
井上の文壇登場後、中間小説と新聞小説の全盛期が訪れ、多作に耐えつつ、『あした来る人』、『氷壁』などで新聞小説作家の地歩を固める一方、『異域の人』などで歴史小説の主題も温めていった。『天平の甍』、砂漠の小国の興亡を描いた『楼蘭』、ジンギ论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非