英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

丰田 2021 年春斗模拟同传中长句的口译策略

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-06-12编辑:vicky点击率:83

论文字数:33563论文编号:org202206081718034195语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,本报告书是以丰田今年举办的春季谈判为基础,进行模拟同声传译的报告书。本报告主要论述了长句的翻译方法。

本文是一篇日本语言学论文,笔者在相关理论的指导下,运用顺译、减译及分译等口译方法进行了长句口译。笔者通过这次模拟同声传译,注意到了以下内容。翻译长句时,如果内容太长,不采取适当的解决办法,会浪费口译人员的时间,对听者来说,很可能很难听。在这种情况下,算不上好翻译。作为一名翻译,你应该尽自己最大的努力避免这种情况。

第 1 章 模擬同時通訳実践の概説

1.1 模擬同時通訳実践の背景と内容

筆者は自分が通訳のインターンを探した時、自動車業界は他の業界より日本語翻訳が必要とされていることに気づいた。トヨタは日本の有名な車メーカーとして、世界的に有名である。トヨタでは毎年春交渉を開催し、企業内の現時点存在している問題点や企業、さらに自動車業界全体の未来を議論する。今年の春交渉で、次の内容を提出した。現時点、トヨタにとって、労使双方が共通の基盤に立って、共通の方向に向かって努力しなければならない。また、トヨタおよび自動車業界全体では、カーボンニュートラルを中心に今後の自動車業界の方向性を議論されていた。今回トヨタが開催した春交渉は、社内向けの内容にしても、自動車業界全体への展望にしても、研究の価値があると思う。

そのため、筆者はトヨタが今年開催した春交渉を模擬の実践材料に選んだ。今回選んだ材料の内容は会議で発話者より上記の内容についての自分の思い、また今通訳の領域に存在している問題や疑問である。会議にはいくつの発話者がいる。そして、発話者の口癖や話すスピードも全然違うので、筆者にとって、研究またチャレンジする価値があると思う。実際模擬同時通訳をする時、会議で発言する日本側の人は長文で話すことが多く、同時通訳するのは難しいと感じられた。また別の資料を調べる時に、長文の種類が多くて、日中同時通訳の際には長文を話す場合が多いので、日中同時通訳の長文通訳を研究する価値があると考えた。今回の春交渉で発話者は様々な長文を使った。例えば、内容はそうなに難しくないが、発話者が話す内容は長すぎるので、通訳者にとって即時に通訳することが難しい。また、発話者が発言する時、急に他の内容を話す状況も時々ある。その時、臨機応変の能力が必要である。今回の春交渉は色々な状況がある。そこで、筆者は、トヨタの 2021 年春闘を例に、日中同時通訳の長文通訳を研究したいと思う。

1.2 模擬同時通訳実践の実践の特徴

まず、同時通訳は原稿付きと原稿なしの二種類に分けている。今回実践の形式は原稿付きであるので、原稿付きの同時通訳にある特徴を考えなければならない。原稿付きの場合には、筆者は以下の特徴をまとめた。

第一、原稿付きの場合、会議が始まる前に、通訳者は原稿を入手できる。そのため、原稿の中にある特定の言葉を事前に準備できる。また、通訳しにくい部分にも事前に調べられる。これで、通訳の質を上げられる。

第二、原稿なしの場合と比べて、原稿付きの方は情報を獲得しやすい。原稿なしの場合、通訳者は発話者の発言を聞いて情報を獲得するしかできない。原稿付きの場合となれば、通訳者は様々な面から情報を獲得できる。しかし、原稿は通訳者にとって、極めて重要な情報源なので、原稿付きの場合には通訳者が原稿に集中しすぎることがある。その結果、他の内容を無視しやすくなり、通訳の質に悪い影響を招く可能性が高い。

その他、今回の模擬同時通訳は他の原稿付きの同時通訳と違い、自分なりの特徴があるので、原稿付きの同時通訳の特徴を考える上で、自分の特徴も考えなければならない。今回模擬同時通訳の材料である春交渉は以下の特徴を備えている。

第 2 章 模擬同時通訳のプロセス

2.1 事前準備

質高い通訳を実現するために、事前準備をしなければならない。トヨタは自動車業界の大手企業であり、独自な自動車用語がたくさんある。事前調査を行わないと、順調に通訳することができない。そのため、筆者がトヨタ及び春闘の背景について調べた。トヨタの独自な自動車用語は事前にリストを作成した。

春闘は、「春季生活闘争」や「春季給料闘争」と呼ばれている。日本の労働組合が毎年の春に組織して労働者の給料を上げるために行う闘争である。1954 年、合化労働者連合会の太田薫委員長がこの案を提出し、1955 年に初めて春闘が始まった。その後、毎年各大手労働組合が合同で「春闘共闘委員会」を結成し、春闘を指導している。現在は日本の労働運動の定番の一つとなっている。春闘は普通交渉の方式で進行する。本報告では春交渉で春闘のことを指す。

日本语言学论文参考

2.2 現場通訳

正式な模擬同時通訳を行う前に、筆者自身は寮で模擬実践材料をベースにして何回も練習した。2021 年 4 月 6 日に新しい地球村の同時通訳の教室 215 で一回目の模擬同時通訳実践を行った。まず、出席者が席に就いた。また、出席者に訳文の流暢さ、分かりやすさ、ロジカル性という三方面から点数をつけてもらうことを頼んだ。パソコン、カメラ、撮影設備などの準備が揃えた後、会議を放送し、筆者が原稿を持って同時通訳を始めた。出席者の方は原稿なしでそのまま聞かせてもらった。会議時間はおよそ 65 分で、出席者の評価時間は 10 分で、今回模擬同時通訳の時間合わせて 75分ぐらいである。模擬同時通訳が終わったあと、撮影ビデオを保存し、出席者からの評価を聞いて記録した。一回目の同時通訳はここで終了した。

数日後、新しい地球村の同時通訳の教室 215 で二回目の模擬同時通訳実践を行った。準備の仕事は前回と同じである。今回の模擬同時通訳で、出席者に原稿を配布し、聞かせてもらった。前回の意見を聞いた上で改善し、同時通訳の時間はすこし短縮した。また、出席者の評価時間も短縮した。合わせて 70 分ぐらいである。終わったあと、出席者からの評価を聞いて記録した。二回目の同時通訳はここで終了した。

日本语言学论文怎么写

第 3 章 通訳評価........................7

3.1 他人評価.............................7

3.2 自己評価.......................................8

第 4 章 理論紹介と長文の通訳方法........................ 9

4.1 先行研究.................................9

4.2 長文の通訳方法................................ 11

おわりに.......................18

第 4 章 理論紹介と長文の通訳方法

4.1 先行研究

関連理論は Sperber と Wilson(1986)より提出された理論である。1986 年に出版された「関連性:交際と認知」は関連理論の正式的な提出を示した。認知語用学の一つ重要な部分として、世界で幅広く利用されている。

関連理論の意味は论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非