英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

丰子恺的日本观

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-02-02编辑:vicky点击率:1546

论文字数:65255论文编号:org202201122044364459语种:中文 Chinese地区:中国价格:$ 33

关键词:日本文学论文

摘要:本文是一篇日本文学论文,本论文历史性地考察了丰子恺的日本观。以丰子恺为例,研究了近代中国知识分子的日本观是如何变化的。以日本观为大主题,分他对日感情、日本艺术观、日本文学观、对日本国民性的认识等各方面进行了论述。

本文是一篇日本文学论文,笔者认为在研究中国人的日本观时,提出了必须注意的地方。总之,丰子恺是近代中国知识分子代表之一,对日本文化生活的体验和评论有了敏锐的观察,在认识到“美”的一面的同时,也对日本的“恶”有了相当深刻的认识。在20世纪,可以说是中日文化交流的重要使者之一。

一、 早期の日本観(1898-1931)


1.社会風潮と教育背景

豊子愷(1898-1975)が 1898 年 11 月 9 日に浙江省石門県玉溪鎮(今浙江省桐郷市石門鎮)「豊同裕」という紺屋で豊鐄(1902 年に挙人となり、1906 年死去)の末子として誕生した。父が開いた塾で、『三字経』『千字文』『千家詩』などの啓蒙を受け、1907 年、「雲芝私塾」に転学して、『幼学瓊林』『論語』『孟子』を学んでいた。塾で孔子像を描き、「小画家」のあだ名を得た。

その頃、「甲午中日戦争」が終わったばかりであった。日本は明治維新を経て西洋を学んで国力を大きく上回って昔の先生である中国を敗北させたので、今まで日本を見下していた中国人は初めて日本という国を相手にした。早い段階で明治維新を経て西洋文明を取り組んで近代化した日本は、中国の知識人にとって近代化への模範である。その認識の変化の上に、清朝政府は中国人の日本への留学を進め、日本を通じて西洋文明を吸収するように取り組んだ。そうした時代風潮に乗って、1905 年に科挙制度が廃止され、各地に新式の学校が雨後の筍のように次々と現れた。

1906 年、浙江巡撫張曽揚の奏請を裁許され、1908 年に浙江官立両級師範学堂が開校した。1913 年に改名して、浙江省立第一師範学校(現杭州師範大学)になった。3その際、豊子愷が崇徳県立第三高等小学校から卒業し、1914 年 9月にその新式学校に入学できた。4当時の浙江省立第一師範学校は名人がたくさん集まる場所で、自由民主の雰囲気で新式教育を行い、日本留学から浙江省立第一師範学校で美術と音楽を教えていた先生――李叔同はここで裸体モデルを用いて中国初の人体写生教育を行い5、日本留学から帰国してここで国文の先生として教鞭を取った夏丏尊は、白話文を提唱して国文改革を実行した。当時の浙江省立第一師範学校は南地域の新文化運動の中心とも言える。豊子愷がその自由な校風に満ちていた学校で勉強し、特に李叔同と夏丏尊に強く影響を受けた。自伝で彼は李叔同の教育が「父の教育」、夏丏尊の教育が「母の教育」1と述べている。李叔同に師事して音楽と洋画を習い、夏丏尊に師事して文学を学んでいた。またこの二人から日本語を学んでいたことは弘一法師がなくなり豊子愷の弘一法師の記念に書いた文章から分かる。


2.日本留学

豊子愷は、1919 年 7 月に浙江省立第一師範学校を卒業して、同年の秋に呉夢非と劉質平と共に上海で上海専門師範学校を創立し、美術教師として洋画を教えていた。ところが、1920 年頃、彼の心境は一変した。上に引用したように、豊子愷は当時日本の美術界の盛況が羨ましかった。彼の言った「日本美術界の盛況」とは、どう理解すべきか。これについて、当時の日本の美術界の状況を振り返ってみよう。

大正デモクラシーなど政治上のゆとりが文化思潮に反映し、明治末期の美術を引き継いで大正時代の美術界は盛況を迎えている。洋画とも日本画とも極めて発展を遂げている。文部省美術展覧会――「文展」(1907-1918)、帝国美術院美術展覧会――「帝展」(1919-1934)といった日本洋画アカデミーが社会的地位を高める一方、それに反発する個性的な芸術家が、新たな表現をし、新たな団体を立ち上げていった。第一次世界大戦前後、西欧美術界の変化が激しく、フランスの「野獣主義」「立体主義」やイタリアの「未来主義」、ドイツの「ダダイスム」と「表現主義」、ロシア構成主義などがともに発展している。西欧の現代主義思想がほぼ同時代(大正時代)の日本に影響している。新進の洋画家が 1912 年に「木炭会」、1914 年に「二科会」を創立し、上述の西欧の前衛美術を日本に紹介していた。それに対し、日本画の動向としては、岡倉天心の死去を機に、1913 年に東京で横山大観を中心に日本美術院を再興、1919 年から「院展」を開いていた。東京「院展」の刺激で、京都で 1918 年に竹内栖鳳、土田麦仙などが「国画創作協会」を創立し、西欧の「印象主義」を受け、個性のある新日本画の創作を求めていた。1917 年に版画協会、1920 年に日本分離派建築会と未来派美術協会が結成された。


二、抗日戦争時期の日本観(1931-1945)


1.局部戦争時期における日本観

日本軍が 1931 年 9 月 18 日に「九・一八事変」を引き起こし、中国の東北地方を侵略した。後、1932 年 1 月 28 日に、上海に駐在した中国軍を攻撃した。所謂「一・二八事変」が当時、上海や杭州、故郷の石門湾などの三つの所を転々と回って生活している豊子愷に一撃を与えた。

1932 年 12 月 5 日に石門湾で作られたエッセイ「夢か現か」で、豊子愷が「一・二八事変」後の上海の閘北について記しておる。文末から、彼の「一・二八事変」への態度が見られる。

人世間的變幻不測與夢境有何兩樣?就是最近的時事看:内亂的起伏,黨派的糾紛,都非人民意料所及;一二八淞滬戰事的突發,上海的災民誰也説是「夢想不到的」。我戰後來到上海,有好幾次看見了閘北的一大片焦土而認真地疑心自己是在做夢呢。

「一・二八事変」が当時の上海の多くの民衆にとって全く「予想外」のことであったという。事変後の上海に行って、焦土化した閘北の土地を見ても、戦争の最中にいることを信じられない。当時、松滬戦役で彼と匡互生らの創立した学校「立達学園」のキャンパスも惨害を被ったのもあったが、戦争が身近なことであると初めて思ったとこの文章から分かる。

その後、豊子愷は、時局に注目し、日本に与えられた中華民族の苦難を描いた。例えば、1933 年 1 月 23 日から 2 月 3 日までの間に、山海関一円を攻撃して関内に入ろうとする「山海関戦闘」などを反映した「関山月」、1934 年 2 月の『申報週刊』に「一・二八の夜」と、1936 年『中学生』雑誌の第 62 号に発表された「声の限りに助けを呼んだが、結局自分で消火しかない」とがある。 


2.国家運命と戦争体験で刺激された抗日の決心

前節ですでに述べたように、1932 年「一・二八事変」から、日本についての批判が出始めた。ところが、その時は戦争の実感がまだ少なかった。もし、心血を注いだ「立達学園」のキャンパスが日本の挑発した「一・二八事変」で荒らされたことが彼に与えた事業上の影響であると言ったら、全面戦争が始まったきっかけとなった「七・七事変」で彼は抗日の決意を唆した。1937 年 7月 7 日の「蘆溝橋事変」は中外を驚かせた大事件である。それで、日本は中国を侵略する野望を全中国の人民の前で暴露した。宇宙風社が文学界の「救亡圖存」に応じて、第47期の増大号を発行し、郭沫若の「日本から帰国した」、波洪の「二十九軍を記す」、老向の「陥落前夜の北平」などを掲載した。民族の災難の前に、良知のある知識人としての豊子愷も事変の 14 日後、「是可忍孰不可忍」(漫画)1を描いて、日本の醜行を反対した。刀を持っている野蛮な奴が「長衫」を着ている论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非