英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

PAC分析による大学院生が求める良い指導教官像に関する研究―日本語専攻の中国人大学院生を事例として―

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-07-25编辑:vicky点击率:80

论文字数:37855论文编号:org202207191619476998语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日语论文选题

摘要:本文是一篇日语论文选题,本研究援引PAC分析,以6名日语专业的研究生为例,报告了各自所追求的良好的指导教官形象及其背后的意识结构·比利夫。由于各评价组的重视度不同,因此采用KJ法对共同要求的日语专业良好的指导教官形象及其特征进行了分析和考察。

本文是一篇日语论文选题,本研究利用PAC分析,不仅能引出与“好的指导教官像”相关的意识构造,而且能引出其背后的6名日语专业的研究生的期待和要求,构筑出立体的学生方面要求的好的指导教官像。
第1章序章

1.1研究背景と目的

近年、社会全体の高学歴志向により大学院修士課程の学生(以下は大学院生と略す)の急増につれて、大学院の設置も以前よりかなり増えている。しかしその一方、質的には大学院教育において様々な問題が出てきているのも無視できない事実である。王(2014)は、他の文科系の大学院生と比べて、外国語学科の大学院生は研究成果の質も量も少ないし、研究能力の向上においてはまだ大きな余地があると論じた。また、朱(2015)は現在の日本語専攻の大学院教育においては、コースデザインの不合理、指導教官個人の指導能力の欠如と指導頻度の不十分といった一連の問題があると指摘している。実際に、院生自身の学習意欲、ストラテジー、学習観(文,2001)を除いて、指導教官側の研究能力(Cornelissen etal.,2014)や指導態度(李他,2016)といった要素も大学院の人材育成の質に影響する重要な要素であると多くの研究で明らかになった。

2013年、教育部によって公布された『大学院教育改革推進に関するガイドライン』2では、指導教官は大学院生育成の第一責任者であり、院生に対して学科の先端や研究方法の指導、学術規範教育を行うべきであると強調した。しかし、許・蔡(2017)の調査結果によると、指導教官が十分な研究指導を与えておらず、ただ「専門知識の解答」や「おおざっぱな卒論指導」というような基本レベルに止まると答える日本語専攻の大学院生は7割以上にも達し、研究指導のあり方に対する不満の声があげられた。近年、指導教官が重大な教職マナーに違反する事件が頻繁にマスコミに曝け出され、社会に非常に悪い影響をもたらしている。それに対して、2018年、教育部は『大学院生指導教官の立徳樹人(道徳重視の人材育成)への職責の全面実施に関するガイドライン』3を発表し、改めて「指導教官が院生教育の第一責任者であることを全面に遂行し、立徳樹人という基本任務を果たすべきである」ということを再強調した。

1.2研究意義

研究意義は主に以下の2点あると思われる。

(1)教育の歴史がまだ浅い日本語大学院教育において、教育機関の意見だけでは足りないし、大学院生の本音に耳を傾けることで実要望を把握する絶好のチャンスになれるのではないかと考えられる。さらに、導教官自身の自己成長や院生育成の質を向上させるにも役に立つことになると考えられる。

(2)本研究を通して、日本語または外国語専攻の大学院生教育に関する研究を少しでも補足できるし、そして当領域に対する学界の注目を喚起することができれば有意義なことである。

日语论文选题怎么写

第2章先行研究と本研究の位置づけ

2.1良い教師像に関する研究

2.1では「一般的に求められている良い指導教官」と「外国語教育において求められている良い教師像」を紹介する。

2.1.1一般的に求められている良い教師像

大学院教育における良い指導教官像を論じる前に、まず「良い教師像」というものが、教育学分野でどのように捉えられてきたのかを振り返りたい。今までの教師教育研究においては、「良い教師像」は「教師の資質・能力(コンピテンス)」、「教師の責任・役割」、「優れた教師」、「望ましい教師」、「求められる教師」などの用語と関連付けて論じられてきている。本稿では(秦,2019)の論調を援用し、それぞれ若干の意味の違いはあるが、内容を検討した限り特に明確な差は認められないとしている。以下では主に平畑(2007)、康(2019)をめぐって概観してから中国では求められている良い教師像を述べる。

平畑(2007)によると、良い教師像についての歴史は主に4つの段階に分けられている。ペスタロッチ以降、近代教育学の黍明期において、教師の資質の第一は「教育愛」であるとされ、教育の持つ人格伸張の側面が重視されていた。続いて1966年、ILO(国際労働機関)・ユネスコ勧告とユネスコ(国際連合教育科学文化機関)においていわゆる「教師専門職論」が提示されて以降、教師の専門性が重要視されるようになった。さらに1996年、再びユネスコが採択した勧告3で、教師は「学習を援助するだけでなく、市民性の育成と社会への積極的な統合を促進する」ものとされ、教師の社会性が強調されていた。2005年、日本の中央教育審議会が提出した答申においても、「教育への情熱」、「教育専門家としての力量」と並んで「豊かな人間性や社会性」、「常識と教養」、「対人関係能力・コミュニケーション能力」などが学校教師の資質としてあげられ、人間性と社会性の重要さが再確認されている。

2.2良い指導教官像に関する研究

2.2.1一般的に求められている指導教官像

学部教師についての研究と比べると、大学院教育の指導教官についての研究成果は比較的に少ないし、さらに教育機関の視点からの思弁的な分析が多い。それに、従来の研究は、主に教師自身の経験談、「教師-学生」の人間関係、そして指導教官の責任範囲や教務基準の角度から行われてきた。以下では、主に王白石(1998)、陳(2016)、包・楊(2020)の研究をめぐって紹介する。

王白石(1988)は自分が指導教官としての経験に基づいて、指導教官が当研究分野で豊かな学術成果を発表するべきであると同時に様々な分野に跨る知識を備え、そして学生の手本になり、学生を愛し、深い信頼関係を構築すべきであると唱えている。

陳(2016)は良い指導教官は必ず学習の促進者、行動規範の模範者、メンタル面のカウンセラー、集団活動のリーダーと組織者、研究の指導者という5つのロールを演じるべきであると思弁的に主張している。

包・楊(2020)は清華大学、武漢大学、復旦大学など51校の大学院における指導教官の職務基準に関する79本の政策文書を集めて分析した結果、教員の職能成長への要求には主に就職前の採用基準と就職後の昇任基準が含まれていることが明確にされている。さらに、就職前の採用基準は主に「研究力」(学歴・博士学位、役職、学術研究経験、研究プロジェクトと研究費)を指し、就職後の昇任基準「指導力」(大学院の職務、指導経験、カリキュラム教育実践力)、「教職の道徳規範」(政治的素養、職業倫理、教師の手本意識)、「役割への認識と管理力」(自己発展・大学院教育への研究)からなることを述べている。このように指導教官としての専門性のほか、教職素養への規範も益々重要視されている傾向が窺える。

第3章研究方法...............................14

3.1調査協力者.....................................14

3.2データの収集方法......................................15

第4章調査結果と考察.....................论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非