英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日语保留宾语被动句成立条件探讨

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2022-07-27编辑:vicky点击率:59

论文字数:32522论文编号:org202207221556317511语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,本研究通过认知语言学的研究论述了日语中宾语残存被动句的成立条件及其在被动句法中的定位。

本文是一篇日本语言学论文,本研究认为,被动语法网络的建立,对各下位分类的成立条件有了统一的解释。对传统的语言现象,以较新的参照点理论为工具的考察,可以为日语被动句法的研究提供新的视角和方法论。另外,由于宾语残留被动句也存在于汉语、韩语等语言中,因此本研究的考察也可以为对照语言学或一般语言学的考察提供参考。

第1章 先行研究および本研究の立場

1.1 先行研究の概観

1.1.1 日本語における受身文の分類に関する先行研究

本節では日本語における受身文の分類に関する先行研究を概観し、目的語残存受身文が受身文全体のどの位置にあるのかをまず調べておくこととする。

日本语言学论文怎么写

表1に示すように、日本語の受身文に対する分類は学者によって大いに違っている。統語的特徴を基準とした加藤(2013)と熊(2014)の研究を除くと、ほとんどが受身文の表す意味や、意味的特徴と統語的特徴両方を基準として分類したものである。まとめて見ると、「太郎が花子に殴られた」のような「XがAにVt-(ら)れる」構文に対しても、「太郎が妻に死なれた」のような「XがAにVi-(ら)れる」構文に対しても意見がほぼ一致しているが、ヲ格成分が残留した「XがAにYをVt-(ら)れる」構文に対しては意見が統一されていない。また、仁田(1991)と張(1997)のように、同じ「持ち主の受身文」と呼んでいても、それの指す類別が全く違ってくる場合もある。

1.2 先行研究の問題点

従来の受身文の分類に関する研究は、統一的な基準がなく、意味論的観点から見るものも、統語論的観点から見るものも、また、その両方を兼備しながら分類を行ったものも見られる。「太郎が花子に殴られた」のような典型的な「直接受身文」や、「太郎が妻に死なれた」のような典型的な「間接受身文」に対しては、学者の間にそれほど異論が見られなかったが、ヲ格の付いた受身文になると、非常に激しく議論されているようである。しかし、「持ち主」や「所有」などの認定にはやや主観的なものがあり、人によって違ってくる場合もあるため、その境目がそれほど明確ではないと言えよう。

一方、目的語残存受身文に関する研究では、共通している問題点が見られる。

(8)私は彼に声をかけられた。

(9)私は彼に話しかけられた。

于(2012)は研究対象を「ヲ格の付いた受身文」と形式的に限定し、Ⅰ型とⅡ型と明確に境目を設定したが、実際には(8)のように、「私」と「声」の間に所属関係が認められないので間接受身文の性質を持つⅡ型に属するはずのものが、(9)のような直接受身文と似ている意味を持つⅠ型と同じ意味特性を示していることもある。すなわち、ガ格とヲ格成分の意味関係を基準に分類を行ったとしても、その文の表す意味の特徴が、それが属する類別の設定された意味特徴に対応できないという問題が生じる可能性があるということである。

第2章 本研究の理論的枠組み

2.1 参照点モデルについて

人間は物事を認識するとき、まず際立っているものを認識し、そこから他の目標に注意を移す傾向がある。こういった能力を、Langacker(1993:5)では「参照点能力」と名付けている。たとえば、我々があるものの位置を描写するとき、常に「椅子の下に犬がいる」のように「場所+に+モノ+がある」という位置構文を用いている。この構文における「場所」の部分は「モノ」の位置を述べるための「参照点」であり、「モノ」はその参照点から注意を移した終点、すなわち「目標」である。こういった参照点能力を、Langacke(r1993:6)では図1の参照点モデルを用いて反映している。

日本语言学论文怎么写

図1に示しているように、Cは認知主体(conceptualizer)、Rは参照点(reference point)、Tは目標(target)、Dは支配域(dominion)、矢印は認知主体がたどる心的経路をそれぞれ表している。認知主体は知覚、一般知識、コンテクストの上で際立った参照点にまず注意を向け、参照点によって喚起される潜在的な目標の集合である支配域の中から目標を選択し、そこに注意を移行し、心的接触をなす。(野村2020:56) 

2.2 構文ネットワークについて

本研究では目的語残存受身文を受身構文の下位分類と見るため、本節においては構文文法および構文ネットワークについて紹介する。

構文文法は認知言語学における典型的な研究分野の一つである。森、高橋(2013)によると、認知構文論は特定の研究者が提唱した理論ではなく、複数の理論的流れの中で発展してきているものであるという。その中で特に認知言語学的方法として知られているのはGoldbergの認知構文文法(Cognitive Construction Grammar)とLangackerが提唱した認知文法(Cognitive Grammar)である。Goldberg(2006:225)で指摘したように、認知構文文法と認知文法とは共通しているところが多い。王(2011:240)では、Goldberg(2006:220-221)で言及された認知構文文法と認知文法との共通点をまとめた。それに加え、本研究ではThomas Hoffmann & Graeme Trousdale(2013)、森、高橋(2013:209)などを参照し、構文文法の中核的な観点を以下のようにまとめておく: 

①構文は形式と意味が対となった記号であり、実際の言語使用から生まれたものである。 ②人間の認知において、構文はそれぞれ違う類別に分けられ、階層性のあるものになっている。そのため、構文には具体的なものもあり、スキーマ的なものもある。 ③構文は継承関係によってネットワークを形成し、特定の構文は継承関係によって特徴づけられる。 ④構文の研究においては形式と意味それぞれの継承性を詳しく論じなければならない。 ⑤ある構文において、非典型的な例に対する分析で得た結論は典型的な例に対しても応用できる。

第3章 目的語残存受身文の分類及び使用状況 ····················· 15

3.1 目的語残存受身文の定義 ····························· 15

3.2 目的語残存受身文の分類 ····················· 15

第4章 目的語残存受身文の成立条件 ····························· 21

4.1 内的関連型目的語残存受身文の成立条件 ···················· 21

4.2 関係付加型目的語残存受身文の成立条件 ····················· 25

第5章 受身構文ネットワークにおける目的語残存受身文の位置づけ ················ 38

5.1 直接受身文と目论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非