英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

中国と日本のお茶

论文作者:英语论文网论文属性:MBA毕业论文 MBA Thesis登出时间:2014-06-10编辑:hynh1021点击率:13998

论文字数:9861论文编号:org201406101823107918语种:日语 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:中国日本 のお要旨日本 の飲 茶の習慣次第形成

摘要:周知のように、日本は島国で、面積が小さくても人口が急速に増大して、すべての人の生存と発展は容易なことではない。そのため、日本人は武士道精神を崇め尊び、苦しく寂しい中で努力して発展して来た。人間関係の調和のためにも「忍耐」のを強調して、自ら強靱な意志の訓練をして抑えることを重視している。茶室に入れば入り口が狭くて身を屈めて入らなければならないのも日本人の精神で、じっと堪える精神を見出すことができる。次に、自然環境も極めて厳しく、日本人に更に強いグループ意識と協業の精神を育てた。それは茶道の上でともに茶事に参加して、そしてともに調和がとれた雰囲気を作り出すことからと言える。

要旨:日本の飲茶の習慣が次第に形成されたのは約8世紀で、中国大陸から日本に入ってきたことは明らかである。日本の茶文化の歴史は中国の茶文化の歴史の発展に沿って発展して来たと言える。そして、東方文化の中で、「茶道」が非常に重要な構成部分である。「茶道」はお茶を仲立ちとして生活する中での儀礼なので、精神修養の一種の方式だとも思われる。それは茶を入れること、評価すること、そして飲茶することを通して、友情を増進し、審美の心をも修得することは、礼儀作法を学ぶ上で、とても役立つ一種のむつまじくして楽しい儀式となったと思う。
はじめに

飲茶については中国では長い歴史と古い記録がある。いつごろからか詳しくは分からないが、ただ大体の時代は言える。いろいろな資料によると 世界中多くの国の飲茶の習慣が確かに中国から伝播した。よって、飲茶の習慣は中国にはじまり、他国の飲本茶とお茶を植える習慣も中国から直接、あるいは間接に伝播して行ったと思われる。このことは多くの人が認めている。しかし、中国ではそう思わない人が多い。彼等はお茶を飲むことは中国の習慣でお茶の文化は外国のものだと思っている。特に、今、日本の茶道は特有の伝統、規範そしてその広さで世界の茶文化を主導している。それで、我々は中日の茶文化の異同に関してもっと冷静で客観的な分析をしなければならないと思う。


1. 茶の起源


中国は茶の木の原産地である。そして、中国は初めて茶の葉を発見、利用して わが国は更に世界の独特な茶文化を育成した。中国では、茶の葉が初めて四川省の周りから盛んに栽培され、それから東部そして南部に広く伝えられ、さらに全国に伝えられと考えられる。唐代になると、日本の最澄和尚は中国で仏教
を学んでから、茶の種子を持って日本へ帰った。その後、茶の種子が近江(滋賀県)の周りに播かれ、しかも嵯峨天皇の推奨で茶の葉が日本全国で栽培されるようになった。

中国人ではお茶を飲むのは始めは薬用から、後に日常の飲み物になったのである。陸羽の『茶経』はわが国の製茶と飲茶、さらに茶文化の精神的な背景を形成するための基礎を築いた。そして、これは中国の茶文化が薬用から飲用に、「実用」から「精神文化」になることの転換点だと言える。その後、茶と儒教の思想とが本格的な関係を持つようになった。それとともに詩文、書画、陶磁、工芸に融合された。日本の茶文化の歴史はその逆で「精神文化」から「実用」化されたと言える。飲茶の方式について言えば、中国と日本は全く違う風格がある。中国の飲茶方式は茶の葉の生産技術の進歩とともに、旧法を捨てて新しい方法を採用し続けていることである。一方、日本の茶道にあたる点茶法はわが国の宋の時代のそれが日本中世期の飲茶方式に反映している。よって、時代を離れ、現実から逃避するという特徴には「芸術的な隔離感」というものがあるようだ。


2. 「茶道」の概念


東方文化の中で、「茶道」が非常に重要な構成部分である。実際に「茶道」と言えば、大部分の人は容易に日本を連想すると思われる。実は、中国では、「茶道」と言う言葉を唐代から千年以上を使ってきた。中国人には「道」は完璧な思想学説と考えられ、それを宇宙、人生の掟、規則と見做す。従って、中国人は簡単に「道」という語を言わない。日本のように、お茶には茶道があって、花には華道があって、剣術にも剣道があって、レスリングの組み打ちにさえ柔道がある。ただ、中国では飲食、遊んで諸活動する中で昇華して「道」になったのは茶道だけだ。「茶道」はお茶を仲立ちとして生活する中での儀礼なので、精神修養の一種の方式だとも思われる。それは茶を入れること、評価すること、そして飲茶することを通して、友情を増進し、審美の心をも修得することは、礼儀作法を学ぶ上で、とても役立つ一種のむつまじくして楽しい儀式となったと思う。しかし、茶道の精神はいち早く中国に起った。中国人は少なくとも唐あるいはそれ前に世界でまず一種の精神修養の道としてお茶を飲んでいる。唐の『封氏闻見記』の中に「茶道」と言う言葉の記録があって、これは茶道に関する文献として一番早い現存する記録である。日本では、千利休が日本の茶道の師匠になった後に、やっと「茶道」というこの旗を高く掲げ、そして茶道を4規則に総括する。即ち、「和、敬、清、寂」である。明らかに、この基本理論は中国の茶道の精髄の影響を受けたもので、その主要な修養日程の骨組みは依然として中国に源を発する。


3. 現代中国の茶道


中国では、地域によって、気候が違う。それは、茶の木の生長に影響があり、お茶の種の資源が多く、お茶の種類もたくさんある。中国では、お茶の分類に関してその形状、目的によって、その見解を異にする。一般的に輸出するお茶によって、緑茶、紅茶、烏龍茶、白茶、花茶に分け、また緊圧茶と即溶茶に分ける。それのみでなく、それぞれの茶の種類によってもさまざまな分類がある。豊かな資源を持つ中国の茶芸には「品」が大切なことが認められる。それに、中国人は茶を飲むこと自体を重んじる。また、茶の種類によって、茶具そしてお茶の入れ方も違う。中国の茶芸はよく茶を入れるにはどんな方法が一番いいかと言うことを重視している。今では、既に「色」、「匂い」、「味」、「形」を周る評価基準の体系となっている。
ここで、中日の緑茶の入れ方について簡単に紹介する。中国では、普通、緑茶を飲む場合はティーポットで飲む、一回だけ飲む、グラスで飲む、陶磁で飲むの四つである。その四つの方法は全部、湯を直接入れて飲む。ただ、茶具によって違う方法を採用して、その違いに重点を置くだけだ。それで、茶の葉それ自体の特色に重点を置く。しかし、どんな飲み方をしても、いくつかの手順は同じだ。そして、要求も大体同じだ。例えば、茶の葉を観賞すること、用意すること、茶具を清潔すること、湯を沸かすこと、ポットを暖かくにすること、茶を入れることなどである。

中国で始まった茶道は道家の五行の調和と儒家の中庸の道をおしすすめるのが原則だ。即ち、中国の茶器はすべてきわめて入念に造られた陶磁器で、完全無欠なことを求める。たとえば、飲茶する時用いる壺は通常、紫の砂で作られた磁器など貴重な茶具である。その上、茶具の造型、模様、色、材料、美感などの方面にも厳しい基準がある。


4. 日本の茶道


日本では、茶を入れる時、もっとも重視してることはお茶をいれている「間」、そしてそこにおける精神である。入れる方法は中国のように多くはない。、抹茶を入れる場合を例に挙げれば、一般的に茶碗の中に抹茶を入れて、次に85℃の湯をゆっくり入れて、茶の箒で柔らかに掻き回しながら、泡の多い味が濃い茶湯を出す。日本ではただ緑茶のみを産出する。それには、玉露茶、碾茶、煎茶、番茶などいろいろな種類がある。よく知られている抹茶というのは碾茶で細かく粉みじんになったものだ。それに、日本の茶類そして製茶法は大体同じで、日本の茶道は中国のように「品」を主にして、「品」と言う意味で発展する可能性を持たない。その反面、日本の茶道はその身分制度と更に中国の影響で、「プロセス」を重じる特徴がある。
現在までの研究階段では、古代の日本には原生の茶の木がなく、飲茶の習慣もなく、飲茶の習慣が次第に形成されたのは約8世紀で、中国大陸から日本に入ってきたことは明らかである。日本の茶文化の歴史は中国の茶文化の歴史の発展に沿って発展して来たと言え论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/4 页首页上一页1234下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非