英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

关于川端康成的美意识和主客一如主义的探讨——以《伊豆的舞女》为线索

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-10-17编辑:vicky点击率:615

论文字数:29566论文编号:org202210081435045856语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本文学论文

摘要:本文是一篇日本文学论文,本文通过对《伊豆的舞女》的研究,笔者希望可以加深对该作品的理解,并且能更深层次地领悟川端康成的精神世界。

本文是一篇日本文学论文,本文以《伊豆的舞女》为线索,考察了川端康成文学风格的形成,分析了他的写作风格特征,但由于缺乏川端康成的主客一如主义,因此作为今后的课题。

1川端康成の美意識

1.1川端康成の美意識の形成

川端康成は昭和九年の「文学的自叙伝」で「西洋の近代文学の洗礼を受け、自分でも真似ごとを試みたが、根が東洋人である私は、十五年も前から自分の行方を見失った時はなかったのである」15と述べている。つまり、川端康成は日本の古典美意識を受け継ぎ、独特の美意識を持っている。また、生活環境は作家の美意識の形成にも重要な役割を果たしているため、本論文は生活環境及び日本の古典美意識に分け、川端康成の美意識の形成について探求してみる。

1.1.1生活環境

川端康成の美意識の形成は、彼の生活環境、特に生活環境で育った性格とかかわっている。そこで、川端の美意識の形成を、彼の生活環境の中で育った鋭敏な感受性、孤児根性の寂しさ、純愛への憧れという性格を通し分析してみる。(1)鋭敏な感受性川端は生涯を通じ、繊細な感性で外界を感じて来た。まずは神秘的なことである。つまり、幼年時代から肉親を失った川端は「霊魂」を信じ、繊細な感覚で外部の世界を感じていた。例えば、彼の祖父が家相学などの研究をしていたので、祖父と暮らしている川端もある程度影響を受けたのである。従って、幼いころの川端康成は天気予報のような小さな予言をしたあと、「神童」と呼ばれることもあった。そして、高校生の川端康成は今東光の父から霊智学(心霊学)16の話に耳を傾けたこともある。その後、彼は神秘性に満ちた「白い満月」を皮切りにし、心霊的な作品を発表した。そういう心霊的な作品は想像、フィクション、神秘性に満ちている。言い換えれば、孤児になった川端は、人が死んでも魂は存在していると信じており、繊細な感覚で「想像」「神秘性」に溢れた心霊的な作品を作り出したのである。

日本文学论文参考

1.2『伊豆の踊子』における美意識

前述のように、『伊豆の踊子』における環境描写、人物の動作、心理描写を詳細に分析した論文は存在していないため、本論文では環境、人物から『伊豆の踊子』における美意識を詳細に考察してみる。

1.2.1環境から見た美意識

『伊豆の踊子』には人間と自然の精神的な融合により、「自然美」「もののあはれ」「幽玄」などの美意識を表現している。ここでは、作品における環境描写について詳しく分析してみる。

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。(前略)重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚れながらも、私は一つの期待に胸をときめかして道を急いでいるのだった。

主人公が急いで天城峠に登った場面である。「雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。」という自然描写は激しい雨で道を急いでいる人物の心情を表現している。また、美しい原生林や渓谷などよりも、心の中の期待の方が主人公を引き付けることが窺えた。つまり、山々、原生林、深い渓谷の秋の美しさだけでなく、道を急いでいる人物の心情も描かれたと言ってよいであろう。

2川端康成の主客一如主義

2.1川端康成の主客一如主義の形成

川端康成は芸術の真髄が東洋古来の美であり、以前にも西洋の近代文学の影響を受けた60。特に、第一次世界大戦後のヨーロッパに興ったダダイズム、アバンギャルド運動、ドイツ表現主義などが新感覚派の表現、手法に影響を与えた。また、1925年1月川端康成は『文芸時代』において主客一如主義などを述べたため、本論文は時代背景から、川端の主客一如主義の形成を探求してみる。

第一次世界大戦後、日本経済は回復と発展を遂げたが、1920年経済危機、1923年関東大震災も発生したため、社会には虚無、絶望、瞬時の快楽を貪る風潮が広がった。それは川端康成の主客一如主義の誕生に基を築いている。

一方、第一次世界大戦後のヨーロッパにダダイズム、アバンギャルド運動、ドイツ表現主義などが興った。ドイツ表現主義は、客観的表現を排し内面の主観的な表現に主眼をおくことを特徴とした。

その影響により、新感覚派が誕生した。新感覚派というのは、大正後期から昭和初期にかけての日本文学の一つの流派のことである。西欧からダダイズム、アバンギャルド運動などの影響を受けたため、新感覚派は比喩、擬人法、誇張などの表現技巧を利用し、主観的な強烈さを強調している。また、新感覚派の周辺には主客の二分化を克服した<物自体>の看取が一致して追究された。つまり、主客一如という思想は川端康成が提唱したのではなく、昭和初期文壇に議論されてきたことを彼にまとめられたのである。

1925年1月彼は『文芸時代』において「新進作家の新傾向解説」を発表した。また、川端の「新進作家の新傾向解説」の中に「主客一如」の概念として示された。以下のとおりである。

2.2『伊豆の踊子』における主客一如主義

前述したとおり、山本壽夫(1973)は、万物一如・輪廻転生の思想に川端の文学の心があると指摘している66。一方、潘仰旻(2016)は、「川端康成の宗教的思想から見た共生観に関する一考察」において道家と川端の共生思想を探求している67。彼らは『伊豆の踊子』における主客一如主義を詳しく分析していないが、本論文は『伊豆の踊子』における主客一如主義を考察してみる。川端康成の伊豆への旅ということは、主客一如主義の過程であると言ってよいであろう。川端文学に大きな影響を与えた庄子は「游」について様々な考えを持っている。高恒中(2019)によると、庄子による「游」とは、悪い環境において精神の中から自由に達した方法を探すことしかできないことなどの人生理念を明らかにした。また、旅行中に、時空、主客、天人の限界が破られ、この状態では人、天地万物、宇宙が一つになっているということである68。それと同じように、『伊豆の踊子』において川端康成が高校生の日常生活を離れ、旅芸人の生活を体験するという時空、主客などの限界は破られた。従って、川端康成の伊豆への旅も主客一如主義の過程だと思われている。

前述の主客一如主義の意味を踏まえ、本節では主人公と景色、主人公と他人、主人公と川端康成、生と死という四つの面から『伊豆の踊子』における主客一如主義を考察してみる。

3川端康成の美意識と主客一如主義との関連性.............39

3.1伝統性と現代性.........................39

3.2道教との関係..........................40

3.3『伊豆の踊子』における美意識と主客一如主義................42

おわりに............................47

3川端康成の美意識と主客一如主義との関連性

3.1伝統性と現代性

川端康成の美意識は伝統性が強いが、彼の主客一如主義は現代性を帯びると思われる。以下はその伝統性と現代性に论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非