英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

大福自动搬送设备(苏州)有限公司口译实践报告——以插入结构的口译为中心

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-06-12编辑:vicky点击率:60

论文字数:42522论文编号:org202206081423336681语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日语论文选题

摘要:本文是一篇日语论文选题,本文将实践材料集中在早会的内容上,并不是很长时间,虽然还有很多不足,但希望能对今后的研究有所帮助。

本文是一篇日语论文选题,本文是根据戴夫克自动搬运设备(苏州)有限公司的翻译实践进行分析的。通过以上分析,总结了日语插入结构的翻译方法。①翻译在提及内容中添加信息的插入结构时,可以采用省略法、加译法、合译法。附加附加信息的插入结构即使对听者来说没有也不会影响对原来的发言的理解,因此可以省略。添加不足信息的插入结构是不可缺少的信息,因此根据注释内容的位置,可以采用加译法或合译法。

第 1 章 序論

1.1 通訳実践の背景

MTI 専攻の学生として、筆者は 2020 年 8 月 3 日から 12 月 31 日にかけて、5カ月にわたってダイフク自動搬送設備(蘇州)有限会社において現場通訳者を担当していた。ダイフク(日本)株式会社は、1937 年設立以来、モノを動かす技術(マテリアルハンドリング)に磨きをかけ、生産・流通・サービスの分野で物流の合理化を追求してきた。

また、世界 26 カ国と地域に生産・販売拠点を設け、海外売上高の比率は 65%に達している。支社であるダイフク自動搬送設備(蘇州)有限会社は、2012 年 11 月に設立され、自動搬送装置、物流措置、制御装置、自動制御システムの研究開発、設計、製造を事業領域とし、関連する修理・メンテナンス、取り付け・試運転、改造・改良、技術コンサルティングを提供している。

日语论文选题参考

筆者が実習していた部門は、SSS(Stocker Scheduling System)というソフトの調整チームである。日々の仕事は遂行通訳、メール翻訳、朝礼通訳などである。遂行通訳をする場合、通訳の内容が断続で、収集が容易ではないため、本稿では朝礼通訳の素材に焦点を当て、通訳の実践中で発生した問題点を分析する。

1.2 通訳実践の目的

理論を実践と結びつける必要がある。筆者は、大学院で主に理論的な知識を学んでいる。大学院での通訳練習は、ほぼニュースと会議通訳の練習となるため、内容が滑らかかつ流暢で分かりやすい。しかし、現場では、原稿を持たずに思いつくままに話す場合が多く、話し言葉の特徴が顕著である。また、現場通訳において、話題が多岐にわたり、固有名詞や隠語があるだけでなく、原稿もないため、日々の通訳実践を通して経験を積んでいくしかない。そのため、理論と実践を組み合わせ、実践の中で問題を解決し、実践力を高めていくことが非常に重要である。実践の目的として、現場通訳の特徴や難しさを了解し、今後の通訳業務に備えるための通訳経験をまとめることである。

筆者は現場での実践を通じて、作業場などで通訳を行う場合、環境が複雑で、通訳内容も常に変化するということが分かった。また、話し言葉や繰り返しが多く、コンテキストが混乱し、内容が比較的長いため、スムーズに通訳を行うことができなかった。特に、話し手が無意識のうちに繰り返したり、不連続なフレーズとセンテンスを挿入したりするため、挿入構造も多かった。

第 2 章 通訳実践のプロセス

2.1 前期の準備

通訳者の準備作業は通訳の成功につながる。通訳する前には、通訳内容や通訳対象など、通訳の質に影響を与える要素について、事前に準備する必要がある。そのため最初の一週間は、本番な通訳作業が始まらず、現場の環境に適応し、通訳対象の話し方や専門用語などを学んだ。

2.1.1 現場の環境と対象への準備

筆者は、主に朝礼とクリーンルームの通訳を担当していたが、両方とも現場の作業内容に関わるため、現場の作業内容やプロセスなどの勉強は重要であった。そのため、調整メンバーとクリーンルームに入り、設備の名称や作業プロセスを学び、ソフトウェア調整の他に、RM 調整、CV 調整、OHS 調整があることを明らかにした。例えば、調整作業のプロセスでは、RM、または CV の調整作業が完了した後、ソフトチームと搬送テストを行う。テストが成功すると、自動搬送ができるようになる。もし作業プロセスを理解していない状態で、「搬送テスト」と「自動搬送」の概念を混同すると、通訳のミスや人身事故などを起こしかねない。

通訳の対象は主にソフトチームの韓国人(日本語でき)と現場の責任者(日本人)であり、また今後の通訳業務での対策を用意するために、他の通訳者から、通訳対象の気質や話し方の特徴などの情報を手に入れた。例えば、ソフトチームの韓国人は、性格が穏やかで、話のスピードが適度で、話した内容が明確で簡潔であったため、話した内容を加訳し、作業の背景を付け加える必要があった。また、「日本」を「におん」に発音するなど、韓国のなまりがあるため、聞き取りにくいこともあった。日常生活の中で、発音の特徴に更なる注意を払い、文脈の意味によって理解する必要があった。

2.2 実践の過程

2020 年 8 月 3 日の朝、筆者は会社に到着した。深圳市華星光電半導体顕示技術有限会社は、ダイフクから設備や技術などを導入し、設備の置き場を提供する。即ち、実践の場は、深圳市華星光電半導体顕示技術有限会社にあるクリーンルームの現場であった。筆者の仕事場は主に事務所とクリーンルームであった。事務所で、主に朝礼の通訳やメールの翻訳などを行い、クリーンルームで、SSS ソフトチームのリーダーの遂行通訳を担当した。SSS ソフトチームの仕事は、RM チーム、CV チーム、OHS チームのメンバーと共に装置の試運転を行い、装置を自動的に動作させることである。

スケジュールにより、朝八時半から現場の朝礼を通訳し、その後、SSS ソフトチームの朝礼を通訳する。朝礼後、チームリーダーと共にクリーンルームに入り、遂行通訳を担当する。午後はメールの翻訳を行い、18 時頃に SSS のメンバーに同行し、翌日の作業予定を連絡する。現場には、他に 6 人の通訳者がいて、それぞれが異なるチームを担当した。新人通訳者である筆者は、先輩から多くの専門用語や翻訳経験を学んだ。また、毎日の朝礼の内容を録音し、文字化することで、通訳の仕事をよりよく完成した。

2020 年 12 月 31 日に、実践は契約通り通訳仕事を終了した。

第 3 章 挿入構造の通訳における問題点及び解決策..........................9

3.1 言及内容に情報を付け足す挿入構造の通訳.........................9

3.1.1 付加情報を付け足す挿入構造...........................9

3.1.2 不足情報を付け足す挿入構造............................10

第 4 章 結論..................................19

第 3 章 挿入構造の通訳における問題点及び解決策

3.1 言及内容に情報を付け足す挿入構造の通訳

言及内容に情報を付け足す挿入構造には、付加情報を付け足す挿入構造や、不足情報を付け足す挿入構造がある。

3.1.1 付加情報を付け足す挿入構造

沪ICP备10026080号-1