英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

关于现代日语极量程度副词的探讨

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-12-04编辑:vicky点击率:178

论文字数:35999论文编号:org202211241109277681语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,本研究几乎都是利用语料库调查,对分析的结果进行总结,但由于存在很多不完备的地方,因此还存在不能明确说明的问题。例如,本研究从现代日语中各极限程度副词的句法特征、词的正负形象、文体特征三个方面进行了探讨,今后从语义论和语用论等角度进行探讨也是必要的。另外,本研究考察了现代日语中极限程度副词的使用实际情况,这次也值得从中日对照的角度进行研究。希望都能成为今后的课题。

本文是一篇日本语言学论文,本研究以「极」「极」「极」「极」「极」「极」「极」的极限程度副为研究对象,使用BCCWJ和CSJ和『名大会话语料库』,从各极限程度副词的句法特征、词的正负印象、文体特征这三个方面,考察了5个词的差异。

一、はじめに

1.1研究対象と目的

本研究は構文的特徴、語のプラス・マイナスイメージ、文体的特徴の三つの面から日本語の極限的程度副詞の意味用法の共通点と相違点を明らかにすることを目的とする。

本研究の対象は現代日本語における極限的程度副詞で、主に「極めて」「ごく」「ごくごく」「至極」「いたって」などが含まれる。これらの程度副詞の意味について、『現代副詞用法辞典』(飛田・浅田1994)では、「程度がはなはだしい様子を表す」と記述している。また、中山(1996)は「極めて、ごく、いたって」などのように「極限的程度を強調できる、高い程度を含んだもの」は極限的程度副詞と名づけている。

仁田(2002)は「副詞は、かつて単語のゴミ箱的存在であった。そのこともあって、従来、副詞的修飾成分への文法的研究は、組織化と体系性に欠ける。(中略)全体として、副詞的修飾成分への分析・記述は、述語成分などに対する研究に比べて、かなり立ち遅れていると言えよう。」と指摘している。極限的程度副詞に対する研究も遅れている。これまでの研究では、おもに「極めて」「ごく」を中心に極限的程度副詞の意味用法が研究されている。例えば、時(2009)、江(2014)、疏(2016,2018)などが挙げられている。極限的程度副詞の意味用法を体系的に考察した研究は管見の限りまだないと言える。

また、5語は意味用法に微妙な違いが存在するため、学習者にとってこれらの極限的程度副詞の使い分けは一つの大きな難点である。したがって、本研究は極限的程度副詞の意味用法を明らかにし、その共通点と相違点を中国人学習者に理解してもらい、日本語の極限的程度副詞を効率よく学習させ、誤用を減少させるなどの面においても役に立つと考えられる。本研究の成果は日本語の副詞、特に程度副詞の研究を促進するのに貢献できるのみならず、中国の日本語教育における副詞の習得にも役立てるだろうと考えられる。

1.2研究方法

本研究は今までの先行研究を踏まえて、コーパス調査と検索エンジンを利用し、調査を行う。

まずはコーパスによる調査は国立国語研究所によって開発された『現代日本語書き言葉均衡コーパス』(Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese,以下BCCWJと略称)と『日本語話し言葉コーパス』(Corpus of SpontaneousJapanese,以下CSJと略称)と『名大会話コーパス』(以下は名大会話と略称)の三つのコーパスを紹介していきたい。
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』(BCCWJ)は大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所と文部科学省科学研究費特定領域研究「日本語コーパス」プロジェクトが共同で開発したものであり、現代日本語の書き言葉の全体像を把握するのが目的として構築した日本語について入手可能な唯一の均衡コーパスである。書籍、雑誌、新聞、白書、教科書、広報紙、Yahoo!知恵袋、Yahoo!ブログ、韻文、法律などの11種のジャンルが持っていて、合計約1億500万語データを格納しており、それぞれのジャンルについて無作為にサンプルを抽出できる。その中、情報量が最も多くのは書籍で、約6,270万語データを格納し、文学、歴史、言語、美術、社会科学などいろいろな分野のものが含まれている。そのため、検出されたデータについて、用例の数が最も多く占められているのは「書籍」というジャンルからのものである。そして、このコーパスで、収録対象の刊行年代は、1970から2008までのものである。

二、極限的程度副詞

2.1極限的程度副詞の程度副詞における位置づけ

極限的程度副詞の分類に関する研究として工藤(1983)、渡辺(1990)、中山(1996)、兪(1999)、仁田(2002)が挙げられる。

工藤(1983)は日本語の程度副詞は評価性と程度性という両方の特徴を持つことを指摘し、程度副詞の研究を促進するのに非常に役立てるといえる。工藤(1983)では、ほぼ疑いなく程度副詞とされる代表的なものは「非常に、大変(に)、はなはだ、ごく、すこぶる、極めて、至って、とても」などが取り上げられている。本稿の研究対象「ごく、極めて、至って」はほぼ疑いなく典型的な程度副詞であると考えられる。

渡辺実(1990)は程度副詞を体系的に把握するため、まず比較構文(XはYより<程度副詞>Aだ)に立つか、計量構文(Xは<程度副詞>Aだ)に立つかによって、程度副詞を「比較系」と「発見系」に分けている。その上で、判断構造・評価・表現性・量の大小という四つの基準を設定することによって、「比較系」を「もっと」類と「多少」類に分類し、「発見系」を「とても」類と「結構」類に分類している。渡辺(1990)の分類は以下のように示されている。

日本语言学论文怎么写

2.2極限的程度副詞の意味用法

極限的程度副詞の意味用法に関する先行研究は、飛田・浅田(1994)、時(2009)、趙(2012)、江(2014)、疏(2016,2018)、張(2020)などがある。

飛田・浅田(1994)は、「極めて」は「表現自体はかなり冷静で、話者と対象の間に心理的な距離のあることが暗示されている。(中略)したがって、話者自身が切実に感じる問題についてはふつう用いない」と指摘している。つまり、「極めて」はかなり客観性を持っている程度副詞だと考えられる。また、飛田・浅田(1994)は「極めて」「ごく」「ごくごく」「至極」「いたって」のプラス・マイナスイメージについて5語は「プラスマイナスのイメージがない」と記述している。

時(2009)は「極めて」の意味特徴と用法を考察し、「極めて」は個人的な基準による評価を行うだけではなく、社会的な基準で評価を行う。意味的にはこの上もない極端な程度性を表し、単純な状態を主な修飾の対象とし、動作・行為などに含まれた量性や制御性を修飾できない。文体では文章語的なニュアンスが強い。構文的な特徴については肯定命題に用いるのが普通で、否定命題に一般に用いられない。時(2009)は「極めて」の意味・用法を詳しく考察したが、ほかの極限的程度副詞の论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非