英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心 我要定制

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

关于新美南吉童话中的日本狐信仰探讨

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-10-03编辑:vicky点击率:552

论文字数:22512论文编号:org202209271038498208语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日语论文选题

摘要:本文是一篇日语论文选题,本文通过对新美南吉童话中的狐狸形象和日本狐狸信仰的研究,以南吉作品中关于狐狸的童话为研究对象,进行了总结和分析,整理了日本狐狸信仰。然后,从狐狸信仰的角度出发,深入探索新美南吉童话中的狐狸故事,分析童话中包含着怎样的日本狐狸信仰元素,从而更好地理解童话和日本狐狸信仰。

本文是一篇日语论文选题,笔者认为在民俗学领域,民间故事中关于动物形象的研究,经常被用作探索和把握该国或民族特有的民俗文化和民俗心理的重要手段之一。在新美南吉童话中,狐狸形象是常见的动物角色之一,因此探索童话中狐狸与民间故事的关系可以更好地把握日本的狐狸文化。
第1章序論

1.1問題提起

狐という文学的なイメージは、神話や伝説、怪談、童話など、いずれも重要な位置を占めており、もっとも代表的な動物像の一つとなっている。狐は詐欺や狡猾なイメージを持っているが、童話中における狐は様々な性格をも与えられており、人間と調和して共存する善良な狐もいれば、人の形に化けて悪事を重ねる狐もいるとのことである。「狐」を文学創作の対象とする作家と言えば、まず挙げられるのは新美南吉である。日本で新美南吉の名前といえば、狐を描写する作家で、「日本のアンデルセン」と呼ばれ、新美によって書かれた数多くの作品が日本の中、小学校の国語教科書に選ばれ、特に『ごん狐』は多くの小学校教材に収録されていた。これにより、新美南吉はその作品をほぼすべての日本の小学生が読んだ作家になった。その狐は性格が異なり、正直で、勇敢で、活発な善良な狐のイメージがある。変化に長け、人を魅了し、人をだます悪事狐のイメージもある。正式には登場していないが、民話伝承に登場し、童話のメインライン全体を貫く狐のイメージもある。

日语论文选题怎么写

民俗学では、民話における動物のイメージについての研究を、その国や民族に特有の民俗文化や民族心理を探求し、把握するための重要な手段の一つとすることが多い。それでは、新美南吉の童話作品の中で「狐」にはどんな象徴的な意味があるのであろうか、新美南吉が描いた狐に関する童話ではいったい作家のどんな気持ちを表したいのか、そして日本における狐信仰は新美南吉の童話作品に影響を与えているか。多くの疑問を持って、筆者は新美南吉の狐に関する童話を研究対象としていろいろな研究資料を調べ、そしてできるかぎりの整理をすることによって、詳しい分析を行った。童話と民話や伝説との間には密接なつながりがあり、魯迅は童話が実際と幻想の結合であると言っていたので、新美南吉の童話作品には日本のどのような狐関連の伝説や狐信仰の要素が含まれているのか、そのため、新美南吉の童話作品における狐関連の分析はより十分な議論とより深く探求すべきすべきだと考えているのである。

1.2先行研究

中国では、新美南吉は児童文学の分野で高い地位を占めているが、それに対して、新美や新美の作品に関する研究成果はあまり豊富ではなく、関連研究資料は主に中国語に翻訳された童話集や論文などに現れており、新美南吉の童話集はまだ国内で出版されておらず、一部の童話物語だけが関連学者によって中国語に翻訳され、中国の小学校の課外読み物とされていた。狐信仰に関する研究は相対的に豊富である。本稿は新美南吉の童話における狐信仰についての研究であるため、新美南吉と狐信仰の両面から先行研究を行う。

李婷婷(2020)は「新美南吉の童話における戦争意識」の中で、新美南吉童話の戦争意識について探求した。新美南吉の生活背景が置かれている年代は戦争の時期であり、戦争の色を含む童話『耳』、『草』、『貧乏な少年の話』、『ごんごろ鐘』、『おじいさんのランプ』、『牛をつないだ椿の木』など6編の作品を研究の対象として、新美南吉の戦争意識の生成に影響を与える原因を分析し、最後に、国民教育、作家の人生体験と戦時下言論統制の三つの方面を戦争意識に影響を与える主要な要因である①。

王肖雅(2020)は「新美南吉の童話における個体の悲しみについて」の中で、新美南吉の童話をめぐって、社会生活にある人々の悲しみに注目していることを検討した。新美南吉について個人の生活経験から、幼年時代の孤独、青年時代の病気と波折りが身近な悲しみをもたらし、作品中の悲しみは個人的な沈殿と転換であり、おとぎ話の悲しみの筋を述べ、新美南吉の童話における悲中の美は三つの部分であり、それぞれは「詩の美」、「永遠の美」、「力の美」である②。

第2章新美南吉と童話について

2.1新美南吉について

新美南吉は1913年(大正2年)7月30日に愛知県知多郡半田町西折戸六一番地に生まれ、本名は渡辺正八である。南吉の家は当時、雑貨店を経営していると同時に、農業にも従事していった。南吉は4歳(大正6年)の時、生母は亡くなってしまい、5歳(大正7年)の時、父は再婚し、翌年弟の益吉を産んだ。南吉が8歳(大正10年)の時、父は継母と離婚し、南吉は母の継母の家に養子として送られ、母の継母(継祖母)の家の姓は新美であるため、名前は新美正八になった。しかし、幼い南吉は祖母と二人で暮らす孤独感に耐えられず、数ヶ月後に父の家に戻った。その後、父は継母と復縁した。南吉は幼い時に母親を亡くし、養子に出されたり、家で火事になったりして、複雑な家庭環境が南吉の心を酷く傷つき、マイナスな影響をもたらしてしまったのである。その影響は南吉の童話や童謡や詩などのような作品からしみじみと感じることができる。

18歳から20歳に至るまでは、代用教員時代および東京外国語時代である。南吉は半田中学校を卒業してから、岡崎師範学校の入学試験を受けたが、身体検査の原因で合格できず、とうとう、母校の小学校に戻って四ヶ月間代用教員として働き、その間、童話『ごん狐』を作った。同年「赤鳥」に『正坊とクロ』に始まる童話4編と童謡2、3編を投稿して掲載した。北原白秋の門下生巽聖歌と与田準一らによって主催される。童謡雑誌『ちちのき』に加入し、童謡12編を発表する。親友の巽聖歌と一緒に東京高等師範学校の試験を受けに行ったが、東京に行く途中で断念し、翌年故郷に戻り、与田準一、数田羲雄、大木淳夫などと知り合った。19歳の年に東京外国語学校英文部文系に入学し、北原白秋、鈴木三重吉と知り合った。しかし北原白秋と鈴木三重吉との絶交をきっかけにして、南吉の文学的興味は小説に移り始めた。

2.2南吉の童話創作について

「童話ということばは、現在でも、子どものためのお話、子どもの文学という意味で使われる。ところが、子どもの文学を専門とする児童文学研究者や評論家は、『童話』を、大正期から太平洋戦争後までの子どもの文学のあり方を示す歴史的な概念として用いることが多い」。①その上で、筆者が収集した資料によると、「童話」は、江戸期に登場し、それは、明治期に口演童話になったとのことである。口演童話は、作家が自らの声によって、子どもたちにお話を聞かせる活動で、厳谷小波らによって始められた①。

南吉は、読者の心を満たす物語を作ろうと言っていたが、彼の手によって創作した童話には、具体的に言えば、幼年童話、生活童話、民話型童話に分けることができる。その中で、幼年童話作品数は50編以上あり、南吉が東京外国語大学の時期に作った作品で、ユーモアのセンスに満ちているのみならず、軽快で明るく、子供心もある。同時にこれらの童話の中には南吉自身の人生観も含まれており、挫折を経験した南吉は困難との闘いの中で、絶えず自分自身を反省していた。幼いころの童話の特徴は、文章が短く、文字が簡潔で、朗々としていて、小さな読者でも簡単に分かりやすく、特に挙げられる幼少期の童話の代表作は『ひとつのひ』と『きつねのつかい』である。次に、生活童話の作品数は14編ぐらいあり、子供の生活を描く現実主義童話である。生活童話をふくめて、南吉の文学には教育性がないというのは特徵的なことである。ただし、児童文学においての教育性ということを、狭義の教訓性に解されてはこまた。むしろ、児童文学特有のヒューマニズムがない、といった方がわかりやすいかもし论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非