英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日语“赞扬”表达的语用分析

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2023-03-14编辑:vicky点击率:343

论文字数:28212论文编号:org202303071033431595语种:中文 Chinese地区:中国价格:$ 22

关键词:日本留学论文

摘要:本文是一篇日本留学论文,笔者认为关于“暗示性表扬”的方法和表现形式,无论在哪个关系、场合,“指出1事实”和“2感情、感想”都是使用最多的间接策略。

本文是一篇日本留学论文,本文只分析了“表扬”表达的表扬者的话语,而没有分析对“表扬”的回应。而且,在日常会话中,“敬语”的使用和第三者的存在影响了“表扬”言语行为的实施。具体有哪些影响值得研究。

一、「ほめ」表現に関する先行研究

1.「ほめ」についての研究

Wolfson(1983)1は「ほめ」の対象について分析し、人々は主に所持物、外見、能力、性格を対象をしてほめるという。Wolfson(1983)以後の「ほめ」対象についての分類も、大体この分類を中心に細分化されたと考える。 

日本留学论文怎么写

Brown&Levinson(1987)2は「ほめ」表現を一種のポジティブ・ポライトネスのストラテジーとして扱っていた。「ほめ」表現は相手のフェスを立てて、相手の気分を良くさせることを通して、お互いの人間関係をより一層親密にするという役割を果たしていると述べた。「ほめ」表現とポライトネス理論を組み合わせた研究は、日本や中国を含む多くの学者に深い影響を与えた。

Holmes(1988)3は450以上の「ほめ」言葉とその返答を利用して、ニュージーランドにおける男女の「ほめ」の構文パターンと主題の特徴を分析した。「ほめ」はポジティブな感情の言語行為や典型的なポジティブ・ポライトネスである一方、相手のフェイスを脅かす恐れもあると述べている。また、ほめ手と受け手の相対的地位と性別を考察し、「ほめ」の機能と受け手の性別によって「ほめ」に対する返答を分類した。これは性別と地位の両方を結びつけて「ほめ」表現を考察した比較的初期の研究であり、その後の「ほめ」に関する研究もその両方から展開されることが多い。

2.日本語と他言語「ほめ」の比較研究

異文化コミュニケーションの視点から日本語と他言語の「ホメ表現」を対照的に研究するものもある。

日向ノエミア(1996)17は感謝の気持ちと「ホメ表現」を結びつけて、日本人は相手をほめるよりも、むしろ謝意に重点を置き、自分が恩恵をもらったことを重視すると述べている。感謝・謝意という表現形式は「ほめ」にもなれることを示している。

徐昌華、李奇楠(2001)18は間接的言語行為の視点から日本語の「ほめ」表現を分類し、中日両言語における「ほめ」表現の異同を述べた。しかし、「直接的ほめ」と「間接的ほめ」の分類は間違っていると考える。

田麗恒(2007)19は現代語の談話例を研究データとして、主に対人関係と性別という視点から「ほめ」とその返答の中日比較研究を行った。まず、日本人は相手を慎重にほめることが多く、ほめる対象は相手の本質に触れないようにしているため、ほめるときの言葉も限られているということ。また、女性に対する「ほめ」では、中国人女性が日本人女性より能力を高く評価されているということ。そして、日本語話者が上下関係と親疎関係を同時に重視するのに対して、中国では親疎関係が上下関係より優先していると指摘した。

斉珂(2007)20は対談インタビューにおける「ほめ表現」を資料として、中日両言語の「ほめ表現」の種類、出現頻度および言外意味の共通点や相違点を考察した。その結果、日本人は間接な「ほめ表現」、それに言外意味の「ほめ表現」を多用するという。談話分析の材料としてインタビューテキストを使用することで、「ほめ表現」が会話の開始、進行、終了などの段階でどのような役割を果たすのかが分かる。

二、「ほめ」表現の枠組み

1.「ほめ」の定義

先行研究から見れば、「ほめ」の定義に関しては、いくつかの問題点がある。例えば、「ほめ」対象の性質や範囲、「ほめ」の意図、「ほめ」の相手など。

1.1「ほめ」対象の性質と範囲

「ほめ」表現についての研究は英語圏から始まっていた。最初に「ほめ」に定義を付けたのはHolmes(1988)である。

Compliment is a speech act which explicitly or implicitly attributes credit to someone other than the speaker, usually that person addressed, for some 'good' (possessions.character.skill,etc.)which is positively valued by the speaker and hearer

Holmes(1988)の「ほめ」に対する定義を日本語に訳すると、以下のようである:    「ほめ」言語行為とは、話し手以外の人(通常は聞き手を指す)に対し、話し手と聞き手の価値観において肯定的である「良い」面(財産、才能、性格など)を、明示的にあるいは暗示的に価値づけをする言語行為である2。

日本語における「ほめ」を最初に定義したのは小玉安恵である。小玉(1993b)はHolmesの定義に基づき、このように「ほめ」行為を定義した。

「ほめ」とは、話し手が話し手以外の人の持っている、話し手と聞き手の双方が価値を認めるなにか(例えば、持ち物、性格、技術など)を自発的に見つけだし、それに対して明示的にあるいは暗示的に「良い」と認める行為であり、結果的には人間関係の潤滑油として機能すべきものである。

2.「ほめ」の分類及び本研究の研究対象

2.1「ほめ」の分類

オースティンの言語行為理論とサールの間接的言語行為理論によると、話し手がある原因で遂行動詞を直接的に使わない時、間接的な言語手段をとってある行為を実現する。間接的な方法を用いて言語行為を表現した発話が間接的遂行文であり、すなわち間接的言語行為である。1「ほめ」表現もこのように、「直接的ほめ」と「間接的ほめ」と分けることができる。

先行研究において、言語行為理論による「ほめ」の分類は少なくない。しかし、それぞれの分類には間違っている点がある。例えば、徐昌華、李奇楠(2001)、羅可(2012)などが「すごい」「上手だ」「よい」などの評価語を含む「ほめ」を「直接的ほめ」と認定している。その理由は、字面通りに「ほめ」の意味を表しているからだという。しかし、それらの「ほめ」表現は「ほめる」という遂行動詞がないため、厳密にいうと「間接的言語行為」に属している。

また、金(2004)2は、「明示的ほめ」と「直接的ほめ」を、「暗示的ほめ」と「間接的ほめ」を同一視した。そして、「直接的・明示的」か「間接的・暗示的」かは「肯定的評価」の「評価語」の有無で判断する。しかし、評価語のある「明示的ほめ」は「遂行動詞」がない場合、「直接的ほめ」にはならない。故に、この分類法は厳密ではないと考えている。

実際、「間接的言語行為」には「規約性間接的言語行為」と「非規約性間接的言語行為」の2種類がある3。字面的に「肯定評価」の評価語を含む「ほめ」表現は、「直接的ほめ」と見なされがちだが、実は「規約性間接的ほめ」に属する。そして、評価語のない「ほめ」表現は「非規約性間接的ほめ」である。

三、語用場面に関わる「ほめ」の使用状況 ................................ 31论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非