英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

中国当代文学在日本的翻译与受容――以《中国現代文学》杂志为中心

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-10-02编辑:vicky点击率:567

论文字数:38421论文编号:org202209271030284517语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本文学论文

摘要:本文是一篇日本文学论文,本文旨在以《中国现代文学》为中心,在了解中国现代文学在日本的翻译和接受情况的基础上,分析什么样的中国现代文学作品更容易被日本人接受,进而分析近代以后,日本对中国文化产生了比较大的影响正在蓬勃发展的中国是想从文学的角度来反省对日本是否也有一定的影响。

本文是一篇日本文学论文,《中国现代文学》是由中国现代文学翻译会创刊的杂志。之前也提到过,中国现代文学翻译会对中国现代文学的翻译和介绍历史已经有40多年了。在这40多年的历程中,中国现代文学翻译会这样的团体出现了一些,不断地进行着中国现代文学作品的翻译。其中《中国现代文学》及其前身《中国现代小说》在中日文学交流中发挥了非常重要的作用。

第一章 文芸雑誌『中国現代文学』の紹介

1.1『季刊中国現代小説』と中国現代文学翻訳会

『中国現代文学』の創刊を紹介するに先立って、『中国現代文学』の前身である『季刊中国現代小説』を紹介する必要がある。1980年代、日本では中国現代文学の研究ブームが続いている状況の下で、一部の都立大学の中国語大学院出身の中国語研究者は読書会を創設し、中国文学作品を定期的に翻訳、検討し始めた。これらの中国語研究者はその後しばらく、日本読者向けの中国文学作品を紹介する雑誌を創刊することになった。張鵬飛は、「中国現代文学は日本における人気が一番高い時期にしても、その受容程度が依然として限度がある」1と指摘したように、受容の原因で創刊がそれほど簡単なことではない。このような状況の中で、『季刊中国現代小説』のチームは資金の出所を見つけないため、刊行会のメンバーが自ら金を出している。そして、順調に出版し、しかも発行を維持するために、雑誌創刊のコストを抑えなければならない。したがって、画策、編集、デザイン、製版といった創刊の手順はすべて刊行会のメンバーたちによって完成される。このような状況であっても、雑誌の質がわりと高いことが見られる。

また、刊行会のメンバーは中国小説を上手に翻訳できるよう求められるのみならず、上述した編集したり、版を組んだりする能力も必要であるので、資金の他に、人手不足も大きな問題となった。

日本文学论文参考

1.2他の同類雑誌との比較

1.2.1『火鍋子』

1991年、谷川毅によって創刊された『火鍋子』は中国現代文学に重点をおいて翻訳し、紹介する雑誌である。なぜ『火鍋子』という名前をつけたのかという問題に対して、火鍋は日本人が大変好きな料理なので、読者がこの雑誌を読むことが火鍋を食べるように感じることが期待していると谷川毅はこう答えた。ところが、谷川毅は名古屋経済大学の教授として、中国現代文学を研究している。より多くの日本人の読者に中国文学の発展趨勢を理解させ、中国作家およびその作品に対する理解を深めるために、日本における中国現代文学の宣伝に中国語学習者または中国文学研究者なりの役割を果たしたと言える。それゆえ、中国のメディアに取材されたこともある。例えば、『なぜ中国作家は封鎖しすぎるというか』という遼寧日報の問題に対して、中国語が精通する日本人の視点から、“我首先感到的是中国作家的姿态不是向外,而是向内,换言之,他们的姿态不是敞开的,而是的……深挖小说中登场人物的内心世界,其实也是作家自身在深深地凝视和矫正自我,缺乏深层的挖掘,作品的深度就很难呈现出来。”「中国人の作家の創作姿勢は外向きではなく、内向きの傾向が見られる。すなわち、彼らは世界を見つめる姿勢は開放的ではなく、封鎖的である。···登場人物の心の世界を掘り下げると同時に、作家自分自身の心の世界を直視しなければならない。だからこそ、視線を自分自身から逸らして、外から自分を見つめるだけではなく、外から中国現実を見つめる必要がさらにある」2という深く考えさせる見方を示してくれた。2012年、中国の作家莫言はノーベル文学賞を受賞したことにつれて、中国作家が世界の注目を集めるようになったと言っても、中国現代文学は日本における受容程度が大きく変わったことがない。中国現代文学には優れた作品は数多くあるが、どのようにして容易に外国人を受けさせるのかが問題である。

第二章 翻訳された作品の特徴

2.1残雪の世界

残雪といえば、まず中国のカフカという印象が頭に浮かぶだろう。2019まで、『中国現代文学』は合計10篇の残雪の小説を紹介した。それぞれは、『阿娥』、『インスピレーション』、『もう一つの世界』、『再生レンガ』、『円形の精霊』、『紅葉』、『鬼節』、『埋葬』、『陰謀の網』、『趨光運動』、『よそもの』、『鹿二の心配』である。作品の特徴に対して、「残雪の作品によって、世人に示したのは、時間においても空間においても探求することができない荒誕、奇異、寒冷、恐怖である」6と柳慕雲が言った。2015まで、残雪の作品は日本において、9篇が出版された。その中の『暗夜』は2008年日本河出書房新社によって出版された上に、池沢夏樹の編集した『世界文学全集』に選ばれ、入選した唯一の中国現代文学作家となった。文学作品の他に、残雪の文学評論『魂の城.カフカの解読』は2005年に日本研究者に翻訳され、出版された。『中国現代文学』だけを見れば、残雪は日本における翻訳と受容、および浴びている注目が莫言よりも多いと言える。したがって、残雪の小説の特徴を一つの特例として、研究する必要があるのではないか。

しかし、柳慕云は言ったように、残雪の作品には荒誕に満ちたので、彼女の作品を研究する前に、その生涯を理解しなくてはいけない。

2.2徐則臣の描いた北京

2.2.1徐則臣の生涯

中国70代作家の光栄と思われる徐則臣の作品は人が青年時代において到達できる視野を示したと評価された。『啊、北京』、『北京西郊の物語集』、『北上』などの小説は名だけを見れば、北京と切っても切れない関係があることが分かるだろう。実は『中国現代文学』に紹介された徐則臣の小説は合計5篇の中にも、北京に関する物語がある。その六篇はそれぞれ『耶路撒冷』、『中間村を駆け抜けて』、『养蜂場旅館』、『アヒルが空を飛ぶなんて』、『もし大雪で門が閉ざされたら』、『北上』である。『养蜂場旅館』、『アヒルが空を飛ぶなんて』を除いて、他の4篇は全部北京で生活している人のストーリを語っている。

では、徐則臣の小説の特徴はなんだろうか。なぜ徐則臣の小説の大部分は北京に関わっているのか。これらの疑問を解答する前に、まず、彼の生涯を振り返る必要がある。 徐則臣は1978年に江蘇市で生まれた。1996年から1998年までは淮陰師範大学で就学していた。2000年に南京師範大学から卒業した。それで、大学院生は北京大学の中国語語系から卒業した。徐則臣今は、『人民文学』という雑誌で副編集長を担当している。彼は大学二年生から文学創作を始め、今まではすでに20年余りの創作経歴がある。叙述した作品の他に、また『夜火車』、『午夜の門』、『蒼声』など優れた小説がある。豊富な文学成果は徐則臣にも多くの名誉を与え、第四回春天文学賞、魯迅文学賞、馮牧文学賞、老舍文学賞などが含まれており、受賞したことがある。これらの文学賞によって、徐則臣が70代作家の群体においても、とても優秀な一員であることを明らかにした。

第三章日本における中国現代文学に対する受容 ........................ 44

3.1歴史の発展と受容度の変化 ............................ 45

3.1.1日本に色濃く一筆を残した魯迅 ........................... 45

3.2受容度の変化と相互受容の入超 ............................... 47

3.2.1歴史、政治および社会環境による影響 ..................... 50 论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非