英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

基于奈达等价理论的短评汉译探讨——以《日语阅读2022版》为例

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2023-05-27编辑:vicky点击率:775

论文字数:52455论文编号:org202305221518079273语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,本研究首先对奈达的“等价理论”和日本短评的翻译进行了先行研究。并以《日语阅读2022版》短评译文为研究对象,采用案例研究的方法,从词汇、句子、文体三个方面分析了译文中体现的翻译技巧。

本文是一篇日本语言学论文,笔者在探讨《日语阅读2022版》如何达到“方向上的等价”翻译的同时,根据奈达的等价理论的译文原则,对译文的质量也进行了考察。

第1章はじめに

1.1問題意識

日本语言学论文参考

翻訳理論の授業で、国内外の翻訳家と翻訳理論を勉強した。翻訳について、ナイダは起点言語のメセッジーに最も近い自然的等価を受容言語にて再現することであると主張した。「形式的等価」、「動的等価」、「機能的等価」といった翻訳に関する等価理論も知るようになった。また郭沫若も「等価翻訳」とは「翻訳者が原文の情報や特徴などを自然に訳し、読者がこの訳文を読むと違和感なく、原文の文体、機能、意味、主旨なども等価的に再現させるものである①」と[3]139-153指摘した。

ところが、アンソニー・ピム②は翻訳する過程が「等価」を再現する過程で、著しい方向性があると指摘している。武田珂代子訳の(アンソニー・ピム著)『翻訳理論の探求』という本において、パラダイムという新たな概念を提出し、「等価」を更に「自然的等価」、「方向的等価」という二つの下位パラダイムに分類した。「自然的等価というパラダイムは翻訳手順における複数の分類を生み出す」[4]19と指摘した。つまり、バランスのとれた双方向の動きの可能性を前提とする理論を指すという「自然的等価」とある方向で翻訳した際作り出される等価が、逆方向に翻訳した際には成立しない「方向的等価」のパラダイムが存在している。

1.2先行研究

本論文は先行研究を二つに分けて文献調査を行う。先行研究の第一部分は今まで日本語の寸評の漢訳に関する研究を考察する。第二部分は等価理論による訳本の質の研究現状を検討してみたい。

1.2.1日本語寸評の漢訳に関する研究

最も規模が大きく、権威性及び認知度が高いと言われる「CNKI」と「万方」で「寸評」と「翻訳」というキーワードを入力して検索すると、日本語の寸評に関する研究は多いことが分かった。本論文はこれらを以下二つの種類に分類して検討する。

第一種類の研究は『日本経済新聞』の「春秋」、『毎日新聞』の「余禄」、『産経新聞』の「産経抄」といったコラムに載ってある寸評に関する研究である。例えば、孙英彩は日本の新聞コラムの漢訳を中心に、「連体修飾語+主要語」の種類、各種の翻訳テクニック、及びそれに影響する要素を検討した。[5]李肖は寸評の漢訳を研究対象として、翻訳者の主体性に対する制約要因を考察し、「言語上の表現習慣という制約要因に関しては、漢訳する際、中国語の表現習慣に従って翻訳する場合が多い。日本語の特有な文化要素を翻訳際日本語の漢字のままにし、そのうえ注釈を付けるという形がよく用いられた」[6]という結論を得た。李艳丽は林語堂の「忠実、流暢さ、美しさ」理論、马建忠の「等価翻訳」理論という中国の翻訳思想に従い、省略、語彙、語順、文化相違に分けて、誤訳の原因を分析した。[7]罗洁は日本語の寸評を対象とし、間テクスト性理論に基づき、中国古典及びその思想が日本語テクスト文への影響、日本語の寸評が中国語テクスト文に対する理解と使用する際の態度を考察した。[8]何紫璇は严复の「達、雅、信」という翻訳基準を用いて、《日本时事短评集萃》の名詞文の翻訳テクニックを「省略された主語を加訳する方法、名詞文における名詞を文の前に置く方法、名詞文の名詞を動詞化する方法、述語としての名詞文の名詞を目的語にする方法、合訳、意訳」[9]という六つに総括した。汤靓は翻訳家严复が提唱した「信、達、雅」に基づき、日本の時事コラムを漢訳する実例を中心に、常用された態の転換方法を分析した。

第2章理論的枠組みと寸評の特徴

2.1ナイダの翻訳理論について

米国の言語学者及び聖書学者であるユージーン・ナイダ(Eugene・A・Nida1914~2011)は、翻訳理論をめぐって等価という説を論じてきた。彼は構造主義言語学の代表的な学者として、現代の翻訳研究分野の基礎を築いたと言われている。等価の理論において「形式的等価」と「動的等価」二つの概念が最も知られている。ここで、ナイダの「形式的等価」と「動的等価」を明らかにしたい。

2.1.1「形式的等価」と「動的等価」

ナイダは1964年に出版された『Toward a Science of Translating(翻訳学序説)』において、等価を「形式的等価」(formal equivalence)と「動的等価(dynamicequivalence)(機能的等価の前身)」と二つのタイプに分けた。「形式的等価」について、「翻訳者ができるだけ逐語的に、また意味の通るように、原文の形式と内容を再現しよう企てるものである。…そのような翻訳は、その原文を十分理解のできるものにするには、おびただしい脚注を要することであろう。」[33]232と指摘し、「動的等価」のほうに「翻訳語の伝達文を原語の形式を符合させることよりは、動的な関係、つまり受信者とその伝達内容間に存在したものと同一でなければならない、動的等価を持つ翻訳は、表現の完全な自然を目ざし、受信者をその人自身の文化環境の内部で、妥当な行動様式に結びつけようとする。」[33]232重点を置いて説明した。

つまり、「形式的等価」の翻訳は「逐語訳」で、それに対して「動的等価」は「原語の伝達内容に最も近い自然な等価訳」を求めるとのことである。[33]243さらに、1969年彼は『The Theory and Practice of Translation(翻訳―理論と実際)』(沢登春仁・升山潔訳)において、その二つの等価の意味をいっそう充実させた。「形式的等価」について、次のように指摘している。

2.2寸評の特徴と漢訳における等価パラダイム

2.2.1日本語寸評の特徴

日本寸評の漢訳を研究するに先立って、寸評の特徴を明らかにしなければならない。日本国語大辞典によると、寸評というのは、「寸評はごく手短に批評をすること。簡単に批評をすること。また、その批評。短評」である。本研究の対象としての寸評は日本の「余録」、「春秋」、「産経抄」といったコラムに掲載されているものである。洗練された言葉で書かれて、スペースの制限があるゆえ、一つの文章は平均600字くらいである。寸評は最近の出来事、ニュース、話題を基に論じるものであり、日本の時事と緊密に結びつく。文化、教育、体育、環境、経済などの世相を切り取って、日本の社会現状を如実に反映し、読み応えがあるので、読者たちに親しまれてきた。

本研究は語彙と文という二つのレベルから、『日语阅读2022版』を中心に寸評の特徴を分析したい。日本寸評の特徴について多くの研究がなされてきた。张正立によると、言葉の最も著しい特徴は、固有名詞、外来語、縮略語や新語が多いだと指摘した。政治に関わるつまらない言葉ばかりと思われがちであるが、実際には日常生活によく使われている常用語も多数存在している。翻訳する際こうした常用語の派生された使い方を勉強すべきであると主張した。[38]また、宋睿も寸評の言葉について、「漢字が多く使われており、丁重かつ簡潔に見える。具体的な言葉を使い、省略と品詞転換の現象が多く見られ、話し言葉の傾向が強く、通俗かつ分かりやすい言葉の使用が好まれ、親しみやすい。」[39]と分析した。上述した先行研究を踏まえ、『日语阅读2022版』で寸評の語彙の特徴を以下に五つにまとめた。

第3章語彙の「方向的等価」翻訳论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非