英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

功能等价视域下日语拟声拟态词的汉语翻译——以《哥儿》为例

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-06-19编辑:vicky点击率:61

论文字数:论文编号:org202206131346345750语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日语论文写作格式

摘要:本文是一篇日语论文写作格式,本文以功能等价理论为基础,考察《少爷》中拟声词、拟态词的中文翻译,得出以下结论。①拟声词、拟态词的翻译是文学作品翻译的重要环节。为了给目标语言读者以与起点语言读者相同的感受、感动,翻译方法的选择至关重要。由于文化背景不同,在这个过程中,考虑目标语言的表达习惯,使用自然简单的形式表达。

本文是一篇日语论文写作格式,在笔者作为读者看来,这是一篇通俗易懂、流畅的译文。从整体上看,和原文很吻合。胡的译文为中国读者,多用口语,通俗易懂,但有时却给人庸俗的感觉。因此,我认为三个译者的译本没有好坏,各有长处。
第 1 章 序論

1.1 研究の対象

本稿はナイダの機能的等価に基づき、夏目漱石の中編小説『坊っちゃん』、そして発行部数が多く、読者から広く注目されている三つの中国語訳本(林尐華、劉振瀛、胡毓文)を研究対象にする。

日语论文写作格式怎么写

夏目漱石は日本の近代文学史において代表的な作家であり、「国民作家」と褒められ、日本だけではなく、世界においてもよく知られている。『坊っちゃん』は夏目漱石の早期の作品で、自分自身が高等学校に教鞭を執った経験を下敷にして書いたものである。この小説は東京物理学校を卒業後、四国の学校に教師として赴仸した直情径行の無鉄砲な青年坊っちゃんが、周囲の愚务、無気力などに反撥し、職をなげうって東京に戻るストーリーが描かれた。主人公の反俗精神に貫かれた奔放な行動、滑稽な人情の巧みな交錯などを通じ、日本の明治社会及び教育界に関する腐敗の現象を批判している。この小説は他の漱石作品より大衆的で、近代小説に勧善懲悪の主題を復活させた快作として、最も広く愛読されている。そのほか、擬音語・擬態語の多用はこの作品の大きな特徴である。筆者の統計によって、十万字ぐらいの小説であるが、擬音語・擬態語を使用したところが百所もある。

1.2 先行研究

本節の先行研究は、機能的等価、擬音語・擬態語の中国語翻訳という二つの方面からなっている。

1.2.1 機能的等価に関する先行研究

翻訳の祖とされるユージン・ナイダ(Eugene A.Nida)は、聖書翻訳の実務にかかわる中で、1964 年、「動的等価」(dynamic equivalence)という新しい概念を打ち出して、翻訳の新時代を開いた。その後、1986 年に「機能的等価」と呼ばれるようになった。

20 世紀 80 年代に林書武、譚載喜、徐文保、張複星という中国の翻訳者によりユージン・ナイダ(Eugene A.Nida)の翻訳思想を中国に紹介されて、国内の翻訳界に大きな影響を与えた。国内学者はナイダの翻訳理論に対する研究は主に機能的等価、読者反応、翻訳過程及び文化翻訳などの方面に集中している。ここで、ただ本稿に関わっている機能的等価についての研究だけを挙げることにする。

1986 年、郭建中は『論西方翻訳対等概念論』において、実例を通して、「ナイダの動的等価理論は交際意義を重んじ、形式的等価と明らかに異なっている」と指摘した。

1987 年、戴燦宇は『論奈達翻訳思想中動態対等』において、動的等価について全面的な研究を行った。動的等価はナイダ思想の核心内容として、言語学、メッセージ理論基礎と読者要素という二つの要素がある」と提出し、「機能的等価」の功績または欠点も明言した。

1989 年、王憲は『科技英語翻訳中機能的等価』に、術語、構文、文体などの面から大量な例を分析して、科技翻訳における機能的等価の実行性を証明した。重要なのは、王憲の研究は単純に理論の論述だけではなく、ナイダの機能的等価を実践に推し進めさせた。

第 2 章 機能的等価と擬音語・擬態語

2.1 等価の性質

河原(2013)では、翻訳を「二言語間で等しい価値を実現すること」と定義している。翻訳学ではこの「等しい価値を実現すること」を「等価」と呼ばれる。 等価は、翻訳以前に二つの言語の間に自然に存在しているのではなく、翻訳もその自然に存在している等価を見つけることではない。等価の正確な性質は文化間コミュニケーションに存在するのである。

また、等価には原文よりの「形式的等価」と訳文よりの「動的等価」(以下は「機能的等価」にする)がある。ナイダは、「機能的等価」を「形式的等価」との対立で考えていた。「機能的等価」が伝達文の内容を重視したのに対して、「形式的等価」は、形式と内容の双方から、伝達文と内容の双方から伝達文そのものに注目する。「翻訳とは、起点言語のメッセージに最も近い自然的等価を受容言語にて再現することである」というナイダの翻訳に対する定義について、ピム(2010)は「ここでの等価は、起点言語のメッセージに対して、訳文が等価であるものだけを指している。訳文に対して起点言語のメッセージが等価であることについては問題となっていないのである。すなわち、起点言語から受容言語へという方向性的等価である」1と指摘した。つまり、翻訳定義において、等価は方向性を持って、翻訳過程から生まれる製品である訳文だけを記述するのに用いられる。

2.2 訳文形式から読者反応へ

先述したように、「機能的等価」の前身は「動的等価」である。ナイダは「直訳」「自由訳」「忠実訳」といった古い用語を捨てて、1964 年、Toward a Scienc of Translation2において、形式的等価と動的等価を提出した。動的等価は特に訳文と原文の内容の対応が形式の一致より大切であることを強調しているため、内容と形式の間に矛盾が生じやすい。それで、1986 年に、From One Language to Another1では動的等価を変更して、機能的等価と呼ばれるようになった。ナイダの翻訳思想の核心概念として、翻訳界従来の厳格な逐語的等価から離れる道を示して、翻訳より科学的な時代へと導こうとしていたのである。 機能的等価は等価効果の原理を基礎にして、「翻訳の受容者とメッセージの関係が原文の受容者とメッセージの間に存在した関係と実質的に同一でなければならない」2。メッセージは受容者の言語的ニーズと文化的期待に合わせなければならない。そして、ナイダにより、機能的等価の目標は、起点言語のメッセージに対して最も近い自然な等価を求めることである。そのため、文法や語彙、文化的内容の翻案が不可欠であると考える。しかし、ここで注意しなければならないのは、言語の表現形式を否定することではなく、ただ形式と内容が衝突した時、なにかを犠牲しないといけないなら、それは形式であり、内容を優先しなければならない。つまり、機能的等価は、内容また読者の反応を等価させようと試みたのである。これから、図 2.1 によって説明する。

日语论文写作格式参考

第 3 章 『坊っちゃん』における擬音語の中国語翻訳.................... 13

3.1 擬音語の中国語翻訳 .......................... 13

3.2 擬声語の中国語翻訳 ......................... 23

第 4 章 『坊っちゃん』における擬態語の中国語翻訳.................... 27论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非