英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

体认翻译学理论视角下《马可波罗情人》汉译日翻译实践报告

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-10-15编辑:vicky点击率:443

论文字数:52122论文编号:org202210081415098468语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日文翻译论文

摘要:本文是一篇日文翻译论文,本文比较了本次翻译实践的初译与改译,从体认翻译学核心原则“现实—认知—语言”三个角度探讨了翻译难点及解决方案。

本文是一篇日文翻译论文,本文在体认翻译学中,任何文章都是作者对实际生活体验的思考,并对其进行认知加工,表现为文字。译者需要从这三个视角重新审视原文,以适合每种类型的视角进行翻译。然后再考虑读者阅读译文是否能理解作者想说的话,是否能有最好的阅读体验,修改译文。

第一章 序論

1.1 研究背景

中国が改革開放して以来、ずっと「海外のよきものを国内へ輸入し、国内のよきものを海外へ進出する」の理念を受け継いで、40年余りの間に我が国は門戸を開いて積極的に大量の外国の先進的な理論と技術を導入して、文学の分野で更に多くの外国の優秀な作家の作品を導入したことによって、わが国の読者が視野を広げ、新鮮な文化を吸収し、異なる思想がぶつかり合いながら、絶えずに進歩する。日本文学を例にして、芥川竜之介の『羅生門』、『鼻』などの作品は私達に人間性の暗い面を暴露して、私達に思わず自省させる;川端康成の『伊豆の踊子』には、日本特有のもののあわれがある。東野圭吾の『放課後』や『白夜行』などで、探偵小説作家の思慮の深さに感嘆する。これらの異国の作品に我々は酔いしれ、世界の文壇の多彩さに感嘆する。我々は中国も四大文明の一つとして辉き放つ辉きの文学の歴史を持つ、『詩経』、『楚辞』のような詩の経典、『红楼梦』をはじめの四大名著、さらに红学という学問を発展し世間に研究されている、現代にも『紅いコーリャン』、『三体』などの立派な文学作品を世界に認められている。しかし欧米諸国に比べてわが国の現代文学作品は世界に伝播する数が少なく、范囲も狭いため、私たちの現代文学作品の「海外進出」を加速させることは、まさに私たち現代翻訳者の最優先の任務の一つである。

体認翻訳学は王寅教授が提出した体認言語学の中から発展された翻訳理論で、この翻訳理論の提出は翻訳理論の発展のために中国の知恵を提供し、新しい扉を開いたと言えるだろう。「体認」の「体」とは「体験」のことであり、人間が言語を創り出すのは自然の知覚や体験によるものであり、「体認」の「認」というのは「認知加工」を行うことで、それに対応した語彙構文を創り出し、人間社会の言語コミュニケーションに役立てている。この新しい理論を理解し学習することによって、今回の翻訳の実践に活用し、この理論を用いた訳文分析を試み、この新しい理論に対する理解を深めるとともに、体認翻訳学の発展に役立てたいと考える。

1.2 研究目的と意義

中国は世界第二の経済体として、政治・経済・文化・科学技術などの各方面で世界の潮流をリードし始めている。科学技術・経済といったハードパワーでの中国の成果はすでに誰もが目にしているが、文化・ソフトパワーの方面では中国にはまだ大きな発展の余地がある。そのため、文化の「海外進出」戦略を大いに発展させ、より多くの優秀な中国作品の優秀な翻訳本を増やし、世界に強力で輝かしい文化を持つ中国を再認識させる必要があると思う。マルコ・ポーロは古代西方における東方探索の代表的人物の一人として、彼の名声は広く知られている。また、彼はかつて中日両国を訪れたことがあるため、今回の『マルコ・ポーロ恋人』の訳本は日本の読者の注目を引くに違いない。この本の中で黄尚は多くの筆墨を使って中国の書道、造船、民俗伝統などの優れた文化を紹介しているので、筆者は今回の翻訳を通じてこれらの文化を日本に紹介し、彼らに中国文化の深さを理解してもらいたいと考える。

中国は立派な文学作品や文化の底力を持つだけでなく、世界を率いることができる中国の思想もある。本稿で使われる体認翻译学はまさに中国の学者が学界の翻訳学界へ寄与した優秀な思想、この翻訳の理論は我々訳者に翻訳学習と実践で新しい思考を提供し、同時に中国は长年来翻訳界での「沈黙」を破ったと言えるだろう。この理論の提出によって、中国の翻訳者たちはナイダやニューマークのような西洋学者の観点にとどまらず、これらの西洋理論を継承・発展させた東洋からの新しい視点を見出した。そこで本稿では体認翻訳学と今回の翻訳の実践を結びつけて、中国文化が「海外進出」ことを望むだけでなく、体認翻訳学を中国語訳の指導に用いることでどのような新しい思考をもたらすことができるかを探究したい。

第二章 翻訳実践のプロセス

2.1 訳前準備

今回の翻訳依頼を受けた筆者は、まず『マルコポーロの恋人』の全編を読み、文章のタイプを理解し、文脈を整理し、言語の特徴を把握した。テキストを「説明系+表現系」の総合テキストにした后、テキスト内で言及されている歴史知識、日本の小説の書き方を理解し、良い翻訳ツールを借りなければ翻訳の質をより効果的に高めることができないと考えた。そのため、翻訳者は「新明解日中辞典」、「外研社-三省堂日中辞典」、MOJI辞書アプリ、日本Yahoo、Googleなどの翻訳ツールを集め始めた。翻訳時の質を高めるために、東野圭吾さんの「白夜行」「容疑者Xの献身」、村上春樹さんの「風の歌を聴け」の日本語版を読んでみた。翻訳時の日本語表現がより自然になることを期待している。翻訳理論の準備について、筆者は知網で体認言語学についての数編の論文を調べて、そしてそれに対して深く読んで学習して、この理論の漢英翻訳における思考回路を参考にして、漢日翻訳の実践の中にあてはめた。また、小説の翻訳に関するテキストや論文を大量に参照し、並行テキストとして翻訳の準備をした。

2.2 翻訳過程

今回の翻訳実践任務の進行過程で、筆者はまず、担当テキストの一部を再度熟読し、吟味し、原作の伝えた内容と思想感情を確実に理解する。それから、翻訳の過程で出った難点、例えば文化的な単語の翻訳、文の構造の処理、言語スタイルの対等かどうか、全体の訳文の流れやその他の不確定要素などについて、他のクラスメートと一緒に検討した。また、独特な文化用語の翻訳については、MOJI辞書アプリ、日本Yahoo、Googleなどの翻訳ツールを利用して、関連する例文表現を検索し、正確性を確保している。文の構造や言語の風格などの難点に対して、筆者は体認翻訳理論の指導の下で、直訳、意訳、音訳、変換と再構成などの翻訳の策略を采用して、できるだけ原文の風味を還元するに基づいて、一定の「創倣」の実践を試した。具体的な翻訳過程では、今回の翻訳の任務の量、翻訳の任務の難易度や翻訳の任務の期間、訳者自身の状況を全体的に評価した後、訳者に适切な翻訳計画を作成し、具体的には、毎日の翻訳の字数は1000字程度と規定し、任務をきちんと完成する。毎日の任務が完成した后、直ちに訳文に対して校正を行って、その中の不十分なところを修正して、そしてその中の難しいところに対して注記して、他のクラスメイトと交流して、解決の道を探す。また、その日の訳文のフォーマットを統一し、フォント、フォントサイズ、句読点、翻訳用語が正しいことを確認する。最后に、翻訳の初稿が完成後、訳文を先生に送り、先生の監督と指導を確保する。

日文翻译论文参考

第三章 体認翻訳学 .................... 5

3.1翻訳実践テキスト及びその特徴 .................... 5

3.2 体認翻訳学の定義 ................. 5

3.3 「体認」中の「体」 .......................... 7

3.4 「体認」中の「認」 ............................ 7

论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非