英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

翻译暴力视角下《三国演义》官职名的日译探讨——以小川、金田译本为中心

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-12-03编辑:vicky点击率:623

论文字数:35266论文编号:org202211241059403942语种:中文 Chinese地区:中国价格:$ 33

关键词:日语论文写作格式

摘要:本文是一篇日语论文写作格式,本文根据三个官职大多数情况下的办公场所进行划分。希望在今后的研究中有更明确的分类。另外,由于页数的关系,只抽出单一的译者的东西,进行了详细的研究。在今后的研究中,我们将重视复数译者的比较研究、各国译本的比较研究,阐明《三国演义》译本的价值,总结出更有效的中国古代官职翻译技巧。

本文是一篇日语论文写作格式,本文以小川环树·金田纯一郎的译本《三国志》为研究对象,总结了译者在翻译官职名时,翻译暴力的效果、翻译方法、不足之处,在此基础上适用于中央官职、地方官职、军事官职的翻译策略。总体而言,中央官职和地方官职翻译暴力程度较低,军事官职翻译暴力程度较高。另外,也有不足的地方。小川·金田在翻译中央官职时使用了直译、直译加注释的翻译方法,但部分官职存在无注解、谬误、翻译缺失等。
第一章 序論

1.1問題提起

中国の古典小説『三国志演義』は江戸時代初期に日本に伝わり、小説、絵画、演劇などの文学・芸術の創作に大きな影響を与えた。実は、14世紀後半の軍記物語『太平記』に、すでに三国の話が多くあった。その巻二十の挿話から孔明の出山と死亡、「三顧の礼をとる」「死せる孔明生ける仲達を走らす」などの本筋が見られる。明治維新を経た日本は全面的な西洋化の過程の中で近代国家への変形を実現し、中国文化の影響力は全体的に大きな衝撃を受けたが、『三国志演義』は歳月を経てよりいっそう鮮明になる。

日语论文写作格式怎么写

『三国志演義』は後漢末から西晋初年までの約100年にわたる歴史の風雲を描き、戦争を中心に後漢末の群雄割拠の混戦と魏、蜀、呉の三国間の政治と軍事の争いをめぐり、最終に司馬炎が三国を統一して晋を建国する物語を描いている。著者の羅貫中は兵法の三十六計を生き生きと描写し、ストーリーもあれば、謀計もある。『三国志演義』は中華文化の至宝として、鮮やかな文化要素と豊富な文化的情報を網羅している。その中には中央官職、地方官職、軍事官職を合わせて合計で148の官職があった。その中には、後世に伝えるものもあれば、その特定の時代のものもある。しかし、中国文学作品の翻訳研究では、官職名の重要性が低く評価されており、一部の翻訳者は、目標言語の読者が読みやすくさせるように、一部の官職名を削除した。古代中国の官職名の翻訳が、きちんとした研究を欠いていたことを示している。

1.2研究の意義

本稿は、小川・金田によって訳された『三国志』における官職翻訳の翻訳暴力の程度と翻訳ストラテジーを究明したい。その中に存在する誤りに対して、関連する古籍資料を調べ、改善策を提案したい。さらに中国古代の官職翻訳に適したテクニックを提供したい。

研究の意義は主に次の3つの点にある。

まず、『三国志演義』の和訳を研究した論文や著作は非常に少ない。知網、万方、龍源(中国の論文掲載サイト)では「三国演義」と「和訳」をキーワードに、関連論文を8本しか検索することができなかった。これらの論文は『三国志演義』の和訳で、文化負荷詞の翻訳を例説し、翻訳ストラテジーをまとめ、文化情報の欠落を指摘し、中国と日本文化の違いを比較するものが多い。また、これまで国内の雑誌には、『三国志演義』の官職名に関する研究論文が3本しか掲載されていない。そのうち、2本は『三国志演義』の英訳に関する論文で、1本はウイグル語の訳本に関する官職研究である。『三国志演義』の官職名の和訳に関する研究文献はいまだに見つかっていない。

次に、本稿の研究対象は基本的に『三国志演義』の原作に忠実な和訳である。日本の「三国ブーム」現象が発生した主な原因は、大量の改作本が日本の読者の審美眼と読書習慣に合致し、また日本国内でも改作本の研究が多く行われていることにある。しかし、本稿は原文に忠実に訳す5つの訳本の中で最初に出版された小川・金田合訳本をめぐり、『三国志』における官職の翻訳ストラテジーを分析し、翻訳によるもたらす暴力効果を検討する。単なる訳者の「創造的反逆」を研究するよりはむしろ本稿が系統的な対応性を持っている。そして、『三国志演義』の訳本を研究することは、中華文化の海外進出を大いに提唱する今の時代で、文化的自信の向上に役に立つといえよう。

第二章 先行研

2.1「翻訳暴力」の価値理念

ローレンス・ヴェヌティ(1953年生まれ)は『翻訳者の不可視性:翻訳の歴史』(Translator's Invisibility:A History of Translation)で初めて「翻訳暴力」という価値理念を提唱した。彼は英米の出版界の現状を摘発した。英米の出版業者は首尾よく文化価値観を広大な外国の読者に押しつけ、大量の経済的利益を得ると同時に、国内ではこのような文化が生み出された。「英語だけを尊び、エキゾチックなものを受け入れず、スムーズな訳文に耽り、外国語のテキストに英語の価値観を無自覚に刻み込み、読者に自己陶酔的な文化体験、すなわち文化の「他者」を通して自分の文化を認識することである4。」ヴェヌティによれば、暴力効果は翻訳の目的と翻訳活動そのものに存在する。すなわち目標言語にあらかじめ存在する価値観、信仰、表現法をもとに原言語を再構成するものである。その再構成は常に主流と周辺の階層システムの中で行われ、テキストの生産、流通、受容を決定する。翻訳とは、原文の言語文化を、目標言語の読者が理解できるように無理やり置き換えることである。

王東風(2007)によれば、ヴェヌティの理論は伝統的な翻訳研究の経験論パラダイムを突破し、脱構築主義、ポスト植民地主義、新歴史主義の観点から翻訳を分析・研究しており、特に英米の覇権的翻訳文化に対する批判は、新マルクス主義の鋭い批判を行間に示している。陳达、陳昱霖(2016)によると、グローバル化の下に異文化の交流が増えてきた。文化の溶け込みと進歩を促進し、一方で翻訳の不確実性が高まり、翻訳の可能性と不可能性との限界が曖昧になる。訳者は能動的な態度がいっそう発揮する必要がある。結局、翻訳の暴力が生まれる可能性も高くなる。言語はとうてい社会化の産物で、訳者の個人的な経験、価値観、ひいては社会環境などの影響を受け、テキストに対して様々な意見が出た。

2.2レジスタント翻訳

レジスタント翻訳(resistant translation)は、ヴェヌティが1995年に代表作の『翻訳者の不可視性:翻訳の歴史』で提唱した翻訳ストラテジーである。それは、文学のテキストを訳すとき「異質」の成分を保存するというストラテジーである。「レジスタント」はここで、目標言語の文化における民族中心主義の暴力を抵抗することを意味する。文学作品の翻訳で「異質」の成分を一定に保持することによって、目標言語の文化的価値の主体的な役割を阻止し、原言語との文化的・言語的差異を顕在化する。ヴェヌティは、「外国語のテキストで言語と文化の差異を保持し、未知の訳本を生成することによって、目標言語の主流的文化価値観の限界を示し、同時にこれらの価値観が他国文化への帝国主義的な受容化を阻止すべきだ5」と主張した。レジスタント翻訳とは、原文にある多義語・新出語・片輪の文型・異質の言語といった「目標言語の主流文化的価値観に抵抗する特徴」を再現するものであり、広い意味で異質化翻訳と相同である。

王東風(2007)によれば、「ヴェヌティは、英米の訳者が本土の言語・文化的価値観を基準として、原文を受容化的かつ暴力的に書き換えることに反対している 」。英米の翻訳界が異民族の文学(イタリア文学を含む)に対する恣意的受容化とその受容化による虚偽の世界大同が英米の覇権意識への助長を目にするヴェヌティは、文学・文化を恣意的に踏みにじる受容化的翻訳が帝国主義の受容化であると考えている。それは原言語の文化に対する暴行であり、翻訳界のスキャンダルでもある。したがって、ヴェヌティは英米の人々が文化的覇権论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

相关文章

    英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非