英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

堀辰雄的人生观思考——以《圣家族》《起风了》《菜穗子》为例

论文作者:留学生论文论文属性:职称论文 Scholarship Papers登出时间:2022-11-14编辑:vicky点击率:60

论文字数:32023论文编号:org202211071456288107语种:中文 Chinese地区:中国价格:$ 22

关键词:日本文学论文

摘要:本文是一篇日本文学论文,本文通过对堀辰雄的代表作《圣家族》、《起风了》、《菜穗子》的分析,探讨了他的人生观。

本文是一篇日本文学论文,堀辰雄创作《起风了》和《菜穗子》的时候,日本正处于战争时代。在这样的时代里,堀辰雄承认了无论在多么残酷的现实中,不是在死亡中,而是在生活中,价值和幸福的存在。由于笔者能力不足,只想考察和分析堀辰雄的三篇作品。关于堀辰雄的其他作品中的人生问题,我想利用别的机会进行研究。
第一章 堀辰雄の生い立ち

1.堀辰雄について
堀辰雄は明治37年12月28日うまれた。生年が辰年であったため辰雄と名付けられたらしい。父浜之助は広島藩士族で、明治維新後、おそらく数年を経た後に上京し、明治十三年司法省庶務課雇員を振り出しに官吏の道を歩み、堀辰雄が生まれた頃には従七位·勲八等を授かり、東京地方裁判所の「監督書記」 の地位にあった。当時の法律「裁判所構成法」によれば監督書記という官職は、地方裁判所の書の中では最上級職であった。

堀辰雄の実父(堀浜之助)は裁判所の書記の監督を務めていて妻もあったが、どういう経緯からか堀辰雄の実母と知り合い(婚外子として)堀辰雄をもうけた。「江戸の落ちぶれた町家の娘であつた」1母が、麹町平河町に住んでいた 。「年も身分もちがふ」その浜之助にどうして知られるようになったかということに関しては、堀辰雄自身も知らない。堀辰雄は生後堀夫妻の手で育てられることになり、彼が母の懷を離れられるようになるまでという約束で、 母も一緒にその平河町の家に同居していた。彼はやがて母の手を離れられる程成長したが、母の愛情は深まってどうしても手放す気にはなれず、そうかと言っていつまでも母子揃ってその家にいることはできなかった。そこで母は決心して、子供を連れてその家をこっそりと出て、向島の小梅にいた妹夫婦の家に落ちついた。小梅の家についてから急病をおこし、母は仕方なく浜之助にすべてを告げた。この折子供を連れて帰るか実母の手に残すかについて、父と母の間でどん話が交されたかは明らかでないが、浜之助は心よく子供を母の手に渡したようである。タ方浜之助は帰ったが、その折堀辰雄は母に連れられて、水戸様の前まで父を見送り、土手の上で父と別れた。これが堀辰雄が父に会った最後である。二歳の折のそんな別れはだんだん彼の記憶からは違ざかって、実父浜之助の存在を知らないという状態にまでなってしまった。

2.人生の転機•芥川龍之介との別れ

1923年、堀辰雄は日本の有名な詩人で、小説家でもある室生犀星の推薦を受けて、当時の有名な作家芥川龍之介と知り合った。芥川龍之介は堀辰雄の文学的才能について大いに称賛して、晩年の関門の弟子として受け入れた。芥川は最初から堀辰雄を気に入り「自分の信じた道をどんどん進みなさい」「私はあなたと安心して芸術の話ができる気がする」というような手紙を書き送っている。堀辰雄を「辰っちゃんこ」と呼んで可愛がり、軽井沢で自分の恋人・片山廣子(筆名・松村みね子)やその娘・総子らと遊んだこともあった。 堀辰雄にとって、芥川龍之介は「厭世主義の現実主義者」であり、「自分の心の中に深く根ざしている」とし、「芥川龍之介は私の最高の先生だ」と自認した。そして、芥川龍之介は「僕の眼を死人の眼を閉ちる、やうに静かに開けてくれました。」1(芥川龍之介論)というほど深い影響を彼から受けるのである。それは文学方面に限らず、言わばものの見方、考え方を芥川から教わったといってもいい。

日本文学论文怎么写

2.1芥川の死から立ち上がる堀辰雄 

1927年7月、自分の将来について漠然とした不安だけを感じたという風の遺書を残して、わずか35歳で芥川龍之介は自殺した。芥川龍之介の人生後期における疾病の悩みと巨大な生活圧力が彼の厭世感情を深めた。浅井隆作への手紙の中で、彼は次のように書いている。

第二章『聖家族』

1.『聖家族』について

1.1『聖家族』の紹介

『聖家族』は1930年に初めて<改造>11月号に発表され、1932年には堀辰雄が直接装丁して江川書斎で単行本を出版した。これは文壇で認められた堀辰雄の出世作であり、初期の代表作でもある。『聖家族』は、死者九鬼を軸に、その周辺人物の心理描写が克明に描かれている。河野扁理が、敬愛する師の死をきっかけに、師の恋人だった夫人と彼女の娘と出会い、師と夫人の関係に、青年自身と少女の恋愛を重ねながら自己のあり方を確立してゆく物語であり、ラディゲやコクトーから学んだ理知的な手法や文体で描かれている。または、この作品で、堀辰雄は、「死」を通じて「新しい人生」に向かう著者の心の旅程を描いており、文壇で高い評価を受けている。その梗概は次の通りである。
九鬼の告別式に河野扁理はその女性が、細木夫人だとすぐに気づいた。細木夫人はしばらくしてから扁理のことを思い出した。細木夫人は、成長した扁理を、「まるで九鬼を裏がえしにしたような青年だ」と感じた。九鬼と細木夫人の過去を知るようになり、扁理は細木夫人に対する複雑な感情を持つようになると同時に友達に対する愛情も芽生え、このような複雑な状況が彼を悩ませ、混乱させる。

絹子は、自分の母の眼を通して扁理を見つめだした。彼の中に、母が見ているように、裏がえしにした九鬼を見た。絹子と同じように扁理も、彼女を愛し始めていた。扁理は、自分もまた九鬼のように傷つけられないうちに、彼女たちから早く遠ざかってしまった方がいいと考えた。彼は絹子を離れ、最後に一人で海辺に行った。

2.『聖家族』における人物 

2.1九鬼に似た扁理

九鬼の告別式場に一人の世婦人が自動車で現われる。細木という未亡人である。この婦人は「まるで舞踏合かなんぞのやうな」告別式場の騒ぎに半ば失神したようになったが、一人の青年に腕をとられてかろうじて群集の外に出ることができた。この青年は河野扁理と言い九鬼が生前可愛がっていた青年だが、細木夫人は数年前軽井沢で九鬼に会った折、彼がその扁理を連れていたことを、その折の思い出と共に思い出した。扁理は「どぎまぎしながら」ボケットの中から一枚の名刺を取り出した。それは九鬼の名刺だっが、「自分の名刺がありませんので·····」と言って、それを裏がえしにして自分の名前を書いて渡した。夫人はそれを見ながら、「まるで九鬼を裏がへしにしたやうな青年だ」と彼等の類似点を見いだした。

容貌の点から言うと彼にはあまり九鬼に似たところがない。むしろ対蹠的と言っていい位なものだ。だが、その対蹠がかえって或る人々には彼等の精神的類似を目立たせるのだ。

九鬼はこの少年を非常に好きだったらしい。それがこの少年をして彼の弱点を速かに理解させたのであろう。九鬼は自分の気弱さを世間に見せまいとしてそれを独特な皮肉でなければ現わすまいとした人だった。九鬼はそれになかば成功したと言っていい。だが、彼自身の心の中に隠すことが出来れば出来るほど、その気弱さは彼にはますます堪え難いものになって行った。(堀辰雄『聖家族』P.4)

第三章『風立ちぬ』 ........................ 27

1.『風立ちぬ』について ..................... 27

1.1『風立ちぬ』の紹介 ................ 27

1.2『風立ちぬ』の背景 ...................... 28

第四章『菜穂子』に登場する人物の形论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非